ココは行かなきゃ!沖縄の観光スポット32選
2017.08.20

首里城

【エアトリよりお知らせ】
首里城正殿火災の影響により、首里城公園(有料施設を含む園内施設)は、一部施設を除き、立入制限を設けております。※2019年11月14日現在
最新情報は公式サイトでご確認ください。


 
白い砂浜、澄みきった青い海が広がる沖縄県。旅行といったら、多くの方が思い浮かべる場所ではないでしょうか。海はもちろん、手つかずの自然が残る森、独特の文化や歴史は、他では体験できない特別なものです。今回は沖縄本島から離島まで、4つのエリアに分けてイチオシの観光スポットをご紹介します。

沖縄本島北部

1.美ら海水族館

美ら海水族館

美ら海水族館は、世界最大級の大きさを誇る水槽がある水族館で沖縄観光では外せない人気スポットです。サンゴ礁が広がる浅瀬から水深700mの深海まで、沖縄周辺の海を再現。趣向を凝らした展示がされています。見どころは、全長8.7mものジンベエザメ、マンタやサメなど、黒潮の回遊魚たちが泳ぐ巨大水槽。想像以上のスケールで、海の中にいるような幻想的な気分に浸れます。

住所: 沖縄県国頭郡本部町石川424(海洋博公園内)

2.備瀬(びせ)のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

緑のトンネルに包まれる美しい散策スポット。碁盤の目のように区画された備瀬地区には、台風対策として数千本ものフクギが植えられています。なかには推定樹齢300年といわれる古木もあります。木漏れ日やサラサラ揺れる葉擦れの音を感じながら、心地よい時間が過ごせます。

住所: 沖縄県国頭郡本部町備瀬

3.ブセナ海中公園

ブセナ海中公園

ブセナ海中公園は、服を着たまま沖縄の海を観察できる、気軽に立ち寄りたいスポット。カラフルな熱帯魚が生息している海中公園区域に位置しています。24面の窓から、海の中を360度のぞくことができる海中展望塔、底一面がガラス張りのグラスボートがあり、年齢問わず手軽に海中散策が楽しめます。

住所: 沖縄県名護市字喜瀬1744-1

4.古宇利大橋(こうりおおはし)

古宇利大橋

古宇利大橋は、エメラルドグリーンの海が広がる絶景を楽しめるドライブコース。全長1,960mの橋の先には、周囲約8kmの古宇利島があります。アダムとイヴのような人類発祥の言い伝えがあり「恋島(くいじま)」とも呼ばれ、ハート岩(ハートロック)があることでも有名です。

住所: 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

5.青の洞窟・真栄田岬(まえだみさき)

青の洞窟・真栄田岬

沖縄本島有数のダイビングポイント。澄みきったブルーの海で無数の熱帯魚が泳ぎまわり、夏場は魚の行列ができるほど混雑している人気スポットです。青の洞窟のある真栄田岬の展望台からは、美しい海岸線を一望でき、2~4月には北上するクジラが見られることも。

住所: 沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1

6.今帰仁城跡(なきじんじょうあと)

今帰仁城跡

標高90~100mの丘に築かれた主城跡。琉球王国が3つに分かれていた時代の本島の北部一帯を守る要の城で、首里城とほぼ同じ規模を誇ります。高さ3~8mの城壁は、地形を生かして美しいカーブを描き、その長さはなんと1.5kmにも達します。

住所: 沖縄県今帰仁村字今泊5101

7.万座毛(まんざもう)

万座毛

沖縄本島を代表する景勝地。コバルトブルーの海に浮かぶ北部半島の山々、恩納岳などが一望できます。「万座毛」という名前の由来は「万人を座らせるに足る」。かつて訪れた尚敬王(琉球国王)が、その眺望を称賛したからといわれています。隆起サンゴの上には、美しい緑の芝や珍しい植物群落が自生しています。

住所: 沖縄県国頭郡恩納村恩納

8.金武鍾乳洞 古酒蔵

金武鍾乳洞の古酒蔵

地下約30mの鍾乳洞の中にある泡盛の貯蔵庫。長さ約270mの広い洞内には約14,000本もの泡盛がずらりと並んでいます。事前予約で鍾乳洞見学ツアーができ、5年・12年・20年の貯蔵受付も可能。メッセージを付けられるので、大切な人や未来の自分へのプレゼントにすることも。

