四季折々の花々が楽しめる国営ひたち海浜公園の自然の魅力
2017.12.19

国営ひたち海浜公園
茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園は、花と緑が美しい、自然あふれる観光スポットです。広大な敷地に広がる花々は、年間を通して多くの人々を魅了します。今回は、自然に囲まれてピクニックや写真撮影を楽しむのにぴったりの国営ひたち海浜公園の魅力をご紹介します。

国営ひたち海浜公園ってどんなところ?

国営ひたち海浜公園は、茨城県を代表する観光スポットの1つです。園内は7つのエリアに分かれており、それぞれのエリアで自然の美しさを満喫できます。特に春のネモフィラと秋のコキアは、国営ひたち海浜公園の名物となっています。

また、サイクリングコースやアスレチックなど、自然の中で思い切り体を動かせるレジャーを楽しめるスポットも充実しています。家族そろって自然の中で思い切り体を動かすにはぴったりの施設が揃っているため、休日のレジャーにも最適です。その他にも、季節によってさまざまなイベントが開催されているので、いつ訪れても楽しめます

国営ひたち海浜公園へのアクセス

車の場合

日立南太田ICより約15km。駐車場は「西駐車場」「南駐車場」「海浜口駐車場」の3つあります。

バスの場合

JR常磐線の勝田駅東口2番乗り場から海浜公園西口、または南口下車。

国営ひたち海浜公園の料金・営業時間

料金

大人:410円
シルバー(65歳以上):210円
小人(小中学生):80円
幼児(6歳未満):無料

休園日と開園時間

毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日の火曜日)

開園時間は季節によって異なります。
3月1日〜7月20日:9:30〜17:00
7月21日〜8月31日:9:30〜18:00
9月1日〜10月31日:9:30〜17:00
11月1日〜2月末日:9:30〜16:30

国営ひたち海浜公園の四季折々の自然

青い花の絨毯が広がる春のネモフィラ

国営ひたち海浜公園の春の風物詩のネモフィラは、4月下旬〜5月上旬に見頃を迎えます。ネモフィラは、瑠璃色の美しい青い花を咲かせるのが特徴的な花です。みはらしの丘に一面に広がるネモフィラは、空と海の青と一体になり、青い絨毯が広がっているような絶景が広がります。

広大な敷地を彩る夏のヒマワリ

8月中旬から下旬になると、園内ではヒマワリが見頃を迎えます。国営ひたち海浜公園のヒマワリはさまざまな品種が栽培されているため、色鮮やかな数多くのヒマワリが楽しめます。

みはらしの里や泉の広場フラワーガーデンに広がるヒマワリは約3万本以上植えられており、夏の日差しを浴びて咲き誇る元気なヒマワリの姿は、見ているだけで気分が晴れやかになります。また、秋に向けて成長していく緑色のコキアと黄色いヒマワリの鮮やかなコントラストも見どころの1つです。

みはらしの丘を真っ赤に染める秋のコキア

春のネモフィラと並ぶ国営ひたち海浜公園の名物が、秋のコキアです。鮮やかな赤い色が特徴の草で、9月下旬~10月上旬にかけて徐々に緑から赤へと色づいていきます。丸くてふんわりとした形のコキアがみはらしの丘一面に広がる様子は、童話の世界のような不思議な光景です。

見頃を迎えて完全に紅葉を迎えたコキアは、みはらしの丘の一面を真っ赤に染め上げます。ここまでの規模のコキアは国内でも珍しく、国営ひたち海浜公園ならではの秋の絶景を見るために多くの観光客が訪れます。

寒い季節に咲き誇る冬のチューリップ

チューリップといえば春の花というイメージがありますが、国営ひたち海浜公園のチューリップは、冬に見頃を迎えます。アイスチューリップと呼ばれる、特殊加工を施して開花時期を調整したチューリップを栽培しています。アイスチューリップは、普通のチューリップより長く楽しめるのが特徴です。冬の低い気温のおかげで開花時期が長く、色鮮やかなチューリップの姿が12月下旬~1月上旬まで続きます。全国でも冬に咲くチューリップは珍しく、国営ひたち海浜公園のチューリップ畑は撮影スポットとしても人気があります。

国営ひたち海浜公園の自然以外の魅力

園内にあるプレジャーガーデンは、大人から子どもまで楽しめるさまざまなアトラクションやアクティビティが満載の、遊園地のような施設です。プレジャーガーデンの中は5つのエリアに分かれており、乗り物やアスレチック、レストランなどがあります。

海抜100mの絶景「大観覧車フラワーリング」

プレジャーガーデンの中でも目を引くアトラクションが、大観覧車フラワーリングです。最大で海抜100mからの景色を堪能できる、国営ひたち海浜公園のシンボルともいえる観覧車です。6人乗りのゴンドラで、家族そろって楽しむことができます。晴れた日は筑波山まで一望できる絶景が広がります。

園内をぐるりとめぐる40分の旅「シーサイドトレイン」

シーサイドトレインは、約40分かけて園内を一周する乗り降り自由の乗り物アトラクションです。自然あふれる園内を、真っ赤な電車で巡ります。赤くてかわいい電車は子どもにも大人気で、広い園内の移動手段としてもおすすめです。園内の見どころや自然についてなど、運転手による詳しい解説を聞きながら、のんびりと園内を周ることができます。

全長約11kmの爽快なサイクリングコース

国営ひたち海浜公園の園内には4ヶ所のサイクルセンターがあり、レンタルサイクルを借りてサイクリングが楽しむことができます。子ども連れでも安心して楽しめる全長約11kmのサイクリングコースは、園内の散策にぴったりです。中には、サイクリングコースを通らないと見ることのできない風景もあります。

サイクルセンターでは通常の自電車だけでなく、電動自転車のレンタルもあります。もちろん、自分の自転車の持ち込みも可能です。

さいごに

国営ひたち海浜公園は、自然を満喫して思い切り体を動かしたいという方におすすめの観光スポットです。茨城県に旅行しに出かけた際は、国営ひたち海浜公園へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索

茨城空港発着の航空券検索

関連記事

料金は?アクセスは?シーサイドももち海浜公園の見どころをご紹介 さまざまな観光名所がある福岡の中でも、都会の中で自然が楽しめる観光名所と言えば、シーサ
海も山も楽しめる!茨城の観光スポット15選 茨城県には「偕楽園」や「国営ひたち海浜公園」など有名な観光スポットがいくつもあります。
美しい景色に包まれて身も心もリフレッシュ!関東のおすすめ絶景スポット5選 切り立った崖と日本一の石でできた大仏に圧倒される鋸山 千葉県の富津市にある鋸山は、その名
都市と自然が調和した風景!福岡の写真スポット15選! 九州地方の中でも人気の高い観光地である福岡には、思わず写真を撮りたくなるようなスポット