夏のアウトドアを満喫!全国のおすすめのキャンプ場15選
2017.06.29

キャンプ場の画像

梅雨が明けるとすっかり夏模様に入る7月。ご家族や友人たちと、初夏の自然に包まれたキャンプ場へキャンプに行きませんか。今回は全国のおすすめのキャンプ場をご紹介します。設備が整った高規格のキャンプ場、車でテントサイトまで行けるオートキャンプ場など、施設によってそれぞれ特色があります。各地域ごとに厳選した15ヵ所のキャンプ場の特徴や基本情報を掲載しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

関東甲信越のおすすめキャンプ場

PICA富士吉田(山梨県)

PICA富士吉田(山梨県)

引用:PICA富士吉田

山梨県富士吉田市にあるPICA富士吉田は、キャンプのための施設が充実した高規格のキャンプ場です。
場内には、4名から8名が宿泊できる薪ストーブ付やドックラン付のコテージ、円形のパオ、定員20名の大型コテージなどの各種宿泊施設が充実。テントサイトには電源付きの区域も準備されています。
子供向けには、自然の中で遊べる「PICA PLAY PARK」や、自由に使えるツリーハウスなどもあります。遊びの中で富士山麓の生き物にも触れることができるかもしれません。

住所 山梨県富士吉田市上吉田4959-4
電話番号 0555-24-4343
利用可能時間
チェックイン14:00~19:00(テントサイトは13:00~19:00)
チェックアウト7:00~11:00(オートキャンプサイトは12:00まで)
利用料金
宿泊施設、利用シーズンによって異なるため公式サイトを確認ください
アクセス
中央自動車道「河口湖IC」下車、約8分
富士急行線富士山駅・河口湖駅・富士急ハイランド駅から送迎サービスあり(約10分)
※2017年5月時点調査
https://www.pica-resort.jp/yoshida/

磐田市竜洋海洋公園オートキャンプ場(静岡県)

磐田市竜洋海洋公園オートキャンプ場(静岡県)

引用:竜洋海洋公園オートキャンプ場

磐田市竜洋海洋公園オートキャンプ場は、静岡県の天竜川の河口、遠州灘に面したリゾート地にあるキャンプ場です。
場内には、コテージやトレーラーハウスなどの宿泊施設、電源付きのテントサイトとキャンピングカーサイト、好きな場所にテントを張れるフリーサイトがあります。
炊事ができる炊事棟や水洗トイレも完備。管理棟ではテントやコンロ、ランタン、テーブルイスセット、シュラフから炊飯器までレンタル出来るので、ほぼ手ぶらで行っても問題ありません。売店では食料品や日用品なども取り扱っていますが、生ものの食材や要冷蔵のものは売っていませんのでご注意ください。

住所 静岡県磐田市駒場6866-10
電話番号 0538-59-3180
利用可能時間
チェックイン13:00~17:00(コテージ、トレーラーハウスは14:00~17:00)
チェックアウト8:00~11:00
利用料金
<宿泊時>
持ち込みテント・フリーサイト:3,080円
AC電源付区画サイト:5,140円
AC電源付キャンピングカーサイト:6,480円
トレーラーハウス:12,960円
コテージ:15,120円(小学生以上5名まで、6名以上1人増すことに1,080円)
※入場料別途(何連泊でも1回のみ)
大人:360円
小中学生:250円
アクセス
東名高速 浜松ICから約20分
東名高速 磐田ICから約25分
新東名高速 浜松北ICから約35分
※2017年5月時点調査
http://www.ryu-yo.co.jp/AUTO/

北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

引用:関東・群馬県 浅間高原3万坪のオートキャンプ場 スウィートグラス

群馬県の北軽井沢スウィートグラスは、浅間山北麓の自然をたくさんの人に知ってもらいたいというオーナー夫妻の思いから生まれたキャンプ場です。
4月から11月をGreen Style、12月から3月をWhite Styleとして通年営業しています。
場内は、10名が宿泊できるコテージやツリーハウス型のキャビン、トランポリンやハンモックが楽しめるテントサイトやお一人様用テントサイトなどがあります。冬場のコテージやキャビンは薪ストーブが完備されます。冬場もテントでキャンプができますので、アウトドア本格派の方も楽しめます。

