料金、アクセスは?龍泉洞の楽しみ方・見どころをご紹介!
2017.11.23

龍泉洞

鍾乳洞の神秘的な地下世界が広がる岩手県の龍泉洞では、自然が作り出した造形美を見ることができます。今回は、岩手県を代表する観光スポットの1つ、龍泉洞の楽しみ方や見どころをご紹介します。

龍泉洞ってどんなところ?

龍泉洞は、日本三大鍾乳洞の1つです。洞内の調査は3,600mまで進んでおり、そのうち700mまでが公開されています。総延長は5,000m以上あるといわれており、調査は今も継続されています。洞内には、長い歳月をかけて自然が作り上げた鍾乳石や、世界有数の透明度を誇る真っ青な地底湖など、一度見たら忘れられない幻想的な景観が広がっています。龍泉洞は、洞内に棲むコウモリとともに国の天然記念物に指定されています。
 
1967年(昭和42年)には県道拡幅工事中に龍泉新洞が発見されました。学術的に大変貴重なもので、世界初の試みとして、発見された天然の洞窟をそのまま科学館として公開しています。園地には、レストハウスや休憩所を備えた龍泉洞観光センターやカフェもあり、大自然の中でくつろぐことができます。
 

龍泉洞へのアクセス

バス

盛岡駅→「龍泉洞」行きで約142分
 

自動車

・東北自動車道盛岡IC→国道455号線県道7号線約90kmで約120分
・東北道・盛岡南IC又は盛岡IC→国道455号線経由で約120分
 
駐車場
第一駐車場80台(龍泉洞から400m)
新洞科学館前駐車場20台(龍泉洞から100m)
第三駐車場295台(龍泉洞から500m)

※第二駐車場は2017年10月現在工事中のため使用禁止
 

龍泉洞の営業時間と料金

営業時間

8:30~17:00(5~9月は8:30~18:00)
 

料金

高校生以上:1,000円
小中学生:500円

龍泉洞の楽しみ方

サンゴやつらら石などを見る!

洞内には鍾乳洞ならではの不思議な光景が広がっています。洞窟の天井からぶらさがる白い鍾乳石は「つらら石」と呼ばれています。床からは鍾乳石がタケノコのように伸びており、これを「石筍」といいます。落ちてくる水滴に含まれる石灰分が長い歳月をかけて集積して作られたものです。
天井から下へと伸びるつらら石と、床から上へと成長する石筍が、長い歳月をかけてつながると、柱状の「石柱」になります。洞窟の壁には小さな粒状の石が見られ、海のサンゴに形が似ていることから「洞窟サンゴ」と呼ばれています。
棚田のような水たまりは、畦に当たるところが「リムストーン」、中の水たまりが「リムストーンプール」です。これは緩い傾斜を水が少しずつ流れることでできます。

洞内には、洞窟の環境に順応したユニークな生物も棲息しています。メナシヨコエビはその名の通り、目が退化し、かわりに触覚などの接触性感覚器官が発達した生き物です。トビムシは数mmの原始的な昆虫で、腹節の下の器官を使ってジャンプすることができます。
 
龍泉洞を訪れる際には服装に注意しましょう。洞内の気温は年間を通して10℃前後で安定しています。夏場は羽織れるものを1枚用意しておくとよいでしょう。ジャンパーの貸し出しも行っているので、必要な際は窓口に申し出ましょう。洞内の天井から雫が落ち、床は濡れています。また急な階段も複数あるため、歩きやすい靴で出かけましょう。
 

周辺の施設でほっと一息!

鍾乳洞見学が終わったら、園地にあるカフェで一休みしましょう。園地にある「カフェ Ponte」では、人気の岩泉ヨーグルトを使用した「初恋ソフト」や、龍泉洞の水を使った飲料などを提供しています。夏にはテラス席で清水川渓流を見ながらのんびり過ごすこともできます。
 

科学館を見学!

川を挟んだ対岸にある龍泉新洞には「龍泉新洞科学館」があります。龍泉新洞は1967年(昭和42年)に発見されました。洞内には発達した鍾乳石や水流の痕跡などがあり、学術的にも大変貴重なものだったため、世界で初めて洞窟をそのまま科学館として公開することになりました。

洞窟内部には、ここで出土した土器や石器、学術標本などが展示されています。大昔の動物の骨や、骨で作ったクシ、縄文時代の土器や石器などが多数発見されており、この洞穴が当時、住居として使用されていたことがわかっています。龍泉新洞の鍾乳石とともに貴重な展示を見ることができます。

さいごに

龍泉洞では、大自然が作り出した天然の造形美を見ることができます。真っ白な鍾乳石や青く輝く地底湖など、神秘的な光景が広がる地下世界を満喫できる龍泉洞へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
各地からの龍泉洞最寄りのいわて花巻空港へのアクセスについては、下記の記事をご覧ください。大阪からは飛行機で約3時間20分、早めに予約すれば1万4000円程度で予約できます。
 
大阪-岩手間を飛行機で!伊丹-いわて花巻空港間の料金と時間はどれくらい?
小牧-岩手間を飛行機で!料金と時間はどれくらい?
福岡-岩手間を飛行機で!料金と時間はどれくらい?
札幌-岩手間を飛行機で!新千歳空港-いわて花巻空港間の料金と時間はどれくらい?
 
 
いわて花巻空港発着の航空券検索
 
JALの航空券検索
ANAの航空券検索
 
小牧空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
福岡空港発着の航空券検索

関連記事

約14,000本の泡盛が並ぶ鍾乳洞を見学!沖縄・金武鍾乳洞 古酒蔵 金武鍾乳洞(きんしょうにゅうどう) 古酒蔵」は、見るだけでなく、自分のお酒を貯蔵できる
関東最大規模を誇る群馬の鍾乳洞!不二洞の見どころ 関東一の長さを誇る鍾乳洞「不二洞(ふじどう)」は、気軽に探検家気分を味わえる壮大な自然
行き方は?七ツ釜鍾乳洞の見どころをご紹介 七ツ釜鍾乳洞は、長崎県西海市にある、非常に長大な鍾乳洞です。自然の地形であるため、アク
東北地方の死ぬまでに絶対見たい絶景5選 海外からも注目される青森県の弘前公園の花筏 青森県の弘前公園といえば、桜の名所としてあ