奈良を代表する和菓子おみやげ5選!
2018.01.11

古都というと京都を思い浮かべる方々も多いかもしれませんが、奈良も日本を代表する古都です。修学旅行で行ったなーという方も多いのではないでしょうか。京都の平安京に首都が移る前は奈良の大和が首都でした。世界文化遺産も多く、歴史を感じることができます。また、歴史という観点だけではなく、大阪府、京都府が近く、ベッドタウンとして近年注目を浴びています。
そんな奈良のおみやげというと、「奈良漬け」「柿の葉寿司」がよく出てくると思いますが、それだけではありません。実は、魅力的な和菓子もたくさんあります。
今回は、奈良のおみやげとして人気の和菓子を厳選して5つご紹介します。

☆奈良の歴史を十二分に楽しめる!「吉野本葛天極堂 葛もち」

創業140余年の老舗吉野本葛天極堂の葛餅は、伝統製法で作り続けられている「古葛」を贅沢に使った葛餅です。まるで、できたてのような食感と喉ごしをお楽しみいただけます。冷やして食べると、一段と弾力が増します。おすすめの食べ方として、まずはそのままの味を楽しみ、次にきなこ、黒蜜をお好みでかけてお召し上がりください。しっとりモチモチの葛餅ときな粉、黒蜜の相性は抜群です。おみやげに買っていってみてはいかがでしょうか。

☆ふるふる震えてトロっと溶ける「千寿庵吉宗 わらび餅」

「奈良のわらび餅」といえば、真っ先に名前が上がる「千寿庵吉宗のわらび餅」。こちらのお店のわらび餅は、内閣総理大臣賞を受賞したことでも有名です。ぎりぎりでこの形を保っているのではないかというぐらい柔らかく、ぷるぷるな食感です。甘すぎず、程よい甘さで、甘いものが苦手な方でもおいしく召し上がれる一品です。レンジで温めて食べる「わらび餅」と賞味期限が3日しかない「生わらび餅」の2種類があります。奈良観光の思い出に自宅用に買って帰ってもいいのではないでしょうか。

☆あの豊富秀吉も唸った「本家菊屋 御城之口餅」

こちらの本家菊屋は創業400年をこえる、奈良でもっとも歴史をもつ老舗和菓子店です。「御城之口餅」の始まりは、豊臣秀長が兄である豊臣秀吉をもてなすために作ったのが始まりであるといわれています。餅で粒餡をくるみ、上からきなこをかけている一口サイズの和菓子です。餅米から餅を作っており、上品な味が口いっぱいに広がります。奈良では知らない人がいないほど、老若男女に愛されている和菓子です。奈良のおみやげといえば、これで決まり。そんな歴史ある和菓子はいかがでしょうか。

☆贅沢をお口のなかで独り占め! 「フレッシュバターみかさ」

北海道十勝産の小豆にこだわり、餡をつくる釜にもこだわりぬいた自家製餡は、こだわったからこその豊かな風味です。自家製餡にバターを加えた贅沢などら焼きを職人さんが丁寧に焼きあげます。バターのコクとこだわりの餡の豊かな風味がマッチして、深い味わいになっています。素材、製法にこだわりぬいた贅沢などら焼きはやみつきになること間違いなしです。ぜひ、奈良のおみやげにどうぞ。

☆懐かしい味わいが広がる「たまうさぎ きなこだんご」

たっぷりのきな粉がまぶされているモチモチなおだんご。モチモチだんごとたっぷりのきな粉が絡みあい、ついつい癖になってしまう味わいです。サイズも一口サイズなので、もう一個もう一個とどんどん口に運んでしまいます。値段は一本あたり77円と値段もお手頃です。
奈良の名店「だんご庄」出身の方が営んでいるお店で、製造工程は全て手作業。
シンプルなおだんごですが、きな粉好きにはたまりません。

「奈良漬け」「柿の葉寿司」以外にも、素敵なおみやげがたくさんあります。奈良といえば、東大寺、法隆寺と歴史的な建物が多く、日本の歴史を感じさせる県です。そんな魅力的な奈良での思い出話と一緒に日本の歴史を感じさせる和菓子をおみやげに買っていってみてはいかがでしょうか。

関連記事

奈良の歴史・自然を堪能したい!奈良のおすすめ観光スポット21選 奈良には数多くの観光スポットがあるため、どこに行くべきか迷っている方も多いのではないで
悩んだらこれ!喜ばれる京都のおすすめおみやげ5選 京都には素敵なおみやげがたくさんあって、何を買ったら良いか悩みますよね。お菓子にするか、
北海道のおみやげベスト5!本当に喜ばれるおみやげはコレ! 北海道にはたいへん多くのおみやげがあり、いざ買う時には本当に迷ってしまいます。どれもこれ
自然の恵みや龍馬グッズの高知のおみやげ5選 四国の南側に位置する高知県は自然豊かな場所です。 太平洋に面しており、広い海岸も観光スポ