初めての韓国旅行!必要な持ち物は?注意点はある?
2018.06.19

韓国

韓国は日本からの渡航距離が近く治安もいいので、行きやすい海外旅行先です。交通網も整備されているので、観光スポットの移動が便利で観光しやすい国です。今回は韓国の概要からおすすめ観光スポット、通貨や両替情報、注意点などの情報をお伝えします。

韓国ってどんなところ?

韓国はアジア大陸北東部、朝鮮半島にあります。三方が海に囲まれた国で、首都はソウルです。人口は約5,175万人で、ソウル周辺に人口が集中しています。

韓国のグルメ

韓国料理はご飯を中心に、汁物や副菜で構成されます。肉や野菜を蒸したり煮たりする料理が多く、健康食としても有名です。キムチやカンジャン、テンジャン、コチュジャンなどの発酵食品が多い点も特徴の1つです。

代表的な韓国グルメは、プルコギやビビンバ、韓定食です。プルコギは薄くスライスした牛肉を味付けして焼いた料理です。ビビンバはご飯に野菜や牛肉を乗せて、コチュジャンを混ぜて食べる伝統料理です。韓定食は肉や野菜の副食とスープ、蒸し物、鍋物などたくさんの料理をテーブルに並べます。

韓国の観光スポット

韓国で定番の観光スポットは次の通りです。

パンポテギョ(盤浦大橋)月光虹噴水

ソウル市ソチョ区にあるパンポテギョはハンガン(漢江)に架かっている2層式の橋梁です。1層は漢江が増水した際に浸水するように設計されており、「チャムスギョ(浸水橋)」と呼ばれています。月光虹噴水はパンポテギョに設置された380個のノズルから、音楽に合わせてリズミカルに水が噴射されます。夜には約200個の照明によって虹色に輝く演出も加わります。

セウン(世運)電子商店街

セウン電子商店街は、1968年に完成した韓国初の総合電子商店街です。ソウル市中心のチョンノにあり、都心の電子産業エリアのメッカとなっています。電子部品やコンピュータ、半導体、音響機器、監視カメラ、ゲーム機、カラオケ機器、照明機器などさまざまな電子製品が販売されています。

ロッテワールド民族博物館

チャムシルロッテワールド内にある民族博物館です。観光スポットとして有名なロッテワールドを訪れた際には、ぜひ合わせて行ってみましょう。時代別に遺物が展示された歴史展示館や、朝鮮王朝時代の宮中の儀礼場面を縮小再現した模型ゾーン、伝統工芸品の作成プロセスが分かるエリアがあります。

韓国の貨幣

韓国の貨幣は、ウォンです。紙幣は、1,000ウォン、5,000ウォン、10,000ウォン、50,000ウォンの4種類、硬貨は10ウォン、50ウォン、100ウォン、500ウォンの4種類です。

韓国国内では現金以外にも、トラベラーズチェック、クレジットカードを利用できますが、一部の伝統市場や屋台では現金しか使えない場合がほとんどです。クレジットカードだけでなく、ある程度は現金も持ち合わせていたほうが良いでしょう。

韓国の交通事情

韓国は交通網が発達しています。特に地下鉄は利便性と清潔性が高い交通機関です。運行時間は5時30分から深夜までで、駅の標識はハングル、英語、漢字で表記されています。乗車には1回用交通カードか、交通カード「T-money」を利用します。1回用カードは駅で購入でき、乗車料金と保証金500ウォンが必要です。T-moneyはコンビニで購入できます。各路線間の乗り換えは無料で、バスへの乗り換えも無料です。

ソウルのタクシーは安価な交通手段です。すべてメーター制で、支払い方法は現金、クレジットカード、T-moneyなどです。料金はタクシーの種類、移動距離、時間帯によって異なります。観光客向けのインターナショナルタクシーは、日本語、英語、中国語のいずれかの会話が可能です。車体側面に「日本語」と書いてあれば、日本語での会話ができます。

ソウルはバスも発達しており、料金も安価です。幹線バスが青、支線バスが緑、循環バスが黄色、広域バスが赤と、色によってバスの性質がわかります。支払は現金かT-moneyです。

韓国旅行の注意点

韓国の治安は安定しており、特に危険情報などはありません。ただし、治安は良くても全体に安全という訳ではありません。最低限の対策は必要です。海外では自分の身は自分で守るのが大前提です。

スリ・置き引き・引ったくり対策のために、荷物は手から離さず、盗まれやすいポケットなどに貴重品を入れない。偽警官に騙されない。警官はよっぽどのことがないと路上で持ち物検査はしないので、無暗に渡さない。高価なものを購入する際は、信用のおけるお店で購入する。旅行中はできるだけ一人で行動しない。など、海外旅行の際には十分に注意しましょう。

韓国の一般的なマナーは下記の通りです。

・個人の家や寺院、ゲストハウスに入る際には靴を脱ぐ
・礼節を大事にするので、目礼などの簡単な挨拶をしっかりする
・物の受け渡しは両手を添える
・食事の際は、最年長者が料理に手を付けるまで待つ
・手を使うのが前提の料理以外では食べ物を手で触ってはいけない

多くの韓国人は外国人観光客の行動が失礼に当たっても故意ではないと理解していますが、マナーを守る方がより良い関係を築けます。

さいごに

韓国の基本情報や観光スポット、グルメや交通情報を説明しました。韓国は、渡航時間も短いので身近な海外旅行として行きやすい国です。健康志向のグルメや歴史のあるスポットなど、見どころもたくさんあります。

今回ご紹介した韓国の基本的な情報を活用して、素晴らしい旅行を楽しみましょう。

航空券予約

関連記事

韓国旅行に行くなら知っておきたい!韓国の国民性や礼儀は? 韓国人の国民性を簡単に言うと? 韓国人は日本と同じ東アジアであり、音楽や映画などで日頃か
持ち物は?注意点は?初めての釜山で知っておきたいこと 韓国の玄関口のひとつである釜山(プサン)は、日本から気軽に行けるエキサイティングな湾岸
持ち物は?注意点は?初めてのソウルで知っておきたいこと 伝統と最先端が共存するエネルギッシュな都市・ソウルは、観光、グルメ、癒しとあらゆること
機内モードにする必要はある?国際線でのスマートフォンの取り扱い 国内の日常生活では手放せないスマートフォンも、機内は使う時には注意が必要になります。規