住所 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
電話番号 0279-84-2512
利用可能時間
チェックイン
コテージ・キャビン14:00~20:00
テントサイト 13:00~18:00
チェックアウト
コテージ・キャビン8:00~11:00
テントサイト 8:00~12:00
再入場 7:00~22:00
利用料金
利用内容、利用シーズンによって異なるため、公式サイトをご確認ください
アクセス
上信越自動車道 碓氷軽井沢ICから約50分
上信越自動車道 佐久ICから約50分
上信越自動車道 上田菅平ICから約60分
関越自動車道 渋川伊香保ICから約95分
関越自動車道 高崎ICから約95分
※2017年5月時点調査
http://sweetgrass.jp/

関西のおすすめキャンプ場

神鍋高原キャンプ場(兵庫県)

CORONA SUNSETS FESTIVAL 2017

引用:神鍋高原キャンプ場 | 関西・兵庫のスキー場 アップかんなべ

兵庫県豊岡市の神鍋高原は関西から近場のスキー場として知られていますが、春から秋にかけてはキャンプ場として利用できます。
敷地面積33,000㎡の松林に囲まれた自然の中で、ゆっくりと楽しめるキャンプ場で、周辺にはグラススキーやマウンテンボードなどのサマーアクティビティ、徒歩5分の場所には「道の駅 神鍋高原」と神鍋温泉「ゆとろぎ」なども楽しめます。なお、神鍋高原キャンプ場はコテージなどテント以外の宿泊施設はありません。

住所 兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-78
電話番号 0796-45-1520
利用可能時間
チェックイン 13:00~
チェックアウト ~13:00
利用料金
500円~3,500円(シーズン、テントの大きさによって異なる)
環境設備費 1人(小学生以上)500円
アクセス
北近畿豊岡自動車道 日高神鍋高原ICから約15分
コウノトリ但馬空港 バス・タクシーで約30~40分
※2017年5月時点調査
http://www.kannabe.co.jp/camp

マキノ高原キャンプ場(滋賀県)

マキノ高原キャンプ場(滋賀県)

引用:『マキノ高原』|キャンプ|スキー|グラウンド・ゴルフ|マキノ高原温泉さらさ|レストラン|滋賀県|高島市|マキノ町

滋賀県のマキノ高原キャンプ場も、冬場はスキー場として利用されているキャンプ場で、利用は基本的に3月下旬~11月上旬に限られますが、経験者であれば冬季雪中キャンプも可能です。
高原内は、林間サイト・高原サイト・広場サイト・展望サイト・川サイト・森の隠れ家サイトの6つのキャンプサイトがあり、それぞれ炊事棟や流し台などが設置されています。また、テニスコートやグラウンドゴルフ場、「マキノ高原温泉さらさ」も併設されているので、キャンプ以外のアクティビティも楽しめます。
貸テントや貸タープ、テーブルイス、BBQセットなどのレンタルも充実しているので、安心です。

住所 滋賀県高島市マキノ町牧野931
電話番号 0740-27-0936
利用可能時間
チェックイン 13:00~17:00
チェックアウト 12:00
利用料金
持ち込みテント 4,500円~5,500円
常設テント 6,000円
※テント1張り・タープ1張り・車1台分の価格
車2台の場合は+同料金
テント2張りの場合は+2,000円
アクセス
名神高速 京都東ICから湖西道路経由で約80分
北陸自動車道 木之本ICから約30分
北陸自動車道 敦賀ICから約40分
※2017年5月時点調査
http://www.makinokougen.co.jp/publics/index/6/

アーバンオートビレッジ舞洲オートキャンプ場(大阪府)

アーバンオートビレッジ舞洲オートキャンプ場(大阪府)

引用:舞洲スポーツアイランド

アーバンオートビレッジ舞洲オートキャンプ場は大阪のベイエリアの中にあるキャンプ場です。大阪の中心市街地から車で約20分、ユニバーサルスタジオジャパンからも車で約8分という好立地にあります。デイキャンプやバーベキューができるサイトと、テントで宿泊できるサイト(24区画)があります。テントやタープ、テーブルイス、シェラフやコンロなど、レンタルも充実していますし、バーベキューの食材も購入できます。施設内には24時間使える温水シャワーもあります。併設している、キックバイク「ストライダー」の専用練習場「ストライダーエンジョイPARK」も楽しめます。

住所 大阪市此花区北港緑地2-1-107
電話番号 06-6460-1640
利用可能時間
13:00~翌日11:00
利用料金
入場料 大人(中学生以上)800円 子供(3歳以上)400円
駐車場代 普通車 1,000円/日・台
電源使用料 600円/1泊
※宿泊料金は、利用内容/利用シーズンによって異なるため、公式サイトをご確認ください
アクセス
阪神高速湾岸線 舞洲ICから約5分
JR環状線西九条駅から市営バスで約35分
JRゆめ咲線桜島駅からバスで約15分
市営地下鉄中央線コスモスクエア駅からバスで約20分
※2017年5月時点調査
http://maishima.jp/syukuhaku/auto/

