購入必死!!茨城の人気おすすめおみやげランキングTOP5
2018.01.11

茨城県の特産品やおみやげといったら皆さんどんなものを想像されるでしょうか?実は、茨城にはみなさんがまだまだ知らない、全国的に多くのファンがいる人気おみやげがあるのです。そこで今回は、茨城県の定番からご当地スイーツまで、買いたくなるおみやげTOP5をご紹介したいと思います。

☆第5位:茨城通も唸る老舗納豆『天狗納豆(てんぐなっとう)』

茨城水戸といえば、納豆!それをイメージされる方も多いのではないでしょうか?昔から今まで、多くの方に愛される茨城の名産品として有名なのが「天狗納豆」です。その名の通り、天狗の顔がトレードマークでパッケージにも印刷されているため、おみやげ屋さんなどで一度見かけたら記憶に残りますよね。天狗納豆の特徴は、小粒ながらも程よい歯ごたえと強い粘りと旨味があり、口に含むと香ばしい納豆の香りが楽しめることから、一口目は納豆だけで味わって欲しい一品です。天狗納豆で特に有名なのが創業から100年以上納豆を作り続けている老舗の名店「水戸元祖天狗納豆」。一つ一つ丹精込めて作られた、伝統製法による藁(わら)納豆が有名で、人の手で丁寧に吟味し、作られるその納豆のファンは全国に多くいます。もちろん手軽なパック納豆もありますので、お土産にも自宅用にもお試しいただきたい一品です。

公式HP「水戸元祖天狗納豆」
http://www.tengunatto.com/kodawari.html

☆第4位:茨城のトレンド商品『なめてみそ納豆みそ』

「なめてみそ納豆みそ」は2014年に茨城県内10ヶ所の道の駅から発売された商品です。茨城を代表する特産品の干し納豆、赤ねぎ、赤味噌を用いたおかず味噌として、茨城らしさを表現した商品になります。ビンに詰められた濃厚な味わいのある味噌は、温かいご飯やおにぎり、お弁当にはもちろん、冷奴やマヨネーズに混ぜてドレッシング風にして、スティック野菜へのディップソースなどにも相性抜群です。2013年の、茨城県のキャッチフレーズ「なめんなよ♡いばらき県」をモチーフにしたネーミングで「一度舐めてみてください」という意味を込めたユーモア性の含まれた商品名が県外からの観光客がお土産用や自分用に購入される方が多くいます。

茨城道の駅HP「なめてみそ納豆みそ」
http://www.ibarakiken.or.jp/i-michinoeki/namemiso/nametemiso.html

☆第3位:帰ってきた伝説の茨城県産プリン「おみたまプリン」

おみたまプリンは旧小川町商工会が茨城空港開港に向けての町おこしプロジェクトとして企画した商品です。2005年に販売され、当時民放で紹介されてから徐々にその濃厚で贅沢なプリンの口コミが広まり、4個で2,060円(税込)、つまり1個500円という一般的なプリンとしては高額ながらも販売から数分で完売してしまうほどの人気商品となりました。その後、予想外の売れ行きと諸事情により一時販売はストップとなりましたが、根強いファンの要望とより多くの方に食べてもらえるようにということから、これまでよりも手にとってもらいやすい形で帰ってきました。おみたまプリンのその魅力は、茨城県産の上質な素材の中からより優れた素材を厳選し、熟練のパティシエが3年かけて作り上げた究極のプリンです。平飼い卵とノンホモ牛乳を使用したプリンの中身は自然にできるクリーム層とプリン層に分かれ、カラメルははいっていません。その濃厚な味わいとなめらかな口当たりに芸能人や著名な方々にもファンが多くいらっしゃいます。おみたまプリンを購入したいという方は、小美玉市のアンテナショップや茨城県内の販売会や物産展、全国各地の物産展などで購入することが可能です。おみたまプリンの公式ホームページ「おみたまプリン.com」ではお取り寄せ通販が可能ですので、遠方の方もぜひこれを機に買われてみてはいかがでしょうか?

おみたまプリン.com

ホーム


☆第2位:茨城おみやげコンクール奨励賞受賞!「べっ甲ほしいも」

実は、意外と知られていませんが、「ほしいも」の90%以上は茨城産なのです。かつては保存食として重宝されたほしいもですが、最近では健康食品としても人気となりました。その中で「第1回茨城おみやげコンクール」で奨励賞を受賞したのが、 茨城県を代表する特産品ほしいもを用いた幸田商店の「べっ甲ほしいも」です。べっ甲色のしっとりした色と食感が特徴で、歯触りやさしく召し上がっていただけます。公式HPではほしいもギフトを購入することもできるため、遠方の方にもシンプルな味わいにほっとする茨城の特産おみやげ「べっ甲ほしいも」をいかがでしょうか。価格は平切りべっ甲ほしいも180gで680円(税込)です。

株式会社幸田商店公式HP
http://www.k-sho.co.jp/

☆第1位:メロンとバームクーヘンのコラボ「メロンバーム・メロンバームプレミアム(ファームクーヘンフカサク/深作農園)」

実は、茨城県はメロンの生産量が日本一多い県だということを知っていますか。その生産量日本一の県、茨城のメロン農家で作られたメロンとバームクーヘンをコラボレーションさせたのが、今メディアに取り上げられ、大注目の新感覚スイーツ「メロンバーム」です。
メロン一個分のメロンピューレ(約1,000g)を使い、15層におよぶバウムクーヘンの各層にメロンの果肉をはさみ、外側をメロンパイ生地、中心部にメロンようかんをぎっしり詰めるという洋菓子の中に和のテイストが満喫できる豪華なコラボスイーツとなっています。「茨城県がメロンの産地であることでスイーツを通じて多くの人に知ってもらいたい。」という想いから日本一の産地でできたジューシーなメロンから生まれた新スイーツ「メロンバーム」を是非一度ご賞味してみてください。

「第1回茨城おみやげコンクール最優秀賞」を受賞!
ファームクーヘンフカサク/深作農園のメロンバーム・メロンバームプレミアム
http://www.farmkuchen.com/promo/melonfarm/index.html

小さいお子さんからご高齢の方まで幅広いニーズに沿った美味しいおみやげが茨城にはあります。今回紹介したおみやげ以外にもまだまだ多くの特産品がありますので、茨城の特産品を巡る旅をしてみてもいいかもしれませんね。

関連記事

海も山も楽しめる!茨城の観光スポット15選 茨城県には「偕楽園」や「国営ひたち海浜公園」など有名な観光スポットがいくつもあります。
銘菓から特産品まで!茨城空港のお土産まとめ 茨城空港では、特産品の納豆はもちろんさまざまなお土産を購入できます。今回は、茨城空港で
北海道のおみやげベスト5!本当に喜ばれるおみやげはコレ! 北海道にはたいへん多くのおみやげがあり、いざ買う時には本当に迷ってしまいます。どれもこれ
悩んだらこれ!喜ばれる京都のおすすめおみやげ5選 京都には素敵なおみやげがたくさんあって、何を買ったら良いか悩みますよね。お菓子にするか、