持ち物は?注意点は?香港に初めて行く際に知っておきたいこと
2018.07.06

香港

香港は約4時間半で行けるエキゾチックな観光地です。交通機関が充実している中心部ではグルメ、ショッピング、観光とあらゆることが一度に楽しめるため、海外旅行が初めての方にもうってつけの場所です。

香港ってどんなところ?

中国大陸の南東部に位置する香港は、広東省に隣接する北側の大陸地域(九龍半島)と、南側の香港島、大嶼山(ランタオ島)など200を超える大小の島々で構成されています。亜熱帯気候帯に属し、平均気温は春(3月~5月)は17℃~26℃、夏(6月~8月)は26℃~31℃、秋(9月~11月)は19℃~28℃、冬(12月~2月)は12℃~20℃と日本よりも気温が高く多湿です。国際貿易港として繁栄し、公用語は中国語と英語、現在は中華人民共和国香港特別行政区となっています。

香港はもともと1842年に終結したアヘン戦争によってイギリスに統治されていました。その地形から軍事と貿易に適した拠点だったからです。太平洋戦争中は日本軍に占領されるものの、第二次世界大戦後に再びイギリスの統治下となり、1997年7月1日に中国に返還されました。返還後は1国2制度という新体制が築かれ、それまでの資本主義を保持しつつ国際金融都市として発展し続けています。近代的な高層ビル群、エネルギッシュな下町の両方が楽しめる香港は、アジアとヨーロッパが混在する独特の雰囲気が魅力です。

香港のグルメ

香港では伝統的な広東料理をはじめ、イギリス、東南アジアなどの世界各国の食文化を体験できます。香港で欠かせないグルメといえば、点心です。竹籠に入ったシューマイなどの蒸し物を中心に揚げ物、焼き物など多彩な点心料理があり、午前中から昼下がりの間に大勢で集まって点心とお茶を楽しむ「飲茶」という習慣があります。そのほか、濃厚なタレをからめたシューメイ(中華風ロースト肉)、スリランカ紅茶をエバミルクなどで煎じた香港式ミルクティー、東南アジアの食文化を融合したマンゴープリンなどの中華スイーツ、イギリス式のブレックファースト、アフタヌーンティーなどがあります。

香港の観光スポット

東洋と西洋が混在するコスモポリタン都市である香港には、華やかな観光スポットが点在しています。高層ビル群やビクトリア・ハーバーを一望できるビュースポット「ビクトリア・ピーク」、洋服や土産店などが1kmに渡ってひしめく露店ストリート「女人街」、ウォーターフロントの賑やかな散策エリア「チムサアチョイ・プロムナード」、ブルース・リーをはじめとする香港映画俳優の手形や銅像が並ぶ遊歩道「アベニュー・オブ・スターズ」、派手なネオンが彩る繁華街「ランカイフォン」などがあります。ビクトリア・ハーバーで毎晩開催される光と音のビックイベント「シンフォニー・オブ・ライツ」は必見です。

香港の通貨

香港の通貨単位は香港ドル(HKドル)です。紙幣は6種類(10ドル・20ドル・50ドル・100ドル・500ドル・1,000ドル)、貨幣は7種類(10・20・50セント、HK1セント・2セント・5セント・10セント)あります。また、長い間イギリス領だったことからチップの習慣があります。ホテルならHK5~10ドル、レストランなどの飲食店では料金の10%~15%が目安です(サービス料込みの場合はチップ不要)。

香港の交通事情

香港での移動手段は鉄道やバス、トラム、フェリー、タクシーと多彩です。空港と市街地を最速で結ぶエアポート・エクスプレス、主要都市を網羅する地下鉄(MTR)、香港島、九龍、周辺諸島、マカオ、中国本土などをつなぐフェリー、早朝から深夜まで運行する2階建てトラム(路面電車)などがあります。タクシーは営業区域ごとに色分け(赤・青・緑)されており、いずれも運賃はメーター制です。

香港旅行の注意点

香港は世界的にみると比較的治安がよい場所ですが、安全対策は必須です。スリや置き引き、買い物時のクレジットカード詐欺など予期せぬ犯罪や事故に巻き込まれる可能性もあります。混み合った場所にいる時は特に持ち物に気をつけましょう。万が一に備えて多額の現金は持ち歩かず、利用停止、再発行可能なクレジットカードを使用することをおすすめします。
香港ではほとんどのレストランやバーなどの屋内施設、ビーチや公園といった公共エリアで喫煙が禁止されています。禁煙場所で火のついたタバコ、シガー、パイプを喫煙または携帯した場合、1,500ドルの罰金が科せられます。

香港の電圧は220ボルト/50ヘルツ、コンセントのプラグはイギリス式の3穴タイプです。日本の電化製品を使用する際は海外旅行用の変圧器およびプラグが必要です。ただし、ホテルによってはバスルームのコンセントのみ100ボルト対応になっている場合もあります。宿泊するホテルの設備を事前に確認しておきましょう。

さいごに

世界有数の国際貿易都市・香港は、ヨーロッパとアジアの文化、人々がごった返すエネルギッシュな観光地です。有名観光スポットもレストランも中心部に揃っているので、都会的な遊びを満喫したい方にもお勧めの場所です。交通機関が充実しているので利便性は高いですが、その分選択肢が多くなります。効率よく回りたい方は路線図や時間などをあらかじめチェックしてきましょう。

航空券検索

関連記事

東京-香港間の飛行機の料金と時間はどれくらい? 東京から香港へ旅行やビジネス出張で移動する際、航空券の料金や移動時間が気になる方も多い
大阪-香港間の飛行機の料金と時間はどれくらい? 大阪から香港へ旅行やビジネス出張で移動する際、航空券の料金や移動時間が気になる方も多い
夏休みに行きたい海外旅行先5選 少しユニークな香港旅行はいかが? 香港は日本から飛行機で4時間~5時間でいける魅力的な観
デートにぴったり!兵庫の観光スポット12選 兵庫県で観光といえば、神戸市内が真っ先に思い浮かぶ方も多いかと思いますが、それ以外にも