北海道・東北のおすすめキャンプ場

ニニウキャンプ場(北海道)

ニニウキャンプ場(北海道)

引用:ニニウキャンプ場 | NINIU CAMPSITE

北海道占冠村の大自然に囲まれたニニウキャンプ場。場内は、6名まで宿泊できて木の香りも楽しめる6棟のバンガロー、車を横付けできるオートサイト、広々としたフリーサイトがあります。レンタルも充実していて、7人用のテント、寝袋とマット、キャンプストーブ、テーブルチェア、マウンテンバイク・ファットバイクなどを借りることができます。珍しいのが、テントサイルという「空中テント」。木にロープで固定して空中に浮いたまま使えるツリーハウス的テントで、限定1セットですがレンタル可能です。

住所 北海道勇払郡占冠村字ニニウ
電話番号 0167-56-2352
利用可能時間
チェックイン 13:00~
チェックアウト ~10:00
利用料金
入場料(小学生以上)1泊1名 300円(日帰り1名200円)
バンガロー 1棟 3,000円(入場料込み)
オートサイト 1区画 1,600円(入場料別)
持ち込みテント・タープ1張り 500円
アクセス
道東自動車道占冠ICから約30分
※2017年5月時点調査
http://niniu-camp.sakura.ne.jp/

田沢湖キャンプ場(秋田)

田沢湖キャンプ場(秋田)

引用:田沢湖キャンプ場-ご案内

秋田県田沢湖畔にある田沢湖キャンプ場は、雑木林に囲まれた野趣あふれる環境にあります。田沢湖周辺は東北でも有数のアウトドアスポットで、カヌーやヨット、ウインドサーフィン、駒ケ岳のトレッキングなどをすることもできます。場内はバンガローが10棟、ベルテント2張、オートキャンプサイト10サイトがあり、フリーサイトはテントが約100張も張れる広さがあります。テントから木炭までレンタル品も充実していて、手ぶらセット(4,000円)を借りれば食材以外の必要なものは全部揃います。

<

div style=”font-size:90%”>
住所 秋田県仙北市田沢湖田沢字春山152
電話番号 0187-43-2990
利用可能時間
営業期間 4月25日~11月3日
チェックイン 13:00~
チェックアウト ~11:00
利用料金
施設利用料 小学生以上1名 300円
バンガロー使用料 2,570円~3,590円
ベルテント使用料(6~8名用)5,140円
サイト料 タープ 300円
     スクリーンテント 510円
     1人用テント 300円
     小型テント(2~4名)870円
     大型テント(5名以上)1,130円
     オートキャンプサイト2,050円
アクセス
東北自動車道 盛岡ICから約60分
秋田市内から約90分
田沢湖駅からバスで約15分、田沢湖畔バス停から徒歩約5分
※2017年5月時点調査
http://www.tazawako.net/tazawako/annai.html

羽島湖畔オートキャンプ場(福島)

羽島湖畔オートキャンプ場(福島)

引用:羽鳥湖畔オートキャンプ場:トップページ:福島県天栄村

都心から車を約2時間半走らせれば行ける福島県羽島湖畔オートキャンプ場。大自然に包まれたキャンプ場では、鳥のさえずりを聞きながら釣りやサイクリングなどを楽しむことができます。テントサイトは45区画(電源有5区画、電源無40区画)、お風呂も設置されたコテージが3棟、バンガローが10棟あります。サニタリー棟にはシャワーやコインランドリーなども完備しているので安心です。

住所 福島県岩瀬郡天栄村羽鳥字芝草2-4
電話番号 0248-85-2033
利用可能時間
チェックイン
コテージ・バンガロー 14:00~
テントサイト 12:00~
チェックアウト
コテージ・バンガロー ~11:00
テントサイト  ~11:00
利用料金
コテージ(4人用) 20,000円(5人目から1名3,000円追加)
バンガロー(5人用)4,000円
     (10人用)5,000円
テントサイト 電源付 5,100円
       電源なし3,060円
アクセス
東北自動車道 須賀川ICから約45分
東北自動車道 白河ICから約45分
※2017年5月時点調査
http://hatoriko-camp.com/index.html

中国・四国のおすすめキャンプ場

もみのき森林公園オートキャンプ場(広島県)

もみのき森林公園オートキャンプ場(広島県)

