国内旅行に必要な予算はどれくらい?
2017.07.21

旅行の画像

国内旅行の計画を立てる時、早い段階で固めておかなければならないのが予算です。旅行に必要な予算は移動費と宿泊費が大半を占めます。今回は国内旅行に必要な予算の目安、決め方についてご紹介します。

国内旅行の予算の決め方

旅行に出かける際は、まず予算を決めましょう。予算内に収まるように移動費や宿泊費、食費などの具体的な金額を割り振ることで、金銭的に無理のない旅行のプランを立てられます。概算でもいいので、金額を配分して具体的に決めていくなかで調整していきましょう。

例えば予算が10万円だとすれば、移動費が3万円、宿泊費が3万円、食費が3万円、その他雑費を3万円と設定すると予算を超えてしまいます。「移動費」と「宿泊費」にかかる費用を抑えられない場合、残りの2つの費用を抑えれば予算内に収まります。どの費用を削るかは旅行の目的によって異なるので、旅行の目的、重視したいことについてはっきりさせておきましょう。
 
旅行の計画の立て方は次の記事を参考にしてください
旅行初心者必見!飛行機で行く旅行の計画の立て方の流れ

旅行の予算は移動費と宿泊費が大半を占める

旅行に必要な主な費用は「移動費」「宿泊費」「食費」「その他雑費」です。

例えば、東京から沖縄へ旅行するとします。JAL「ウルトラ先得(早期購入割引75日前)」を利用した場合、片道の航空券の料金は8,890円です。また、那覇市内にあるビジネスホテルに宿泊した場合、7,000円~10,000円程度で宿泊できます。移動費と宿泊費を合わせると1泊2日の場合、30,000円近くかかります。
その他食費が5,000円、遊びなどの雑費が15,000円程度かかった場合、東京-沖縄間の1泊2日に必要な予算は50,000円を超えてしまいます。

予算を抑える方法

目的地への移動費を抑えるにはLCCを利用

予算を抑えるには大きな費目を小さくするのが効果的です。次の表は東京-沖縄間の航空券の料金をまとめたものです。次の料金表をもとに紹介します。

東京-沖縄間の航空券の料金
旅行の予算で大きな割合を占める「移動費」はLCCを利用すれば抑えられます。ジェットスターは6,070円、バニラエアは6,160円で、JAL・ANAでもっともお得な早期購入割引75日前と比べた場合でも、3,000円程度も料金に差があります。LCCは航空券の料金がお得なものの、荷物を預けるのが有料、また座席間隔が狭いといったデメリットもあります。

やむをえず予約が直前になってしまう場合は、JAL・ANA以外で航空券の料金がお得なスカイマークやスターフライヤーなどの一般航空会社の利用をおすすめします。旅行日より3日前の段階でスカイマークの「いま得」を利用した場合、JAL・ANAより10,000円以上お得になります(※「いま得」の料金は空席予測数によって変動します)。

ジェットスターやスカイマークなどが運航していない場合は、JAL・ANAでもっともお得な早期購入割引75日前を利用すると、航空券の料金がお得になります。75日以上前から航空券を予約するのが難しい場合は、3日前と21日前で料金の差が大きいことがほとんどなので、できる限り21日前までには航空券を予約すると良いでしょう。
 
早期購入割引の予約のタイミングについては次の記事を参考にしてください
早期購入割引はどのタイミングで予約すればお得?
 

※2018年12月調査時点の料金
JAL:2019年3月6日 羽田空港6:25発-那覇空港9:10着
ANA:2019年3月6日 羽田空港15:35発-那覇空港18:20着
スカイマーク:2019年3月6日 羽田空港6:30発-那覇空港9:30着
ジェットスター:2019年3月6日 成田空港8:15発-那覇空港11:45着
バニラエア:2019年3月6日 成田空港12:15発-那覇空港15:45着

 

宿泊費を抑えるにはホテルのランクを確認

宿泊費も予算の中で大きな割合を占めます。宿泊費を抑えるには、ホテルのランクを確認すると良いでしょう。高級ホテルとビジネスホテルとでは、桁が違うほどの差が出る場合もあります。
しかし高級ホテルは高い分、立地がよかったり、観光地に近かったり、レストランや売店などがそろっているといったメリットもあります。1泊2食付プランなら、ビジネスホテルの宿泊代と朝食+夕食の合計金額で比較する必要があります。また観光地やレストランへの交通費も追加した場合、トータルではビジネスホテル利用よりも予算を抑えられる可能性もあります。

そのため、宿泊費を抑えるためにはホテルのランクに加え、その金額に何が含まれているかをチェックしてみましょう。費用は抑えたいけれどリッチな気分も味わいたいなら、ランクは下げず、そのランク内のホテルでお得なプランを探すと旅行の満足度も下がりません。
 

パッケージツアーの利用もご検討を!

往復の航空券と宿泊施設を同時に予約できるパッケージツアーも費用を抑えられる手段の1つです。パッケージツアーで検索すると移動費と宿泊費が合算で表示されます。後は予算内に収まるツアーを選ぶだけです。別々に予約するよりも料金がお得なことも少なくないので、飛行機を利用する旅行であれば、パッケージツアーの利用を検討してみましょう。

また、航空券と宿泊施設を別々に予約すると日付等に関してミスが起きてしまうこともあります。同時に予約できるパッケージツアーを利用すればそういったミスが起きにくいというメリットもあります。

さいごに

旅行の予算で大きな割合を占める移動費と宿泊費。これらを抑えることで旅行の予算を抑えることができます。移動にLCCを使ったり、ホテルのランクをチェックして、旅行をお得に楽しみましょう。

旅行に出かける方は次の記事も参考にしてください
初めての旅行計画!旅行の目的地の決め方
航空券が安い時期はいつ?お得に旅行に行けるおすすめの時期 4選

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
スターフライヤーの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
航空券予約検索
パッケージツアー予約

関連記事

相場はどれくらい?北海道旅行の予算はどのくらい必要? 北海道は国内旅行の中でも人気の高い観光スポットです。主な交通手段が飛行機ということもあ
家族で国内旅行する場合の予算の立て方と注意点 家族で国内旅行に出かける場合、なんとなく予算を立ててしまうと、旅行先で計算が合わず困
要チェック!卒業旅行の予算の立て方と注意点 旅慣れていない高校生や大学生の方は、卒業旅行にどれくらい費用がかかるのか、そもそも予算
カップルで国内旅行する場合の予算の立て方と注意点 カップルで旅行に行く際は、予算の立て方など注意すべき点がいくつもあります。今回は、カッ