エアトリなら JAL航空券を最安値検索でき、簡単に予約できます! 全券種値下げ!最大 83%OFF

国内格安航空券最安値検索

JAL人気ランキング

こちらの14社の横断検索が可能です。

JAL Airlines の国内線の価格/サービスのご案内

JALの国内線を、なるべく安く購入するには?

JALの飛行機をなるべく安く利用したい場合にぴったりなのが、『ウルトラ先得』です。ウルトラ先得は搭乗する日にちや時間帯によって運賃が異なりますが、普通運賃から80パーセント近く安くなることもある、お得な運賃です。しかし、普通運賃などと違って、ウルトラ先得を利用するためには幾つかの条件があります。まず、ウルトラ先得は発売開始日から搭乗日の75日前までに予約をする必要があるため、早めに旅程を決めなければなりません。また、利用できる席数には限りがあり、ウルトラ先得運賃の座席が満席になり次第、予約ができなくなってしまいます。そのため、予約をしたい日が連休や週末などの混み合うことが予想される場合には、発売開始日にすぐ予約を取る必要があります。航空券には購入期限があり、期限を過ぎても購入がない場合は自動取り消しとなってしまいます。購入後は日にちや時間の変更ができないこと、取り消しをする場合は運賃の約半額相当の手数料がかかることも条件です。もし、搭乗したい日から75日前を過ぎている場合は、55日前までの予約でお得になる『スーパー先得』や、45日前までの『先得B』、28日前までの『先得A』、前日まで予約可能な『特便割引1』など、さまざまな運賃があります。

JALの国内線の特典のサービスとは

JALでは、マイレージサービスが充実しており、国内線・国際線問わずにマイルを貯めることができます。貯めたマイルは、航空券やギフト券などに交換できるので、大変お得なサービスです。マイルとは距離を表す単位のことで、出発地から目的地までの距離が遠ければ遠いほどマイルを多く獲得することができます。しかし、マイルを貯める際には気をつけなければならないことがあります。同じ距離を飛行したとしても、貯まるマイルの数に違いがあるケースが存在するからです。その理由は、航空券のグレードや代金に隠されており、例えば、ファーストクラスを利用したときにはマイルの換算率が150%、ビジネスクラスでは125%、エコノミークラスでも正規の値段で航空券を購入した場合は100%のマイル換算率となります。格安航空券の場合はチケット代が安いためにマイル換算率も低くなり、30%や50%となることが多いです。JALマイレージバンクを利用するときは、この点を注意する必要があります。マイルは貯めるだけではなく、使うことでその真価を発揮します。貯めたマイルの使い道の主なものには、特典航空券との交換や国内線ではクラスJへのアップグレード特典、JALラウンジの利用、WAONへの交換など、さまざまなものがあります。特典航空券はJALのチケットだけではなく、日本トランスオーシャン航空や琉球エアーコミューターなど、JALグループ航空会社のチケットにも交換することができるので、選べるうれしさがあります。

JAL 国内線 格安航空券のご予約について

当日空港のチェックイン~搭乗までの流れ

旅の出発日に空港へ着いたら、まずはチェックインをする必要があります。航空券はただ持っているだけでは保安検査場を通過することができず、事前に必ずチェックインをすることが必要になります。チェックインの方法は主に3つあります。ひとつはJALのサイトで搭乗前にチェックインを済ませておく方法です。チェックインは搭乗の数日前から行うことができるので、搭乗日当日に空港でチェックインをする手間が省けます。この方法を利用すると、飛行機に乗り遅れるリスクを減らすことができ、預け荷物がない場合は空港に到着してすぐに保安検査場に行けるので、大変スマートです。次に、空港内に設置された自動チェックイン機を利用するやり方があります。こちらの方法では、発券されたチケットやeチケット(航空券引換証)を印刷したもの、JALカードなどを使用して当日手軽にチェックインをすることが可能です。eチケットは、オンラインで航空券を購入した場合に、データの形でメールに添付されて届きます。それを自分で印刷してください。機械にチケットやカードを差し込んだり、QRコードを読み取らせたりするだけでチェックインが完了します。上記2つの方法では、チェックインをするためにカウンターに並ぶ必要はなく、預け荷物がある場合でも預け荷物専用のカウンターにすぐに行くことができるため、時間を大きく節約することができます。最後のチェックイン方法は、カウンターでチェックインをする方法です。こちらはチェックインと同時に荷物を機内に預けることもできます。チェックインが終了したら出発時刻の最低15分前までに保安検査場へ行き、航空券に記載されたゲートへは最低10分前に到着するようにします。そのため、チェックインは余裕を持って最低でも搭乗時刻の30分前には済ませておいた方が良いでしょう。JALのカウンターは、羽田空港では北・南ウィングともに2階、関西国際空港、新千歳空港でも2階部分にあります。