引用:もみのき森林公園 -BBQ・キャンプ-

広島県廿日市市にある、もみのき森林公園オートキャンプ場は、広大な敷地の中にサイクリングロード、アスレチック、テニスコート、体育館などたくさんの施設が併設されています。
オートキャンプサイトは電源付が20区画、常設テントが8区画、フリーサイトが32区画あり、GWやお盆の時期は更に28区画が解放されます。
キャンプサイトは100基のテントサイトがある巨大なエリアで、フリーサイトが50基、常設テントが50基あります。
レンタルも充実していて、食材もバーベキューセットを購入可能。ダッチオーブンのレンタルと鳥1羽が付くダッチ料理セットを購入すれば、いつもと違ったキャンプ料理も楽しめます。

住所 広島県廿日市市吉和1593-75
電話番号 0829-77-2011
利用可能時間
利用期間
4月上旬~11月13日(オートキャンプサイト)
5月1日~9月30日(キャンプサイト)
チェックイン 14:00
チェックアウト 13:00
利用料金
オートキャンプサイト (電源無)4,830円
           (電源有)5,340円
           (常設テント)7,200円
キャンプサイト(常設テント)4,630円
       (フリーサイト)1,030円
※GW、夏休みは料金が変更になります。
アクセス
中国自動車道 吉和ICから約10分
15名以上で広島市近郊の場合は無料送迎バスあり
※2017年5月時点調査
http://www.mominoki.or.jp/outdoor.html

邑南町青少年旅行村キャンプ場(島根県)

邑南町青少年旅行村キャンプ場(島根県)

引用:オートキャンプ | 邑南町青少年旅行村

島根県の邑南町青少年旅行村キャンプ場は全サイトがオートキャンプサイトで、ノーリードで利用できるドッグフリーサイトのキャンプ場です。場内には50mプール、子供用プール、ウォータースライダーやグラウンドなどが併設。総サイト数は32区画で、全て100㎡以上あります。炊事棟ではお湯が利用でき、温水シャワーも完備、トイレは温水洗浄便座設置、有人の24時間管理、テントや調理器具のレンタルなど、キャンプビギナーや女性も安心です。

住所 島根県邑智郡邑南町山田443-2
電話番号 0855-83-0221
利用可能時間
営業期間 7月1日~8月31日(毎日)、9月(土日祝日)
チェックイン 14:00~
チェックアウト ~12:00
利用料金
入村料 大人750円、小中学生320円、幼児無料
オートキャンプサイト使用料 1区画2,160円 車両追加540円 電源利用540円
ドッグフリーサイト使用料 1区画3,240円 車両追加540円 電源利用540円
アクセス
浜田自動車道 大朝ICから約20分
※2017年5月時点調査
http://www.mizuhoresort.co.jp/ohnan-ryokoumura/camp

相生森林文化公園あいあいらんど(徳島県)

相生森林文化公園あいあいらんど(徳島県)

引用:相生森林文化公園あいあいらんど

徳島県の相生森林文化公園あいあいらんどには、ログハウス型のコテージが13棟、フリーサイトが6区画あります。その他にも屋根付きバーベキュー炉を完備したバーベキュースペース、那賀町産の木材で簡単な工作を楽しめる森林工房、カフェスペースなどが併設。施設は平成29年4月にリニューアルしたばかり。キレイな施設でキャンプを楽しめます。

住所 徳島県那賀郡那賀町横石字大板53-19
電話番号 0884-62-3116
利用可能時間
キャンプサイト
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
コテージ
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
利用料金
キャンプサイト 1区画3,000円
コテージ 4人用 10,000円+500円/1人
     6人用 15,000円+500円/1人
     8人用 20,000円+500円+1人
アクセス
徳島市から車で約80分
徳島駅より紅葉川温泉前バス停まで約120分、下車後徒歩約15分
※2017年5月時点調査
https://aiai-land.com/

九州・沖縄のおすすめキャンプ場

スノーピーク奥日田(大分県)

スノーピーク奥日田(大分県)

引用:キャンプフィールド | スノーピーク * snow peak

スノーピーク奥日田は標高950メートルにあり、高原のキレイな空気と星空が魅力のキャンプ場です。テントサイトは広めに区画されていて、水道や電源が使えるサイトも設置しています。
テントサイトは全部で53区画、コテージなどの宿泊可能の建物は18棟あります。テントやシェルター、調理器具などのレンタルも充実していて、初心者からベテランまで楽しめるキャンプフィールドです。

