異国情緒あふれる!グラバー園の楽しみ方・見どころ
2017.11.28

グラバー園

異国情緒あふれる洋館が美しいグラバー園は、長崎県を代表する観光スポットの1つです。今回は、グラバー園の楽しみ方や見どころについて紹介します。

グラバー園ってどんなところ?

グラバー園は、明治期に建てられた6軒の洋館を移築復元したスポットです。国の重要文化財に指定されている旧グラバー住宅、旧リンガー住宅、旧オルト住宅をはじめとした日本最古級の洋風建築を見ることができ、年間100万人以上が訪れる観光地となっています。

南山手の丘に位置する園内には四季折々の花が咲き誇り、7月中旬から10月初旬にかけては、旧グラバー住宅を中心に洋館のライトアップが行われ、昼とは趣の異なる幻想的な光景が楽しめます。また園内からは長崎港が一望でき、緑の稲佐山に囲まれた市街地も見渡すことができます。
 

グラバー園の営業時間・料金

営業時間

グラバー園は年中無休です。開園時間は通常8:00~18:00で、最終入園受付は閉園時間の20分前です。
季節により閉園時間は変更される場合があり、2018年末から2019年春までの予定は以下の通りです。来園する際は事前に確認しましょう。

12/26~2/4 8:00~20:30
2/5~19 8:00~21:00
2/20~3/31の金・土・祝前日 8:00~21:00
 

料金

グラバー園の入園料金は次の通りです。
大人:610円
高校生:300円
小・中学生:180円
長崎市内在住の60歳以上:無料(健康手帳の提示が必要)
 

グラバー園のアクセス

グラバー園には、日本で初めて公道と位置づけられたエレベータ「グラバースカイロード」を利用して行くことができます。路面電車の終点「石橋」から徒歩2分のところに乗り場があり、斜行エレベータ「グラバースカイロード」で約5分、その後、垂直エレベータに乗り継ぐと、グラバー園の最上部にあたる「旧三菱第2ドックハウス」横に出ることができます。運転時間は6:00~23:30で、利用は無料です。
 

JR

JR博多駅→約1時間55分→JR長崎駅→路面電車「正覚寺下(1系統)」乗換え→「築町」下車→「石橋(5系統)」乗換え→約15分→「大浦天主堂下」または「石橋」下車→徒歩約8分
※「石橋」下車の場合、グラバースカイロード利用可
 

飛行機

長崎空港→空港連絡バス「出島道路経由」乗車→約35分→「長崎新地バスターミナル」下車→徒歩約15分
 

自動車

福岡方面より福岡IC→(九州自動車道)→鳥栖JCT→(長崎自動車道)→長崎IC→(ながさき出島道路)→グラバー園(約2時間)

グラバー園には駐車場がありません。近隣駐車場を利用しましょう。

グラバー園の楽しみ方・見どころ

見事な建築物

グラバー園には、歴史的価値のある建築物が数多く保存されています。ここでは国の重要文化財に指定されている3つの住宅についてご紹介します。
 

旧グラバー住宅

バンガロー風様式が特徴的な旧グラバー住宅は、1863年(文久3年)に建築された、日本最古の木造洋風建築です。1859年(安政6年)に21歳の若さで来日したスコットランド出身の商人トーマス・ブレーク・グラバーの住居として建てられました。グラバーは、伊藤博文をはじめ、数多くの若い志士達の英国留学を支援するなど多大な援助を行い、また、造船や炭鉱、造幣、ビール産業など数多くの分野を開拓して日本の近代化に貢献しました。
 

旧リンガー住宅

旧リンガー住宅は、国内では珍しい石造りの洋風住宅です。建築は1868 年(明治元年)~ 1869 年(明治2年)といわれており、フレデリック・リンガーの住居として使用されました。リンガーはグラバー商会に勤めた後、ホーム・リンガー商会を設立。製茶や製粉、石油備蓄、発電などの事業に携わり、長崎の殖産興業に尽力しました。リンガーが手がけた「ナガサキ・ホテル」は当時、極東随一の豪華なホテルとして知られ、住宅内にはホテルで使用されたナイフやフォーク、スプーンのカトラリーセットが展示されています。
 

旧オルト住宅

旧オルト住宅は、イギリス人ウィリアム・ジョン・オルトの住宅として、1865年(慶応元年)に建築されました。1859年(安政6年)に来日したオルトは、長崎の三大女傑に数えられる大浦慶と提携し、緑茶の輸出業を手がけた実業家です。石造円柱が並び、中央に妻切屋根のポーチを配したベランダは特徴的で、幕末明治期の洋風建築の中でもひときわ高い評価を得ています。
 

カフェでほっと一息

グラバー園では、カフェとなっている建物も見逃せない史跡の1つです。日本人初の西洋料理店シェフ・草野丈吉のレストラン「自由亭」は1878年(明治11年)に建てられました。現在では2階で「自由亭喫茶室」を営業しており、24時間かけて抽出されるダッチコーヒーの豊かな香りを楽しめます。自家製コーヒーゼリーも人気メニューの1つ。庭園と長崎港を一望できる眺望も堪能できます。
 

記念撮影を楽しむ!

グラバー園では、鹿鳴館の貴婦人のような優雅なドレス姿で園内散策が楽しめます。レトロ写真館には数多くの衣装が用意されており、ドレスに着替えて手持ちのカメラで撮影すれば、素敵な記念写真を撮ることができます。料金は30分600円~。営業時間は10:00~17:00(受付終了16:30)で、時期によって終了時間が異なる場合があります。

さいごに

日本最古級の洋館が移築保存されているグラバー園。その異国情緒あふれる佇まいは、今なお人々を惹きつけてやみません。レトロな衣装に身を包み、明治の古き良き時代を追体験してみてはいかがでしょうか。

各地から長崎空港へのアクセスについては、下記の記事をご覧ください。羽田からは飛行機で約2時間、早めに予約すれば1万円程度で予約できます。

東京-長崎間を飛行機で!航空券の料金はどれくらい?
大阪-長崎間を飛行機で!大阪-長崎間の料金と時間はどれくらい?
名古屋-長崎間を飛行機で!料金と時間はどれくらい?

長崎空港発着の航空券検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

関連記事

エアトリ女子旅/~グラバー園で学ぶ日本の近代化編~ 「オススメの長崎市観光半日コース」はこちら 「私が選ぶ長崎市オススメのグルメ編」はこち
6月の予定が決まっていない方必見!長崎の観光スポット22選 6月の予定が決まっていない方は、お休みの日に長崎旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。
異国情緒あふれる長崎の観光を語るなら外せない厳選スポット 長崎観光といえばココ!ロマンチックな洋館が集まるグラバー園周辺 "長崎にやってくる観光
観光・グルメ・お土産!魅力いっぱいの長崎旅行をご紹介! 長崎は周囲を海に囲まれた人気の観光スポットです。江戸時代より海外と貿易があり、歴史、文化