機内設備が充実!スターフライヤーを利用するメリットをご紹介!

2017.12.31

飛行機

ブラックカラーの機体で知られるスターフライヤーは、北九州や福岡など西日本間を運航する航空会社です。JALやANAよりも安く航空券を予約できるうえ、設備やサービスに定評があります。今回は、スターフライヤーを利用するメリットをご紹介します。

広々とした座席間隔

スターフライヤーは座席間隔が広いのがメリットです。スターフライヤーが使用している機材は「AIRBUS A320型機」ですが、ANAやJALなどほかの航空会社が同機材で最大180席設置しているのに対して、スターフライヤーは150席のみ設置。座席が30席も少ないため、その分機内にゆとりが生まれ、それに伴い座席間隔も広めとなります。身体の大きな男性はもちろん、大人の方すべてにとってメリットといえるでしょう。

さらに、機体のブラックカラーと同様、全席ブラックのレザーシートで統一。広々としたシートに座って、リッチな気分で空の旅が楽しめます。

機内設備が充実

スターフライヤーは機内設備も充実しています。全席にタッチパネル式液晶モニターを装備し、電源コンセント、USBポートも設置されています。機内でパソコンを充電しながら作業できるので、急な出張時にも対応できるのではないでしょうか。また、携帯用充電器の無料貸し出しサービスがあるので、自分で持ってきた充電器をスーツケースに入れてしまった方も安心です。

液晶モニターはビデオ・オーディオ合計20チャンネルあり、ドラマや音楽、お笑い、アニメなど、幅広いジャンルを取り扱っています。モニターは好みの姿勢で見られるよう角度調節もできます。

無料の機内サービス

スターフライヤーでは、国内線の数時間の空の旅でも無料のドリンクサービスがあります。コーヒーをはじめ、青森県産りんご100%ジュース、温かいお茶、冷茶、ミネラルウォーターなどを用意。なかでもタリーズと共同開発したオリジナルブレンドコーヒーには、相性抜群のビターチョコレートが付いてきます。さらに、一部の路線限定で、オニオンスープなどの温かいスープも提供しています。

また、子ども向けの機内サービスがあり、絵本の貸し出し、ミルク作りのお手伝いなどもしてくれます。小さなお子様連れのファミリーにとっては利便性の高いサービスといえるでしょう。

東京圏はすべて羽田空港発着

スターフライヤーは、北九州や福岡、関西など、主に西日本間を運航しています。東京周辺から飛行機に乗る場合、成田空港か羽田空港かというのは大きな問題となりますが、スターフライヤーはすべて羽田空港発着。羽田空港ー福岡空港(1日往復16便)、羽田空港ー関西空港(1日5往復10便)など、運行本数も充実しているため、早朝便、深夜便でも利用しやすいのではないでしょうか。都心部の方にとっては、時短ができる羽田発着というのは最大のメリットでしょう。

さいごに

運賃は比較的お手頃にもかかわらず、設備やサービスが充実しているスターフライヤー。たとえ数時間の移動でも、ゆったりした座席でくつろげるのが魅力です。無料のドリンクを味わったり、液晶モニターで自分好みのコンテンツを楽しんだり、高級ラウンジのような黒いレザーシートで睡眠をとったりと、自分スタイルの快適な空の旅が楽しめます。まだ利用したことのない方は、漆黒の機体がトレードマークのスターフライヤーに乗って、どこか旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

スターフライヤーの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
北九州空港発着の航空券検索

関連記事

JAL・ANAよりもお得!スターフライヤーの関西国際空港までの料金は? スターフライヤーは北九州空港を拠点に置く航空会社で、九州地方を中心とした路線を運行して
ANA・JALよりお得!スターフライヤーの羽田-山口宇部間の料金はいくら? スターフライヤーは北九州空港を拠点に置く航空会社で、羽田空港-山口宇部空港間の便を運行
福岡発着!スターフライヤーの名古屋(中部国際空港)までの料金、運行本数は? スターフライヤーは、北九州空港を中心とした路線を運行している航空会社です。スターフライ
運行本数が多い!スターフライヤーの羽田-北九州間の便を利用した航空券の料金は? スターフライヤーは九州を中心として、全国さまざまな路線を展開している航空会社です。羽田