住所 大分県日田市前津江町大野64-1
電話番号 0973-53-2358
利用可能時間
チェックイン
コテージ・ケビン・ロッジ14:00
テントサイト 13:00
チェックアウト
コテージ・ケビン・ロッジ10:00
テントサイト11:00
利用料金
コテージ(6人まで) 18,140円~
ケビン6(6人まで) 17,060円~
ケビン5(5人まで) 13,500円~
ロッジ(6人まで) 10,800円~
フリーサイト(6人まで/車1台/テント・タープ1張)1,620円~
フリーテントサイト電源付(同上)2,160円~
オートサイト電源付(同上)3,780円~
親切オートサイト(同上)3,780円~
※追加料金1名1,080円、テント1張/車1台1,080円

※2017年5月時点調査
https://store.snowpeak.co.jp/camp/

岩屋公園キャンプ場(鹿児島県)

FUJI ROCK FESTIVAL ‘17

引用:岩屋公園キャンプ場

鹿児島県南九州市の岩屋公園キャンプ場は、自然の川を利用した流水プールやウォータースライダー、カヌーやレンタサイクルなどのレジャーが充実したキャンプ場です。
別荘気分の2階建てロッジや、テントは苦手だけどアウトドアを満喫したいといった方むけのケビン、シャワーや炊事棟も完備しています。もちろん持ち込みテントの利用もできます。
バーベキュー専用スペースもあるので、食材さえ持ち込めばOK。売店では「清水の湧水」を利用したそうめん流しも楽しめます。

住所 鹿児島県南九州市川辺町清水3882
電話番号 0993-56-5465
利用可能時間
チェックイン 14:00
チェックアウト 11:00
利用料金
ロッジ(6人用)15,000円~
ロッジ(10人用)20,000円~
フォレストケビン(6人まで)8,000円~
タイニーケビン(6人まで)4,110円~
ティピーテント(タープ付き・4人用)5,000円~
ティピーテント(4人用) 4,000円~
ティピーテント(10人用)7,000円~
持ち込みテント 2,160円~
アクセス
九州自動車道 指宿スカイライン川辺ICから約20分
鹿児島交通バス 川辺やすらぎの郷バス停下車 鹿児島市内より約60分
※2017年5月時点調査
http://www.iwayacamp.com/

沖縄県総合運動公園オートキャンプ場(沖縄県)

FUJI ROCK FESTIVAL ‘17

引用:オートキャンプ場 | 沖縄県総合運動公園

沖縄県総合運動公園オートキャンプ場は沖縄県総合運動公園の一画にあるキャンプ場。3,600㎡の敷地に50区画のサイトがあり、1区画10名まで利用可能です。レンタル品は豊富で、テントやハンモック、寝袋、七輪セットやダッチオーブン、石窯もレンタルできます。バーベキュー用のお肉セットや島豚ソーセージ、ピザなどの販売もしているので、手ぶらでキャンプ場に行っても楽しむことができます。
公園自体も相当広く、70.4haの敷地の中にプール、テニスコート、レクリエーションドーム、サイクルセンター、陸上競技場やサッカー場まで設置されています。

住所 沖縄県沖縄市比屋根5-3-1
電話番号 098-932-5114
利用可能時間
利用期間 1月5日~12月27日 火曜日定休(祝祭日の場合や翌日)
チェックイン 9:00
チェックアウト 21:00
利用料金 1区画1泊 2,710円
アクセス 沖縄自動車道北中城ICから約10分
※2017年5月時点調査
http://okinawa-kenso.com/?page_id=101

さいごに

全国のキャンプ場15選、いかがでしたでしょうか。大自然に包まれたキャンプ場から高規格のキャンプ場まで幅広くご紹介しました。
これから夏に向けて、多くのアウトドア活動が活発になる季節になります。今回の記事を参考に、ご家族やお友達とぜひキャンプを楽しんでください。

JALの航空券予約検索
ANAの航空券検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
航空券予約はこちら

関連記事

秋にキャンプはいかが?関東のおすすめコテージ15選 行楽シーズンの秋。友人や家族、恋人とキャンプなどはいかがでしょうか。今回は、自然の中で
家族旅行におすすめ!子どもと一緒に水辺で遊べるキャンプ場 水辺があるキャンプ場なら、大人も子どもも大いに楽しめるのではないでしょうか。泳いだり、水
遊園地やキャンプ場が併設!芝政ワールドの楽しみ方・見どころ 芝政ワールドはアトラクション施設やキャンプ場など、さまざまな施設がそろった一大レジャー
有名なアーティストが勢ぞろい!8月に行われる音楽フェスティバル18選 暑い夏本番の8月は、夏フェスや野外フェスなど音楽フェスティバルの最盛期でもあります。そ