Jetstar航空の魅力に迫る!人気の秘密は?
2018.01.11

旅行や出張など、飛行機を利用するときに悩みがちなのが航空会社選びです。予算を安くしたい人にとって、リーズナブルな値段のローコストキャリア、いわゆる「LCC航空会社」は気になる存在ではないでしょうか。LCCのなかでも、Jetstar航空はコストを抑えつつ快適なサービスを実現していると話題になっています。その気になる内容や魅力について情報をまとめました。

Jetstar航空の歴史や人気のポイント

Jetstar航空を利用する大きなメリットのひとつ、それがローコストで空の旅を楽しめるという点です。旅行に出かけたいと考えたときに、航空チケットの値段がネックになってしまい、旅行を諦めたという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。こうした顧客のニーズをくみ取り、ローコストで旅を楽しめるよう誕生したのがJetstar航空です。Jetstar航空は、2004年にカンタス航空の子会社として設立されました。リーズナブルな値段で快適な旅を楽しめるとオーストラリアで大きな評判を呼び、2012年にはオーストラリア・太平洋地域において「ベスト・ローコストエアライン賞」を受賞しています。Jetstar航空はフルサービスキャリアと契約し、提携しているのも特徴です。LCCに多い例として、乗り継ぎが必要な場合には別々の航空会社を利用するため、乗客はチケットを2枚手配しなければならないという問題がありました。しかし、ほかの航空会社と手を結ぶことにより、1枚のチケットで目的地までたどり着けるというサービスを実現させたのです。このように、リーズナブルな値段設定ながらも快適な旅をバックアップしてくれる点が、高い人気を集めているポイントだといえるでしょう。

Jetstar航空で受託手荷物は預けられるのか

“Jetstar航空では、予約したプランにより受託手荷物を預けるときの値段が異なります。国際線のビジネスクラスを利用する場合、30kgまでの料金が含められているため無料で荷物を預けることが可能です。予定よりも荷物が増えてしまった場合には、さらに追加料金を支払うことで40kgまで荷物を預けることができます。エコノミークラスの場合は、有料で40kgまで荷物を預けることが可能です。どちらも1個あたりの荷物重量は32kgまでという決まりが設けられています。空港でチェックイン時に受託手荷物を依頼することも可能ですが、十分な輸送スペースを確保できないというケースもあります。そのため、予約時に同時申し込みをしておくと安心でしょう。
参照元
http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/checked-baggage”

機内への持ち込み手荷物について

“ビジネスクラス・エコノミークラス、それぞれ機内に持ち込める重量が異なります。ビジネスクラスは14kgまでの重量でキャリーケースが2個、ハンドバッグなどの手回り品が1個の合計3個まで持ち込み可能です。エコノミークラスは7kgまでの重量でキャリーケース、手回り品1個の合計2個までの持ち込みになります。サイズや重量に規定があるので、それを超えてしまう場合には受託手荷物として手配が必要です。手荷物は前の座席の下、または頭上の収納棚に入るものに限られています。動物の持ち込みも禁止となっているので、予約前にチェックしましょう。
参照元
http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/carry-on-baggage”

選べる3つの運賃タイプ!自分に合ったものを選んで快適な旅を

“Jetstar航空の運賃プランは、ビジネスクラスの「Business」とエコノミークラスの「Starter」の2種類があります。そこにさまざまな特典が付いたセットプランも用意されており、快適な旅をサポートしてくれます。オプションは「ちゃっかりPlus」「しっかりMax」「フレックスBiz」の3種類です。それぞれサービスが異なるので、自分に適したものを選ぶことがポイントです。「ちゃっかりPlus」は、受託手荷物サービスや一部を除いた座席の指定が可能です。飲み物や予約制の食事サービスまでつき、リーズナブルながらも充実した内容が魅力です。搭乗者名の変更や日時変更の手数料が無料など、万が一のときにも安心のオプションになっています。さらにサービス内容が充実している「しっかりMax」は、「ちゃっかりPlus」の内容に加えて払い戻しなどのサービスが受けられます。優先搭乗や全席指定が可能です。「フレックスBiz」は同日のフライト変更が無償というのが大きな特徴。しかし、出発当日に限られますので注意しましょう。予約のキャンセルや払い戻しができるなど、土壇場で予定が変更してしまいやすいビジネスシーンにうってつけの内容になっています。
参照元
http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/optionset”

乗客の気持ちに寄り添う「こだわり」が詰まったJetstar航空

金額がネックで旅行に出かけることが難しいという人も、リーズナブルなJetstar航空ならぐんと選択肢が広がるはずです。運賃プランやオプション内容など、自分にとって無駄のない選択ができることは大きなメリットになります。さまざまなシーンに対応してくれるJetstar航空を利用し、快適な空の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

違いはここにあり!ANAとJAL徹底比較! 旅行の目的地や出張で向かう先は決まったものの、ANAとJALのどちらを利用しようか迷っ
飛行機の座席はクラスによってこんなに違う ビジネスクラスとファーストクラスは、飛行機に乗る前から待遇が違う エコノミーとは料金自体
国際線で最上級のクラス!ファーストクラスとは? 一度は乗ってみたい憧れの国際線ファーストクラス。とりあえずリッチなイメージはあるものの
意外と安い!?国内線、JALのファーストクラスで優雅な旅! 追加料金を払えば、普通席よりも豪華な空の旅を楽しむことができるJALのファーストクラス