座席の指定について

座席は予約時などに事前に指定をすることができます。しかし、飛行機のバランスを保つなどの理由から事前に指定ができる座席数には限りがあり、利用する運賃によって指定できる場所が異なることもあります。そのため、窓側や通路側、友人などと隣同士の座席を希望するといった場合には、できるだけ早めの予約が必要です。もし希望の座席が空いていなかったときは、搭乗前日の午前5時から事前座席指定ができる席が追加されたり、当日早めに空港に行くことで希望の席が予約できたりすることもあるため、確認をしてみましょう。

手荷物のサイズ・重量について

機内に持ち込める手荷物
受託手荷物(空港のカウンターで預けるお荷物)

機内持ち込み手荷物と、預ける荷物には、サイズや重量などに気をつける必要があります。JALの機内持ち込み手荷物は、身の回り品1個と規定内のお手荷物1個とし、合計重量が10kgを超えないものとされています。それを超える重さの手荷物は持ち込むことができません。サイズは、座席数が100席以上の大きな飛行機の場合は、幅が55センチ、高さが40センチ、奥行きが25センチ以内で、3辺の合計が115センチ以内のもとなっています。座席数が100席未満の飛行機の場合は、手荷物のサイズが全体的に一回り小さくなり、3辺の合計が100センチ以内となっています。このサイズを超えてしまうと、座席の上の棚や前の座席の下に手荷物が収まり切らない可能性があるため危険なのです。搭乗予定の飛行機の座席数を確認する方法は、航空券の券面に記載されている機種から知ることができます。比較的大きくて重い荷物は、空港のJALカウンターで事前に預ける必要があります。無料で預けられる荷物に個数制限はありません。重さは1人20キロまで、ファーストクラスのみ1個32キロまでかつ合計45キロまでとなっています。サイズはそれぞれ60センチ、120センチ、50センチ以内です。制限を超えてしまった場合は、超過料金を支払わなければならなくなります。ほとんどの区間で超過料金は1キロあたり400円です。重さは1個あたり32キロまで、最大100kgまで可能です。 飛行機で運ぶ荷物に関してもうひとつ注意したい点は、制限荷物です。機内持ち込み手荷物には、ハサミやナイフなどの凶器になりうるものを持ち込むことはできません。預ける荷物の中に刃物類を入れることは可能ですが、美術品などの高価なものや貴重品などを入れることはできないため、手荷物で持ち込む必要があります。また、スプレーなどの缶類は飛行機に乗せることはできません。

予約の変更・キャンセル・払い戻し

予約の変更は、出発前までに行う必要があります。日にちや時間の変更は、普通運賃や往復割引などの運賃ならば、90日以内など期限内であれば何度でも変更が可能です。先得や特便割引といったお得なタイプの運賃は変更をすることはできません。搭乗者の変更(航空券の名義変更)はできません。搭乗者が変更になる場合は、予約を一旦取り消し、払い戻しのうえ、新たに航空券を購入することになります。そのほかにも、予約した搭乗券を、区間のみを指定して便を指定しないオープン券にする場合、予約手数料なしで予約の変更を行えます。代金の払い戻しは、チケットの有効期間内か有効期間満了日の次の日から起算して10日以内に申し込みをする必要があります。その際の手数料には、払い戻し手数料と取り消し手数料とがあります。払い戻し手数料は航空券1枚につき430円かかり、取り消し手数料は、運賃や区間、取り消しを申請した日、時間により異なりますが、普通運賃や往復割引など予約の変更が可能となっているものに対してはかかりません。本人や同行者の病気などにより飛行機の利用できなくなった場合、医師の診断書などの提出を条件に、払戻手数料、取消手数料なしで払い戻しが可能となる特例もあります。また、悪天候などにより欠航した場合に関しても、予約変更が不可能な航空券でも日にちや時間の変更が可能となり、払い戻しも無料でできるようになります。

ご不明な点がございましたら、下記のお電話番号までお問い合わせください。

0570-077-323
【月~金】9:00~19:00
【土日祝】10:00~19:00

各種サービスお客様サポート

小さなお子様のご利用について

JALでは、満3歳以上12歳未満のお子様に対し小児運賃が適用され、大人普通運賃の半額で飛行機に乗ることができます。運賃は半額でもサービスの提供は大人とほとんど変わりません。先得や特便割引などの割引運賃に関しては大人と同じ金額での利用になります。予約方法は従来通り、インターネットのサイトなどで行うことができますが、予約後はJALスマイルサポートデスクに電話をし、「ベビーおでかけサポート」を利用することを伝える必要があります。チャイルドシートを利用するには、座席を予約した上で自分で持ち込むか、JALから借りることになります。JALのチャイルドシートを借りたい場合、搭乗予定の3日前までに連絡するのを忘れないようにしましょう。ベビーカーの貸し出しは、事前に予約をしないでも借りることができます。また、5歳以下の小児が飛行機に搭乗するには、12歳以上の同伴者がいることが条件となっています。6歳以上になると、『キッズおでかけサポート』を利用し、同伴者なしの小児1人で搭乗することもできるようになります。このサービスは8歳から11歳までは希望制となり、同伴者無しで通常の旅客同様に搭乗することも可能です。キッズおでかけサポートを利用する場合は、『JALスマイルサポートデスク』などで事前予約しましょう。出発空港では見送り人、到着空港では出迎え人が必要となります。出発時は小児1人につき保護者1人まで、保安検査場を通過して搭乗ゲートまで見送りをすることができます。