住所: 沖縄県国頭郡金武町金武245

9.大石林山(だいせきりんざん)

大石林山

雄大な沖縄の大自然を体感できるトレッキングスポット。最大10mもの石灰岩の塔、奇岩や巨石、ソテツの群落やガジュマルがそそり立つ亜熱帯の森など、歩きながらゆっくりと楽しめます。ゆるやかなコースが設けられているので、子どもからご年配の方まで散策できます。

住所: 沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241

沖縄本島中部

1.フライトシミュレーション沖縄(FSO)

フライトシュミレーション沖縄

本格的なパイロット体験ができる施設。本来はパイロット訓練校のため、訓練用に使用されているシミュレーターを使って、本物のパイロットのスタッフが直接指導してくれます。コックピットには40以上の計器と100以上のボタンがびっしり。体験コースは、簡単な操作から高度な訓練まであり、自分好みのフライト場所、時間、天気なども選べます。

住所: 沖縄県中頭郡北谷町伊平411-3

2.ビオスの丘

ビオスの丘

沖縄らしいアクティビティを楽しめる自然植物園。亜熱帯の森の中に、美しいランの花が咲き乱れ、水辺には野鳥や昆虫たちが集う南国ムードたっぷりの場所です。ジャングルクルーズやカヌー体験、本島では珍しい水牛車での散策もできます。子どもから大人まで楽しめる魅力的な遊び方がたくさんあります。

住所: 沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30

3.残波岬(ざんぱみさき)

残波岬

沖縄本島の最西端に位置する夕陽スポット。眼下には高さ30mの断崖絶壁が約2kmに渡って続き、自然が織りなす壮大な景観が一望できます。岬の先端には美しい白い灯台が立ち、周辺には亜熱帯を代表する海岸植物が生い茂っています。遊具やレストラン、バーベキューなどの設備があるので、のんびり絶景を楽しめます。

住所: 沖縄県中頭郡読谷村宇座

4.海中道路

海中道路

全長4.75kmの絶景ドライブコース。与勝半島から離島・平安座島を結ぶ海上を走る道路です。青い空と海に包まれて、爽快なドライブが楽しめます。途中にはビーチや、海の駅「あやはし館」、海の文化資料館などの休憩できる立ち寄りスポットも。橋の先の平安座島から、浜比嘉島、宮城島、伊計島の離島が続いています。

住所: 沖縄県うるま市

5.中城城跡(なかぐすくじょうあと)

中城城跡

6つの外壁が残る琉球王朝時代の山城。標高167mの丘陵地に、丘を取り囲むように美しい曲線を描いて城壁が築かれています。はっきりした築城年代は不明ですが、14世紀頃といわれています。何度か増築を繰り返した痕跡があるそうで、時代ごとに異なる3種類の石積みを見ることができます。

住所: 沖縄県中頭郡中城村泊1258

6.普天満宮(ふてんまぐう)

普天間宮

沖縄県中部最大の聖地。王府から特別扱いされた琉球沖縄八社のひとつです。境内には全長約280mの横穴洞穴があり、洞内に幅15m・高さ6mの広場があります。その広場は「奥宮」と呼ばれ、御神体を祀る拝所となっています。航海安全、五穀豊穣、商売繁昌など諸願成就の神様として崇拝されています。

住所: 沖縄県宜野湾市普天間1-27-10

7.体験王国 むら咲むら

体験王国むら咲むら

101種の体験ができるテーマパーク。シーサーや空き缶などを利用して作るかんから三線、息を吹き込んで形どる吹きガラスなどの伝統工芸をはじめ、衣装をまとってエイサーや琉球舞踊体験、サンゴや貝殻を使ったビーチクラフト創作まで豊富な体験メニュー勢ぞろい。1万5,000坪の広大な敷地内は、灰岩の石畳など華やかな琉球王朝時代の風景が再現されています。

住所: 沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1

8.美浜アメリカンビレッジ

美浜アメリカンビレッジ

アメリカの西海岸をイメージしたシーサイドタウン。観覧車などのアミューズメントをはじめ、レストランやカフェ、トレンドショップまで勢ぞろいした人気の観光スポット。近隣に北谷公園やサンセットビーチがあるので、レジャーもグルメもお買い物も一度に楽しめます。

