暑い夏休みに最適な国内レジャープール10選
2018.01.11

毎年熱くなる日本の夏のレジャースポットとして人気のあるプールは、子ども達が夏休みに入るととてもにぎわう観光スポットです。なかには大型ウォータースライダーや雨の日でも楽しめるスポットもあります。今回は国内おすすめのレジャープール10選をご紹介しましょう。

都内にある総合レジャースポット「としまえん」

東京都の練馬区にある「としまえん」はプールの他にも遊園地などのレジャースポットが集まった施設です。夏になると屋外プールが解放されます。プールは6つのプールに分かれており、流れるプール、ナイアガラプール、こどもプール、競泳プール、小プールがそろっています。としまえんの人気No.1のアトラクションが、ハイドロポリスとよばれる3種類のウォータースライダーが用意されている巨大スライダーです。

海も見える!広大な敷地が魅力な「大磯ロングビーチ」

神奈川県の大磯町にある「大磯ロングビーチ」は海沿いにあるホテルに併設されたレジャープールです。プールの種類は5つあり、小さな子どもから遊ぶことができます。全長140mの大型スライダーや子ども向けのキッズウォーターパラダイスもあり、1日中遊ぶことができる点が魅力です。プールで疲れた身体や心を癒すジャグジーもあり、海を見ながら時間を過ごすことができるでしょう。

CMでも話題!家族3世代で楽しめる「スパリゾートハワイアンズ」

福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ」は全天候対応の屋外型プールです。全長50mのウォータースライダー・プールに珍しいアクアリウムの流れるプール、子どもが楽しめるアスレチックと融合したプールのワイワイオハナがあります。小さな子どもでも安心して遊べるように、休憩エリアなども完備してあり、子育て中の家族でも楽しむことができる施設です。

市が運営している屋内レジャープール!「カリビアンビーチ」

群馬県の桐生市にある「カリビアンビーチ」は、桐生市が運営している関東最大級の全天候対応型屋内プールです。プール施設の種類は民間に負けておらず、波のプールや流れるプール、ウォータースライダーなどが備えてあります。また、市の施設なので料金も安く設定されており、県内や県外からの利用者が多く集まるスポットとして話題を呼んでいます。

9種類のプールが魅力的な「しらこばと水上公園」

埼玉県の越谷市にある「しらこばと水上公園」は広い屋外プールで、プールの種類が9種類と豊富にそろえられています。波のプールや流れるプールはもちろん、小さな子どもが遊んでも安心できる「流れ」という浅い川を模したプールや飛び込める「もぐりプール」などがあり、やんちゃな子どもでも大いに楽しむことができるでしょう。

大浴場も楽しめる「ルスツリゾート」

北海道留寿都村にある宿泊できるレジャースポット「ルスツリゾート」は、ホテル内に屋内プールを完備しています。オムツを履いている幼児でも水遊び用オムツを履けば利用できるので、小さな子どもがいる家族で楽しめるのが魅力的です。また、プールの隣には大浴場があるので、プール遊びに疲れた後はお風呂でゆっくりと疲れをとるのが良いでしょう。

プールだけじゃない!?水着で施設を利用できる「ラグナシア」

愛知県蒲郡市にあるリゾート施設ラグーナテンボスの「ラグナシア」には6つのプールが用意されています。幼児プールやウォータースライダーなどが楽しめるだけでなく、ラグナシアの魅力は水着のままでお買い物やほかのアトラクションを楽しむことができる点です。プールにつかれた後は、ショッピングやほかのことをして休憩したり楽しんだりするのが良いでしょう。

屋内と屋外のどちらも楽しめる「リゾ鳴尾浜」

兵庫県西宮市にある「リゾ鳴尾浜」は屋内と屋外のプールが併設されているレジャースポットです。屋内はガラス張りになっており、外の風景を楽しむことや4つの温水プールで年中楽しむことができます。屋外のプールはゴールデンウィークと夏季に開催され、大型プールで遊ぶことができるのが魅力です。屋内にも屋外にもウォータースライダーがあるので、もし雨が降っても十分楽しむことができるでしょう。

ちびっこに大人気!「アドベンチャープール」

福岡県北九州市にある「アドベンチャープール」は小さな子どもが安心に遊べるプールがあります。3種類の深さと大きさが違う幼児プールや「せせらぎプール」と呼ばれる動物のオブジェがある浅めのプールが人気です。流れるプールの他にも流れに緩急がある川下りプールなどがあります。プールだけで他の施設がないので利用料も安いのがメリットです。

車いすの人も楽しめる!「海の中道海浜公園」

福岡県福岡市にある国が管理しているレジャープール施設です。6つのプールと足湯・露天風呂を楽しむことができます。「ウォータージャングル」では大量の水が落ちてくるビッグバケツなどの仕掛けが多くあり、子どもの好奇心を刺激する人気プールになっています。車いす利用者も楽しむことができるので、幅広い方が楽しめるプールといえるでしょう。

プールがあるレジャースポットで夏を満喫しよう!

日本中のさまざまなプール施設は、アトラクションや温泉が併設してあったり、安く利用できたりと施設によりメリットがさまざまです。家族や親戚と一緒にでかけるときは、みんなで楽しめるプールで1日中遊んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

夏のレジャーの代表格!日本全国のおすすめのプール12選! 夏の時期にしか楽しめない娯楽のひとつに「プール遊び」があります。7月に入ると全国のさま
東京-クアラルンプール間の飛行機の料金と時間はどれくらい? 東京からクアラルンプールへ旅行やビジネス出張で移動する際、航空券の料金や移動時間が気に
東京-バンコク間の飛行機の料金と時間はどれくらい? 東京からバンコクへ旅行やビジネス出張で移動する際、航空券の料金や移動時間が気になる方も
料金は?アクセスは?日本モンキーパークの見どころをご紹介 日本モンキーパークでは、30種類以上もの豊富なアトラクションを楽しむことができます。夏