幼児運賃と予約方法

生後8日以上満3歳未満の小さなお子様は、大人1人につき2人まで同伴することが可能です。同伴者と同じ座席に座ることを条件に、お子様1人まで無料で搭乗することができます。しかし、満3歳未満でも席を使用する場合は小児料金が適用されます。また、同伴者が出産予定日から28日以内で大きなお腹をしている場合は、同伴できるのは1人までとなります。JALではチャイルドシートの貸し出しを行っており、小さなお子様は利用することができます。その際も1席使用することになるため、航空券の購入が必要です。

妊娠中のご利用について

妊娠中にJALを利用したい場合は、「ママおでかけサポート」のサービスを利用しましょう。このサービスは、出産予定日前28日から7日までの妊婦が利用できます。28~8日前までは診断書の提出が必要となり、7日前までは診断書に加え医師の同伴が必要となります。診断書とは、飛行機を利用するにあたり健康上支障がないという内容が記載されているものです。サービスを受けるためには、JALスマイルサポートデスクに電話をし、サービスを受けたい旨を伝えます。

ご搭乗にお手伝いが必要なお客様のご利用について

JALでは、空港内で車椅子の貸し出しサービスを行うなど、高齢者や身体に障害がある人のためのサポートサービス行っています。サービスを利用したい場合は、航空券の予約後にJALスマイルサポートデスクに電話をして、「シニアおでかけサポート」を利用したいことを伝え、サービスの予約をしてください。車椅子は事前に予約をしなくても、借りるだけならば当日空港内でサービスを受けることは可能です。また、JALではいくつかの空港にて保安検査場で金属探知に反応しない竹製の車椅子を貸してくれるサービスもあります。以前は車椅子を利用している方は、車椅子が金属探知機に反応してしまうため、直接ボディチェックを受ける必要がありました。しかし、竹製の車椅子には金属が使われておらず、車椅子が金属探知に反応することがなく、ボディチェックを受ける必要はなくなりました。そのほかにも、搭乗の際にお手伝いが必要な方は優先搭乗ができるサービスもあります。シニアおでかけサポートという名前が付いていますが、必ずしも65歳以上の高齢者のみが利用できるわけではなく、65歳未満のシニアでも利用することができます。

ペットのお預けについて

JALが提供する「ペットとおでかけサービス」では、犬や猫をはじめ、小鳥やウサギ、ハムスターなどの小動物を預けることができます。また、金魚や亀、昆虫は、ほかの乗客が迷惑に感じない程度なら機内への持ち込みが可能です。ペットの重量はペットクレートと合わせて32キログラムまで、ひとつのクレートに犬・猫などは1匹ずつ、小鳥は2羽まで入れることができます。32キログラムを超えてしまった場合は、貨物扱いとなってしまうので注意しましょう。ブルドックやフレンチブルドックなどは、輸送環境からストレスを受けやすいため、JALでは取り扱っていません。ペットのほかに預け荷物がある場合は、ペットとペットクレート、預け荷物を合わせて1人100キログラムまでが重量制限となっています。料金はペットクレート1個あたり1区間3,000円から6,000円ほどとなっています。

JALの国内線の空港・機内サービス

JALの国内線では、空港・機内サービスが充実しています。機内には一流のサービスが受けられるファーストクラス、広々とした座席でくつろげるクラスJ、割安価格で搭乗できる普通席の3種類があります。いずれの座席でもWi-Fiサービスが提供されており、搭乗区間の長さや通信機器の種類によって利用料金が異なります。すべてが有料ではなく、無料で30チャンネルものビデオを楽しめるサービスもあるので、通信機器を持っているのならぜひ利用してみてください。音楽などを聞くことができる機内エンターテインメントも、空の旅をより豊かに演出してくれるサービスです。Jポップやクラシックなどのほか、子供の歌や落語などのチャンネルもあり、子供からシニアまで楽しむことができます。また、もうひとつの機内エンターテインメントとして、SKYWARDと呼ばれるJALの機内誌があります。次の旅先がSKYWARDで決めることができるほど、魅力的な旅先を紹介してくれます。また、機内販売は、空の旅の思い出を形に残すのに最適なサービスです。JALの機内でしか販売されていないレアものアイテムがあることもあります。機内販売カタログは、SKYWARDとともに前の座席のポケットに置いてあることが多いです。機内では飲み物が無料でサービスされますが、ファーストクラスでは食事もサービスでついてきます。

目的地から探す

JAL(日本航空)国内線|運行路線一覧