行ってみたい北欧の国スウェーデン!その気になる国民性や風土、歴史とは
2017.11.16

北国だけに冬は厳しい?でも、夏はどうなの?

“スウェーデンはヨーロッパの北部、スカンジナビア半島に位置する国です。高緯度地帯に属しているため、平均気温が真夏でも20度ほどしかない大変涼しい気候をしています。一方で、冬がとても寒いイメージがありますが、意外なことに真冬の月平均最低気温はマイナス5度程度です(※1)。札幌の真冬の最低気温はマイナス7度ほどであり、札幌よりも少し暖かいので寒さが特別に厳しいというわけではありません(※2)。スウェーデンの冬が比較的暖かい理由は、暖流の影響があるからです。しかし、比較的暖かいといっても冬はそれなりに寒くなるため、コートやブーツ、マフラーなどで防寒に努める必要があります。高緯度にあるスウェーデンでは自然のショーを楽しむことができ、冬にオーロラ、夏には白夜を見ることができます。
※1[北欧トラベル]スウェーデンの気候・服装
https://www.tumlare.co.jp/guide/sweden/climate/
※2[旅行のとも、ZenTech]札幌気温
http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/kion/Japan/Japan_Sapporo.htm”

スウェーデンには王様がいる!その歴史とは

“スウェーデンの歴史には諸説あるものの、もともとはヴァイキングとしてもよく知られているノルマン人が建国したと考えられています。10世紀ごろにはヨーロッパ大陸から伝わったキリスト教を受け入れて、ヨーロッパの一部としての地位を確立しました。16世紀にヨーロッパ諸国からの独立を果たし、スウェーデンという国を樹立します。その後17世紀にはグスタフ=アドルフ王のもと、バルト海全域を支配するほどの強国となります。しかし栄華は長く続かず、ロシアやナポレオン率いるフランスとの戦争に負けて、次々と領土が奪われてしまいました。そういった歴史の経緯から戦争とは距離を置くようになり、ナポレオン戦争後は戦争に対して中立の立場を貫いています。現在のスウェーデンは、EUに加盟はしているもののユーロは導入しておらず、NATOにも参加はしていません。「王様がいる社会民主主義の国」という、世界的にもユニークな立ち位置にいます(※3)。
※3[世界史の窓]スウェーデン
http://www.y-history.net/appendix/wh0601-127_1.html#wh1701-076”

シャイな国民性は日本人と合う!?

“ヨーロッパといえば、お互いがお互いをさらけ出すオープンなイメージがあるかもしれませんが、スウェーデンは基本的にそのような国民性ではありません。どちらかといえばシャイな人が多く、他者との適切な距離を保とうとします。このあたりは日本人との親和性が高いように思えますが、必要以上にウェットな関係になることを嫌う傾向にあることにも注目すべきでしょう。スウェーデンの人たちは集団ではなく個人での行動を好むため、比較的集団行動が好きな日本人とはこの点で異なります。嫌がっているのにあまりしつこく誘うと、嫌われてしまう可能性があるので注意しましょう。スウェーデンの人たちも日本人同様に本音と建前を使い分けると言われているため、表面上はニコニコしていても本当は違うということもあるかもしれません。スウェーデン旅行に行った際は、現地の人たちの国民性を尊重し、一定の距離を保ちながら接することが大切です(※4)。
※4[ログポース]これで丸わかり!ルームメイトから学ぶスウェーデン人の国民性、恋愛観、文化
http://www.pippo0000.net/entry/2016/07/04/070609”

多くの人が英語をしゃべれる!旅行に最適な国スウェーデン

“海外旅行では言葉の壁がネックになることがよくあります。日本人にとってあまり馴染みのないスウェーデンの言葉は、覚えるのに一苦労することでしょう。しかし、スウェーデンでは英語教育が充実しており、英語圏以外の国でどのくらい英語ができるかのランキングの上位にスウェーデンはいつも上がっています(※5)。もちろん、すべての人が英語を流暢に話せるわけではなく、移民の家系では英語が苦手ということもあります。それらのことを差し引いても、ランキングで高い順位を獲得している事実は揺らぎません。スウェーデン旅行に行く際は特別にスウェーデン語を勉強していかなくても、英語だけでも充実した旅を楽しめることでしょう。
※5[The Swedish Wire]The World’s Top 60 Countries in English According to the EF English Proficiency Index
http://www.swedishwire.com/politics/18756-the-worlds-top-60-countries-in-english-according-to-the-ef-english-proficiency-index”

スウェーデン旅行ではすてきな経験ができるかも!

スウェーデンは社会民主主義政策を取っているからか、国民は互いに助け合うことが当たり前だと考える傾向にあります。旅行中道に迷ってしまっても、向こうから英語で話しかけてきてくれる確率が高いことでしょう。スウェーデンは自然も人の心も美しい国なので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

1,300品種の花と植物の楽園!横浜イングリッシュガーデンをご紹介 横浜イングリッシュガーデンは、1,300品種、1,800本以上の四季折々の花や植物が見
大自然を満喫!フィンランドのパワースポットを巡る旅に出かけよう 「森と湖の国」と称されるフィンランドは、国土の約70%が森林、約10%が河川や湖沼で占
自然を満喫!アカオハーブ&ローズガーデンの楽しみ方・見どころ アカオハーブ&ローズガーデンは、名勝の絶景をバックに咲き誇る花々の競演を堪能できる観光
旅行で絶対使える、英語・中国語・韓国語の簡単フレーズ 海外旅行中のワンシーン、こんなときに英語でなんて言うの? 挨拶やお礼は誰もが知っている英