アクセスは?メリケンパークの見どころをご紹介

2018.10.11

メリケンパーク
メリケンパークは、神戸市中央区、神戸港にある公園です。港や数々の建築物など、神戸を象徴する景色を体感することができます。中でも代表的なのは神戸ポートタワー、ホテルオークラ、神戸海洋博物館です。今回は、事前に押さえておきたいメリケンパークの概要と見どころについてご紹介します。

メリケンパークとは?

神戸港事業の一つとして埋立てが行われ、そこに造られた公園がメリケンパークです。開園は1987年で、その後神戸海洋博物館、ホテルオークラなどが建設されました。神戸らしいモダンな建物の数々、独創的なオブジェ、そして夜には海洋博物館の美しいイルミネーションなどを楽しむことができます。一方で、阪神・淡路大震災の記憶や教訓を伝える神戸港震災メモリアルパークも敷地内にあり、見逃すことができません。

メリケンパークの見どころ

圧巻の神戸ポートタワー!

神戸らしいスマートな形状の神戸ポートタワーは、電波塔などではなく、港の景色を楽しめるように造られた展望用タワーです。1963年にオープンした、世界初のパイプ構造の建造物で、高さは108メートル。2010年には大規模な改修工事が行われ、最新のLEDを用いたイルミネーション演出の強化や、バリアフリー化などがなされました。建築物としての評価も高く、数々の賞を受賞し、また国の登録有形文化財にもなっています。メリケンパークから眺めるタワーはもちろん、タワーからメリケンパークを見渡すこともまた、楽しい体験になるでしょう。
 

港町ならではの神戸海洋博物館を訪れよう!

神戸国際港湾博物館を前身として、1987年にオープンしたのがこの神戸海洋博物館です。歴史的な船や未来に向けての展示など多彩で、世界でも有数の海事博物館として知られています。メリケンパークからの眺めとしては、やはり夜のライトアップが圧巻で、まるで帆船のような光のラインが映し出されます。
 

個性豊かなオブジェも楽しめる!

1987年に、開港120周年記念の一環として設置されたオブジェが、巨大な鯉をモチーフにした「フィッシュ・ダンス」のオブジェです。著名な建築家であるフランク・ゲーリーが設計を行い、世界でも知られる建築家の安藤忠雄が監修しました。また、「オルタンシアの鐘」は神戸市の花であるアジサイをモチーフに作られたオブジェです。その他近年では「BE KOBE」という文字のオブジェが造られ、写真撮影スポットとして人気を博しています。

神戸空港からメリケンパークへのアクセス

神戸空港からメリケンパークへは、鉄道などの公共交通機関、または車でアクセスできます。
所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町2
 

公共交通機関で

神戸空港からメリケンパークへはポートライナーで三宮駅まで18分、その後市営地下鉄海岸線に乗り換え、2駅先のみなと元町駅で降りましょう。ここから徒歩で10分程度です。
 

車で

神戸空港からは、利用して20分弱で到着します。

さいごに

神戸観光で外すことのできないランドマークを一望できるのが、このメリケンパークです。神戸を訪れる際にはぜひ散策してみましょう!
 
 
神戸空港発着の航空券検索
 
スカイマークの航空券予約検索
 
伊丹空港発着の航空券検索
関西空港発着の航空券検索

関連記事

夜景も満喫!神戸のおすすめ観光スポット13選 関西の観光と言えば、京都、大阪、奈良、そして神戸です。それぞれ違う魅力がありますが、港
兵庫神戸市の定番観光スポット!ベイアリアをご紹介 港町神戸のベイサイドは神戸観光でも特に注目されることの多い地域です。この記事では、メリ
新世界の中心にそびえ立つランドマーク!通天閣の見どころ・楽しみ方をご紹介 なにわのシンボルタワー通天閣は大阪を代表する観光スポットの1つです。今回は、通天閣の楽
アクセスは?国立歴史民俗博物館の見どころをご紹介 千葉県にある国立歴史民俗博物館は、日本でも珍しい歴史・民俗の資料を展示している博物館で