旅行に出かける前に海外旅行保険を要確認!
2018.09.10

海外保険
海外に行くときに加入しておきたい海外旅行保険。出発当日でもインターネット申込でき保険会社は数多くあり、うっかり忘れていたという方も安心です。今回は海外旅行に慣れていない方に向けて、海外旅行保険の概要や選び方についてご紹介します。

そもそも海外旅行保険ってなに?

海外旅行保険とは、旅行中の事故やケガ、盗難など偶然のアクシデントによる損害を補償してくれる制度です。海外へ行くときは必ず保険に加入しなければいけないというルールはありませんが、万が一に備えて入っておいたほうが安心です。その一番の理由は海外における多額の医療費です。海外では日本の健康保険は適用されないため、すべて自費治療となります。

海外旅行ならではの嬉しいサポート体制もある

海外旅行保険の多くは、金銭面の補償に加えて手厚いサポートがあります。言葉がわからない慣れない土地で事故にあった場合、どこに連絡すべきか、誰に相談してよいかもわからず、おそらくパニックになってしまうでしょう。海外旅行保険はそんな緊急事態にもすぐ対応してくれる24時間電話サービスがあり、病院の紹介、日本語通訳などもサポートしてくれます。

海外旅行保険の選び方

海外旅行保険を扱っている保険会社は多数あるので、よほど旅慣れた方でない限り何を基準に選んだらよいか判断が難しいものです。韓国、台湾などアジア圏内への2泊3日程度の旅行なら1,000円台の安い保険もありますが、値段だけで選ぶのは危険です。保険を選ぶ際は、基本的な補償内容をしっかり確認することが大切です。

基本の補償内容を確認しよう

一般的な海外旅行保険の補償内容は、旅行中の事故、ケガによる「障害死亡」「障害後遺障害」「治療費用」「救援費用」などの身体的な補償のほか、損害賠償責任を負った際の「賠償責任」、カメラ、衣類などの盗難・破損に対する「携行品補償」、飛行機に預けた手荷物が目的地に到着しなかったときの「航空機寄託」などがあります。海外旅行保険の多くはこれらの補償がセットになっていますが、一部の保険会社では必要な補償だけを選べるプランもあります。

それぞれの補償金額は保険会社やプランによって異なります。安心できる金額は人によって異なるため、最終的には自分の基準で考えるのがおすすめです。重視したい項目があれば補償金額が多めのタイプを選びましょう。

オプションを追加してカスタマイズ

生命保険の先進医療特約などと同じように、海外旅行保険も好みでオプションを追加することができます。海外旅行ならではの各種オプションが揃っており、飛行機遅延によって発生した宿泊費などに対する補償、緊急歯科治療、弁護士費用、テロ等対策費用などがあります。訪問する国・地域の治安に適したオプションをプラスするのがポイントです。

クレジットカード付帯保険を活用する方法もあり

保険会社による一般的な海外旅行保険のほか、クレジットカードに海外旅行保険が付帯していることもあります。その大きな違いは補償金額です。補償金額は保険会社のほうが手厚い傾向にあります。すでにクレジットカード付帯保険を持っている方は、補償内容を改めて確認してみましょう。補償項目や金額に不安があれば、必要な項目のみ保険会社で追加申込するのもひとつの手です。

なお、クレジットカード付帯保険は一般の保険会社にはない便利なトラベルサービスもあります。年会費が発生しているカードの多くには、空港から自宅への手荷物無料配送、空港ラウンジ利用といったサービスがあります。

さいごに

いつもの環境とは大きく違う海外旅行は思いもよらぬアクシデントが発生しがちです。結果的に何もトラブルは起きないかもしれませんが、万が一に備えて海外旅行保険に入っておくことをおすすめします。各補償項目にどれくらいの補償金額があるか、どういった条件で補償が適用されるのかなど、しっかりチェックして自分に最適な保険を選びましょう。

航空券検索

関連記事

加入しておくと安心!海外旅行保険は海外旅行には必要? 知っておこう!海外旅行保険の特徴・メリットについて "海外旅行保険は、旅行先で何かしら
備えがカギ!海外旅行保険でトラブル対応もバッチリ! いざというときの大切な備え、それが海外旅行保険! 海外に行くなら、海外旅行保険には加入し
旅行初心者必見!海外旅行の計画の立て方と旅の準備をご紹介! パスポート申請、各種手続きなど事前にやるべきことがたくさんある初めての海外旅行。何から
保険は適用される?飛行機でスーツケースが破損したときの3つの対処法 スーツケースを預け荷物として飛行機に預けた場合、稀に破損することがあります。今回は飛行