山形のおみやげならこれ!おすすめ土産5選
2018.01.11

旅先でおいしいものを見つけたら、おみやげでみんなにも教えてあげたいですよね。山形で定番のおみやげから地元の人しか知らない隠れた人気の品まで集めました。おみやげ選びで迷ったときは、これを選べば間違いなし!

☆地元で親しまれる素朴なお菓子「おしどりミルクケーキ」

ケーキと名前がついていますが、その正体はカリカリとした食感の板状のお菓子です。
牛乳が主な原料となっているため食べる牛乳とも呼ばれているほどです。カルシウムもおやつとして摂れますね。そのため、お母さんが子どもに安心して与えられるお菓子として山形で長く愛されています。プレーン味のほかにも、山形らしくサクランボやラフランスなどの味わいがあります。いくつか組み合わせておみやげにすると色合いもきれいです。

☆懐かしの味わい「オランダせんべい」

どこにでもありそうなせんべいですが、山形県民に親しまれている「オランダせんべい」は60年以上変わらない製法で作られています。庄内産のうるち米で作られたごく薄いせんべいは塩味が効いて、後引く食感が魅力です。シンプルな味わいで子どもからお年寄りまで好まれています。
パッケージのレトロな可愛さも配り用のお菓子としてうれしいところ。名前のオランダが気になりますが、これは国名ではありません。なんと山形弁で「私たちの」を意味する「おらんだ」からつけられたそうです。

☆ほかのラスクと食べ比べてみて!「シベールのラスク」

お土産として人気のラスクは各地においしいものがあります。ですが、山形シベールのラスクはラスク好きにも一味違うと一目置かれています。ラスク専用に焼いた出来立てのフランスパンをそのままラスクにしているのだから、おいしくない訳がありません。さっくりカリカリの歯ざわりにほのかに香るバターの風味が相まって、幸せな気持ちになれます。
プレーン味は甘さ控えめで軽食代わりにもなります。ほかにもショコラやブルーベリーなどの季節限定フレーバーも登場しているので、気に入ったものを見つけたら逃さずお買い求めを!

☆これぞ山形名物「玉こんにゃく」

山形県の観光地やお祭りで必ずといっていいほどあるのが「玉こんにゃく」です。山形県は玉こんにゃくの消費量が日本一。イベント事となると玉こんにゃくが欠かせません。観光地などで売られているのは、歯ごたえのある玉のような丸いこんにゃくを、醤油だしで煮込んだもの。串にさして売られているので、お好みで辛子をつけていただきます。その素朴な味わいで多くの県民のソウルフードとなっています。
おみやげ用の玉こんにゃくは、たれと玉こんにゃくがセットになっています。食べ方は醤油だしで煮込んでも、田楽や煮物にしてもおいしくいただけます。最初から味がついている玉こんにゃくもあるのでお好みに応じてお好きな方をどうぞ。

☆人気急上昇の「セゾンファクトリーのドレッシング」

山形は盆地という地形で果物栽培が盛んです。セゾンファクトリーでは果物の持つ本物感や素材の良さを活かしたおしゃれで美味しいドレッシングが人気を集めています。
健康志向の人や、甘いお菓子をひかえている人へのおみやげにおすすめです。ドレッシング以外にも、果汁をぜいたくに使った飲む酢も人気を集めています。水で割ってそのまま、もしくは炭酸で割ってサワードリンクにしていただきます。飲みやすく喉をすっと下りていきます。

おみやげ選びも旅の楽しみのひとつですが、その土地でしか味わえないグルメも旅の醍醐味。山形名物の板蕎麦はお高いですが、味はそれに見合うおいしさ。蕎麦を食べに飛行機で山形へ飛ぶ、なんて格好良くないですか?格安航空券なら予算よりも安く実現するかもしれませんよ。

関連記事

群馬のご当地グルメを無料で満喫!こんにゃくパーク こんにゃくの原料“こんにゃくいも”の全国生産量の多くを占める群馬県には、ユニークな観光
自然を満喫したいなら山形に行こう!山形の観光スポット14選 自然に囲まれた場所をたくさん観光したいという方は、ぜひ山形へ旅行に出掛けてみてはいかが
山形の歴史が詰まった城址公園!「霞城公園」の見どころとアクセス方法 山形市街地を中心に山形観光をしようと考えているなら、「霞城公園」(かじょうこうえん)を
温泉だけじゃない!群馬の観光スポット21選 草津温泉をはじめ日本を代表する数多くの温泉を有する群馬県。海がない内陸の県とあって緑に