韓国旅行に行くなら知っておきたい!韓国の国民性や礼儀は?
2017.11.16

韓国人の国民性を簡単に言うと?

韓国人は日本と同じ東アジアであり、音楽や映画などで日頃から文化交流も持っています。ただし、国民性に関しては全く異なるポイントが多いので、初めて韓国を訪れる人は面食らうかもしれません。まず、韓国人は喜怒哀楽の表現が豊かな国民です。うれしいときと悲しいときのギャップが激しいので、大人しい日本人にはびっくりする場合もあるでしょう。また、韓国人は自分の意見をはっきりと言います。相手の良いところはもちろん、欠点さえもストレートに指摘してくるので、自分の意見を隠しがちな日本人には戸惑う部分があるでしょう。しかし、逆を言えば裏表がなく、他人と積極的にコミュニケーションを図ってくれる、人なつっこい人々とも解釈できるのです。

韓国人相手に押さえておきたいマナーは

韓国人は上下関係を重視し、下の人間が上に尽くすのが当たり前とされています。そのため、日本人よりも礼儀作法に厳しく、目上の人を敬う習慣が日常化しています。日本ではなんとなく見過ごしてもらえるマナー違反も、韓国では悪い印象を残しかねないので注意しましょう。たとえば、目上の人や年上の人と目を見て話すのは「挑発的」ととらえられる行為です。「目を見て話しなさい」と教えられてきた日本人には対応が難しいかもしれませんが、少し目線をそらしながら話すのがおすすめです。食事のマナーとしては、お椀や皿を持ち上げて食べるのは下品とされるので気をつけましょう。また、お酒はグラスが空にならないと注ぎ足してはいけないルールがあります。

風土や歴史が育む韓国人のキャラクター

韓国人が礼儀正しく、自分にも他人にも厳しい人種なのは、中国から入ってきた儒教教育の影響を強く受けているからです。儒教教育では上司、両親、先生といった目上の人を敬うように説かれています。日本人のように、目上の人であっても友達のように接していると、非常に厳しく注意されます。韓国に旅行した際には、日本人同士でもやりとりに気をつけないと、側で見ていた韓国人から「マナーが悪い人たちだな」と思われる可能性があります。韓国では太平洋戦争時代の名残で、日本への反感が強いという報道もあります。確かに一部の人々は根強く反日意識を持っていますが、一方で日本のタレントやコミックなども韓国で人気を集めており、一般的な人々からは日本の印象はさほど悪くないとも言えるでしょう。

韓国旅行でありがちな失敗!日本人が注意したいこと

韓国旅行にやって来た日本人が犯しがちな失敗のひとつが値引き交渉でしょう。海外でお土産を買う際には、値引きも含めて楽しんでいる日本人がたくさんいます。しかし、韓国の市場ではルールとして「しつこい値引き交渉には応じない」と決められているケースがあるのです。そんな場所で値引き交渉を始めると現地の人に怒られてしまうので、注意しましょう。トイレやタクシーなど、何気なく利用している機関でも覚えておくべきポイントがあります。まず、韓国のトイレは絶対にトイレットペーパーが流せるとは限りません。ゴミ箱が用意されている場合は、ゴミ箱に捨てましょう。タクシーは自分でドアを開け閉めしなくてはいけない種類が大半なので、運転手に開けてもらうのを待たないほうが賢明です。

予習を怠らずに楽しい韓国旅行を

海外旅行の醍醐味は、その国が積み重ねてきた文化や風習を受け入れて楽しむことにあります。「郷に入らば郷にしたがえ」ということわざがあるように、滞在期間は外国の色に染まってみるのも悪くないでしょう。韓国は距離が近いだけに日本と似ているポイントも多い国ですが、同時に日本とは全く違う特徴もたくさんあります。あえて韓国のマナーにそって旅行を満喫すると、韓国をより深く知る機会になるでしょう。

関連記事

初めての韓国旅行!必要な持ち物は?注意点はある? 韓国は日本からの渡航距離が近く治安もいいので、行きやすい海外旅行先です。交通網も整備さ
持ち物は?注意点は?初めての釜山で知っておきたいこと 韓国の玄関口のひとつである釜山(プサン)は、日本から気軽に行けるエキサイティングな湾岸
持ち物は?注意点は?初めてのソウルで知っておきたいこと 伝統と最先端が共存するエネルギッシュな都市・ソウルは、観光、グルメ、癒しとあらゆること
旅行で絶対使える、英語・中国語・韓国語の簡単フレーズ 海外旅行中のワンシーン、こんなときに英語でなんて言うの? 挨拶やお礼は誰もが知っている英