住所: 沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1

沖縄本島南部

1.おきなわワールド 文化王国・玉泉洞

おきなわワールド

沖縄の歴史・文化・自然をまるごと体感できる沖縄屈指の観光スポット。東京ドーム4個分の広い施設内では、活気あふれるエイサーや獅子舞などの伝統芸能のショー、古民家を移築した琉球王国城下町での工芸体験が楽しめます。ハブ博物公園、熱帯フルーツ園など見どころがいっぱいで、なかでも全長約5kmの鍾乳洞・玉泉洞(ぎょくせんどう)は必見。

住所: 沖縄県南城市玉城字前川1336

2.久高島(くだがじま)

久高島

琉球誕生の伝説が残るパワースポットで、「神の島」と呼ばれています。琉球の創始神・アマミキヨが降り立った地とされ、島全体が聖地として崇められています。周囲8km程の細長い平坦な島なので、レンタサイクルでの散策がオススメ。本島の安座真港から高速船(約15分)またはフェリー(約25分)で行くことがでます。

住所: 沖縄県南城市知念字久高

3.ガンガラーの谷

ガンガラーの谷(ケイブカフェ)

鍾乳洞が崩れてできた広大な谷間。亜熱帯の森の中には、悠久の時が生んだ造形美、崖上から根をはる巨大なガジュマル、古代人の居住跡などがあり、沖縄の深い歴史を体感できます。入口の鍾乳洞カフェ「ケイブカフェ」以外の場所に入るには、予約制ツアーへの申し込みが必要です。ツアーでは、約1㎞を専門ガイドが案内してくれます。

住所: 沖縄県南城市玉城字前川202

4.旧海軍司令部壕(きゅうかいぐんしれいぶごう)

旧海軍司令部壕

戦争の傷跡が残る歴史スポット。1944年、米軍との持久戦を続けるための地下陣地として、日本海軍設営隊によって掘られたカマボコ型の横穴です。当時は4,000名もの兵士が収容されていたそうです。約300mの一部が一般公開され、司令官室、作戦室などが見学できます。

住所: 沖縄県豊見城市字豊見城236

5.首里城

首里城

約450年続いたといわれている琉球王国の栄華を象徴する世界遺産。沖縄戦で焼失したものの、1992年に国営公園として復元されました。いくつもの城門を通ってたどり着く正殿は、琉球王国最大の建築物です。中国と日本の文化がミックスした独特の建築様式や石組み技術、朱色が美しい守礼門(しゅれいもん)など、どれも見ごたえがあります。

住所: 沖縄県那覇市首里金城町1-2

6.壺屋やちむん通り

壺屋やちむん通り

沖縄の焼物が揃う街。「やちむん」とは、沖縄の言葉で”焼物”という意味です。約300年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶窯をこの街に集めたといわれています。石畳や石垣、赤瓦の屋敷など風情あふれる素朴な街並みには、窯元や販売店、ギャラリー、飲食店が軒を連ねています。

住所: 沖縄県那覇市壺屋

7.ひめゆりの塔

ひめゆりの塔

平和の尊さを未来へつなぐ貴重なスポット。日本で唯一住民を巻き込んで繰り広げられた沖縄戦では、女学生・ひめゆり学徒が看護要員として動員され、多くの尊い命が奪われました。慰霊塔である「ひめゆりの塔」近くでは壕の実物大模型が見学でき、隣接する「ひめゆり平和記念資料館」では平和について学ぶことができます。

住所: 沖縄県糸満市字伊原671-1

8.斎場御嶽(せーふぁーうたき)

斎場御嶽

琉球王国の最も格の高い聖地。神が宿るとされる自然のままの樹木や岩山は、祈りの場として聖域とされ「御嶽(うたき)」と呼ばれています。6つの拝所があり、なかには首里城内の部屋と同じ名前が付けられている拝所があることから、国家的に重要な場であったといわれています。寄り添う2枚の巨岩の洞門からは「神の島」といわれる久高島を望めます。

住所: 沖縄県南城市知念字久手堅

宮古・八重山諸島

1.ジャングルクルーズ【西表島】

ジャングルクルーズ(西表島)

