迷ったらこれにしよう!千葉のおみやげベスト5!
2018.01.11

千葉への旅行や出張でおみやげに悩んでいませんか?名産品や昔からの定番のおみやげ、見れば見るほど悩んでしまいますよね。千葉と言えば落花生が有名ですが、落花生のお菓子だけでもたくさんあるので、どれにしたら良いのかわからなくなる人も多いのではないでしょうか。ここでは、千葉でおすすめのおみやげを5つご紹介します。

☆地元でも人気の「千葉ミルフィーユ」

パリッとしたパイ生地にホワイトチョコとフリーズドライのイチゴの粒が挟まった、千葉県民の間でも人気のお菓子です。甘いホワイトチョコに千葉県産のフリーズドライのイチゴの甘酸っぱさが絶妙なバランスを生み出していて、その美味しさで人々を魅了しています。昔からある定番のおみやげというわけではないですがその味にリピーターも多く、パイ生地の苦手な人も美味しく食べることができると評判です。

☆千葉県産落花生100%の「落花生パイ」

千葉県特産の落花生を100%使った落花生パイは、蜜で漬けた落花生の入った特製餡が入っています。おみやげとして定番の落花生パイですが千葉県民にも定評があり、一度食べたら病みつきになると自宅でのお茶の時間に常備している家庭もあるようです。おみやげとして愛されるだけではなく、お遣い物としても選ばれているお菓子です。

☆見た目もかわいい「ぴーなっつ最中」

落花生の形をした最中の中に、ピーナッツの甘煮の練りこまれた餡が入っています。このぴーなっつ最中はパッケージも可愛らしいので千葉県のおみやげとして人気があります。一つ一つボリュームがあるので、ひと箱買って職場のみんなに配るということもできますし、一つ食べると満足感があるので喜ばれるのではないでしょうか。このぴーなっつ最中が好きで、旅行や出張に行く人にはぴーなっつ最中を必ずリクエストする、という人もいるようです。一度食べると病みつきになってしまうという人も多いのでは。

☆職人さんの技が光る「ピーナッツサブレー」

千葉県のおみやげとして定番なのがピーナッツサブレーではないでしょうか。サクッとした歯ごたえと素朴な味わいが人気のお菓子です。安心できる味なので何枚でも食べたくなってしまいます。千葉県産のピーナッツを使って職人さんが一枚一枚丁寧に焼き上げています。その日の気温や湿度で職人さんが焼き加減を変えており、季節・気温関係なくピーナッツサブレー独特の食感を維持しています。

☆昔からの定番お茶うけに「蔵六餅」

甘いものが好きな人にはたまらない、蔵六餅は千葉県のおみやげとして不動の人気があります。これは餅入りの最中で、昔からある定番のお菓子です。この土地が末永く発展しますようにと願いを込めて作られたお菓子ということで地元民にも愛されており、昔からお遣い物や手みやげとして愛されてきました。白あん、こしあん、つぶあんの3種類があり一つ一つ手作りで作られています。重厚感があるのでお茶の時間に出されると嬉しい最中です。

千葉県には地元民にも愛されるお菓子がたくさんありますので、いろいろ食べ比べてみるのも旅の醍醐味と言えるのではないでしょうか。成田空港もありますので、格安航空券を予約して千葉県を観光してみるのもいいですね。国内旅行では飛行機を利用すると移動時間も短く、すぐに観光ができるのでおすすめです。電車から見る景色も素晴らしいですが、飛行機からの景色もまたわくわく感が味わえますし、旅行先への期待感も高まります。格安航空券での国内旅行なら時間短縮と移動費の節約にもなりますので、千葉の名産品をたくさん楽しむこともできるでしょう。千葉県での楽しかった思い出を、いつもお世話になっている職場の仲間や家族にもおすそ分けしてあげてくださいね!

関連記事

千葉の観光なら外せない!鉄板の名所から穴場まで千葉の観光スポット27選! 「千葉観光といえば?」ディズニーランド、が真っ先に浮かんできそうですが、もちろん千葉の
料金は?アクセスは?千葉県立美術館の見どころをご紹介 千葉県立美術館では、近代日本洋画の先駆けとされる浅井忠やバルビゾン派などの美術品を収蔵
北海道のおみやげベスト5!本当に喜ばれるおみやげはコレ! 北海道にはたいへん多くのおみやげがあり、いざ買う時には本当に迷ってしまいます。どれもこれ
自然の恵みや龍馬グッズの高知のおみやげ5選 四国の南側に位置する高知県は自然豊かな場所です。 太平洋に面しており、広い海岸も観光スポ