コレもらえたら絶対うれしい!島根で人気のオススメおみやげ5選!
2018.01.11

島根県は、神々の集まる神社「出雲大社」や、世界遺産の「石見銀山」、国宝になった「松江城」、山陰を代表する温泉の「玉造温泉」など、何度でも行きたくなるような旅の魅力がいっぱいです。
今回はそんな魅力たっぷりの島根県で特に人気が高いイチ押しのおみやげについて5つご紹介いたします。

☆お茶といっしょにいただきたい!上品な甘さの「若草」

創業140年の伝統ある和菓子店「彩雲堂」の代表的な銘菓である「若草」。奥出雲・仁多地方で取れる最良のもち米を使用した若草色の求肥に、和三盆を使った色鮮やかな薄緑の寒梅粉をまぶしたお菓子です。弾力があって歯切れがよく、モチモチの求肥は、上品な味わいが特徴です。
また季節にもよりますが、10日から15日、日持ちするところもおみやげとしておすすめのポイントです。

☆ひょうきんな表情が愛らしい!「どじょう掬いまんじゅう」

創業1686年(貞享3年)という老舗「中浦本舗」で作られている「どじょう掬いまんじゅう」。こちらは、安来節に合わせて踊る「どじょう掬い踊り」に使用するひょっとこのお面をモチーフにしてつくられた島根および山陰地方を代表する銘菓です。
ミルク風味の皮に白餡の入ったおまんじゅうは、昔ながらの上品な味わいが特徴。青い水玉の手ぬぐいを頭に巻いた様子がとってもユニークで可愛らしく、おみやげにぴったりです。3時のおやつにもちょうどいいサイズです。

☆形も色もそっくり!「しじみマドレーヌ」

島根県松江市のシンボルである宍道湖で獲れる、漁獲量日本一の「しじみ」を模したインパクト大のスイーツ『しじみマドレーヌ』。
種類は「プレーン」と「リアル」の2種類があります。「プレーン」は、レモンの風味がしっかりと効いていて、あっさりとした美味しさ。「リアル」は、竹炭パウダーとしじみエキス入りで、見た目をそっくりに仕上げています。気になるお味ですが、しじみの味はしないそうで、竹炭のほのかな苦みが甘さを引き立ててくれています。どちらの味とも日本茶とも紅茶とも相性バッチリです。

こちらは、玉造温泉からほど近くに位置する「ケーキハウス アガート」で購入できます。

☆日本三大蕎麦のひとつ!「出雲そば」

長野の戸隠そば、岩手のわんこそばとともに「日本三大蕎麦」のひとつとされている「出雲そば」。こちらのそばは、「献上そば」という伝統を守り、そばの実を殻ごと石臼で挽きこんでいるため、色黒で香りが高く、腰が強いのが特徴です。
数多くあるそば屋のなかでも「献上そば 羽根屋」は、江戸時代創業の老舗。地元の方からも愛される「出雲そば」の名店で、おみやげ用に「干しそば」や「半なまそば」、「そば粉」の用意があります。本格的な「出雲そば」をご家庭で味わえるため、おみやげにも喜んでもらえること間違いなしです。JR出雲駅から徒歩5分ほどの場所にある本店は、アクセスにも便利ですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

☆あごが落ちるほどうまい!みずみずしい触感の「あご野焼き」

「あご野焼き」の「あご」とは、飛魚(とびうお)のこと。「あごが落ちるほどうまい」ことからそう呼ばれたと言われています。
島根県の県魚に指定されている「あご」。そのあごの身をすりつぶし、地酒を合わせて丁寧に焼き上げたのが、「あご野焼き」です。香ばしい焼き上がりは、おつまみとしても最適でおみやげにぴったりです。

いかがでしたか。島根県ならではの自然の恵みを活かした名産品も数々あり、どれも魅力的なおみやげばかりだったのではないかと思います。今回紹介しきれなかったおみやげが、島根にはまだまだあります。
ぜひ一度、島根の魅力に出会いに足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

名産品からお菓子まで!出雲空港でおすすめのお土産まとめ 出雲空港は島根県の県庁所在地である松江市から車で約40分のところにあり、東京や名古屋、
縁結びの神様で有名!出雲大社の見どころ・楽しみ方 出雲大社は、その創建を日本神話などに語られる伝承にまでさかのぼることのできる最も重要な
歴史と神話ゆかりのスポットが点在!松江の観光スポット11選 「出雲縁結び空港」から空港連絡バスで約30分のところに位置する松江は、国宝・松江城をは
自然を満喫!島根の観光スポット13選 神々が集まる国、出雲の国。神無月である10月、神々が集まるといわれていることから出雲地