家族で楽しむ海外!オーストラリアの動物園や水族館がおすすめ
2017.12.20

珍しい海洋生物を大迫力の水槽で観察できる!西オーストラリア水族館「AQWA」

パース市内から車で20分くらいの場所にある西オーストラリア水族館「AQWA」は、オーストラリア最大級の水族館です。ここでしか見ることのできない西オーストラリアの珍しい海洋生物が観察できます。目玉はエイやウミガメ、サメなどが優雅に泳ぐ姿を観察できる巨大な水槽トンネル。まるでダイビングしているかのような臨場感が味わえます。また、ひらひらとした海藻をまとったような珍しい魚、リーフィーシードラゴンも見逃せません。他にも、タツノオトシゴコレクションや、猛毒を持った海洋生物を集めたデンジャーゾーンなど、見どころが満載です。館内にはカフェもあり、食事や休憩ができます。また、周辺にはショッピングモールや港があり、食事や買い物、散策なども楽しめます。

ジュゴンが見られる水族館!シー・ライフ・シドニー水族館

シドニーの中心部ダーリング・ハーバー市街地にある人気の観光スポットが、シー・ライフ・シドニー水族館です。2012年にリニューアルし、エイやサメ、ジュゴンなどが泳ぐ水中トンネルが圧巻です。特にジュゴンは世界でも5頭しか飼育されていない海洋生物で、そのうち2頭をこちらの水族館で観察することができます。エリアごとに珍しい生物が観察でき、サウスコーストシップレックでは、オーストラリア本土で繁殖するリトルペンギンの姿が見られます。また、ジュラシックシーズは魚類の化石を観察でき、進化の過程を学ぶことができるエリアです。シドニーハーバーでは、子どもたちに人気の魚、カクレクマノミやナンヨウハギの愛らしい姿も。1日中いても足りないくらい、たくさんの見どころがある水族館です。

広大な動物園でコアラに会える!メルボルン動物園

メルボルン動物園は、市の中心部からトラムで10分程度の場所にある、広大な敷地面積を誇る動物園です。オーストラリアに生息する珍しい動物たちに出会えます。見どころは、やはりコアラとカンガルーでしょう。自然に近い飼育環境で、その愛らしい姿を見ることができます。また、アニメの影響で子どもたちの人気者となったカモノハシも飼育され、アニメとは違った奇妙な姿も必見です。海洋生物のブースでは、リトルペンギンやオーストラリアアシカなども観察できます。オーストラリアの生物以外にもアジアやアフリカの動物が飼育され、特にアジアゾウのブースが評判です。アジアゾウが生息する村を再現した施設で、自然に生きているかのような雰囲気を味わえます。

サファリーパーク形式の動物園!ウェリビー野外動物公園

メルボルンから車やシャトルバスでアクセスできるウェリビー野外動物公園は、サファリーパーク形式の動物園です。サバンナの自然を再現した敷地内で、ゴリラやライオン、キリンなどが放し飼いにされています。園内を歩いたり、サファリーツアーに参加したりして野生の姿を観察できます。特にゴリラの展示は世界最大級で、ファミリーで生活する様子が見どころです。アドベンチャー体験ツアーでは、動物園の飼育員になった気分で、動物たちにエサをあげたり触れ合ったりすることができます。「スランバーサファリ」では、園内に宿泊してテント形式の宿泊施設で夜の動物園を体験。宿泊は時期限定で、予約が必要です。いろんなイベントに参加して、動物たちと触れ合いましょう。

家族で楽しめるオーストラリアならではの体験!

オーストラリアにはこの地にのみ生息している個性的な生物が多く、水族館や動物園ではその珍しい姿を見ることができます。テレビや図鑑でしか見たことのない生物を見られるのは、子どもにとっても貴重な体験です。また、オーストラリアは日本とほぼ同じ緯度に位置するため、時差をあまり気にすることなく渡航できます。日本からも多くの直行便が運航され、アクセスのしやすさも人気の理由です。家族みんなが楽しめる旅行を望むなら、オーストラリアはいかがでしょうか。

関連記事

6月の予定はコレで決まり!おすすめの水族館16選 梅雨の季節に入る6月ですが、せっかくの休みの日には恋人や家族とお出かけしたい方もいるの
大人もワクワク!国内でおすすめの動物園20選 近ごろの動物園は趣向を凝らした展示やふれあいイベントなどが充実し、子どもだけではなく大
ユニークな施設が盛りだくさん!九州で人気の水族館12選 九州には、日本でも珍しいユニークな展示をしている水族館が多くあります。今回は、九州地方
愛くるしい海の生き物に癒やされよう!関東にある水族館11選 関東には東京や神奈川をはじめ、各地に水族館があり、海洋生物へのさまざまなアプローチを楽