島の約9割が亜熱帯型のジャングルに覆われる秘境で、ワイルドなアクティビティを満喫できます。西表島は本島に次ぐ県内2番目に大きな島で、固有の希少生物が棲息しています。日本最大級のマングローブ群を遊覧するジャングルクルーズが人気で、手軽なクルーズ船、アクティブなカヌーやシーカヤックなどで冒険が楽しめます。

住所: 沖縄県竹富町

2.ニシ浜ビーチ【波照間島】

ニシ浜ビーチ

透明度が極めて高く、独特の青い輝きを放つ八重山屈指のビーチ。その美しさは「ハテルマブルー」と称され、真っ白な砂浜が1km以上続いています。「果てのウルマ(サンゴ)の島」を語源とする波照間島は、日本最南端の有人島。島の南端には、星空観測タワーや日本最南端の碑があります。

住所: 沖縄県竹富町波照間

3.水牛車【竹富島】

水牛車(竹富島)

白砂が敷き詰められた道には、赤瓦の屋根や石垣など昔ながらの沖縄風景が残る竹富島。色鮮やかなブーゲンビリアが咲く美しい集落を、三線の音を聞きながら、水牛車に乗ってのんびり散策が楽しめます。石垣島から高速船で約10分とアクセスがよく、八重山屈指の観光スポットです。

住所: 沖縄県竹富町竹富

4.東平安名崎(ひがしへんなざき)【宮古島】

東平安名崎

宮古島の最東端に位置する絶景スポット。海に突きだした長さ約2kmの岬から、左に太平洋、右に東シナ海が眺望でき、雄大な紺碧の海がどこまでも続いています。整備された遊歩道の周辺では、一年中希少なテンノウメ群落が広がり、テッポウユリや月見草など美しい花々が咲き乱れます。

住所: 沖縄県宮古島市城辺

5.海底遺跡【与那国島】

海底遺跡

日本最西端に位置する、黒潮の荒波と断崖絶壁に囲まれたロマンあふれる与那国島。ここには、いまだ解明されていない謎の海底地形があります。ダイビングやシュノーケリングはもちろん、手軽なグラスボートで不思議な巨大遺跡を見学できます。

住所: 沖縄県八重山郡与那国町

6.川平湾(かびらわん)【石垣島】

川平湾

石垣島随一の景勝地。9つの小島が点在する入り江からは、澄みきった青い海と白い砂浜、深い緑の小島が一望できます。思わず入りたくなるほど美しい海ですが、潮流が激しいため海水浴はできません。その代わりに水着に着替えることなく、グラスボートで海中散策が楽しめます。

住所: 沖縄県石垣市川平

7.ハテの浜

ハテの浜

約7kmに渡って細長く続く3つの砂洲。久米島(くめじま)東側の沖合いに真っ白な砂浜が広がっています。本島から気軽に行ける離島のビーチで、海水浴やシュノーケリングが満喫できます。ハテの浜へは泊フィッシャリーナからツアーボードで20分程度。人気なので事前予約を忘れずに。

住所: 沖縄県島尻郡久米島町謝名堂 沖合い

さいごに

自然も文化も歴史も、どれをとっても魅力が尽きない沖縄県。ここにしかない絶景や体験が盛りだくさんです。地域によってまた違った魅力があるので、何度訪れても心躍るステキな場所。パスポートのいらない楽園へ、出かけてみてはいかがでしょうか。

那覇空港発着の航空券検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

成田空港発着の航空券検索
関西空港発着の航空券検索

関連記事

歴史も自然も満喫したい!那覇の観光スポット12選 沖縄観光で外せないエリアといえば、那覇。レンタカーがなくても、那覇空港直結のモノレール
ビーチ以外も満喫!久米島のおすすめの観光名所13選 久米島は、沖縄本島から飛行機で30分、沖縄のもっとも西に位置する島です。ハテの浜をはじ
思わず撮りたくなる!沖縄の絶好の写真スポット10選 沖縄には、キレイな海を撮影できる「残波岬」や雄大な自然を撮影できる「慶佐次川」、また歴
世界遺産の1つ!琉球王国のグスク及び関連遺産群をご紹介 琉球独自の文化的・歴史的価値などを背景に、2000年12月、世界遺産(文化遺産)に登録