幻想的な雰囲気を楽しめる!雪の美術館の見どころ・楽しみ方をご紹介
2018.01.10

雪の美術館
「雪の美術館」は、中世ヨーロッパさながらの白亜の洋館でお姫様体験ができる施設です。今回は、旭川を代表する観光スポットのひとつである雪の美術館の楽しみ方や見どころをご紹介します。

雪の美術館ってどんなところ?

雪の美術館は、北海道旭川の大雪山連峰を望む高台に建つ白亜の洋館です。

ビザンチン建築様式を取り入れた優美な外観は中世ヨーロッパのお城のようで、内装は大雪山系の雪の結晶をイメージしたオリジナルデザインで飾られています。幻想的な雪と氷の世界を一年中楽しめる施設として1991年(平成3年)に誕生しました。その費用は建物だけで約45億円、調度品などを含めると約60億円にもなり、高級な建築資材を用い、当時の最新空調システムを完備しています。

館内には瀟洒な内装や六角形の螺旋階段があり、「氷の回廊」ではガラス越しに巨大な氷柱をはじめとする氷の造形美を眺めることができます。壁一面に雪の結晶がステンドグラスのように展示されている「スノークリスタルミュージアム」や、雪の結晶の研究に生涯を捧げた小林禎作教授の学術資料を展示する「雪の結晶美術館」もあります。

「音楽堂」では7名の画家が3カ月をかけて完成させた巨大天井画「北の空」を見ることができます。中央舞台の周囲を雪解けのせせらぎをイメージした水が流れ、200席の木製椅子が並ぶ音楽堂は、コンサートだけでなく、結婚式にも利用されています。
 

雪の美術館の営業時間・料金

営業時間

開館時間
9:00~17:00

開館日
年中無休(年末年始休館)
 

料金

大人 700円
高校・大学生 500円
小・中学生 400円
幼児 無料
65歳以上 350円(年齢を証明できるものを提示する必要あり)
 

雪の美術館へのアクセス

バス

道北バス・北海道中央バス
11番「旭川市1条通7丁目停留所」プレミアホテルCABIN手前より乗車→約15分→「高砂台入口」停留所下車→徒歩約10分
 

自動車

・旭川空港→約40分
・JR旭川駅→約15分
・旭山動物園→約30分
・道央自動車道 旭川鷹栖IC→札幌方向へ約10分
・道央自動車道 深川IC→旭川方向へ神居古潭経由で約30分

雪の美術館の見どころ

氷の造形美

雪の美術館の扉を開けると、優佳良織のタペストリー「雪の紋章」が飾られた純白のエントランスが出迎えてくれます。ビザンチン様式で建てられた館内は、大理石やシャンデリアなど、中世ヨーロッパのお城を思わせる贅沢な装飾が施されています。六角形の螺旋階段をくだった先には「氷の回廊」があります。ガラス越しに見えるのは高さ6m、幅62mの大きな氷柱。地下水を霧吹き状にして凍らせたもので、ガラスの向こうにはマイナス15℃の氷の世界が広がります。透明感のある氷が作り上げる造形美は幻想的で、雪の女王の宮殿に招かれたような気分が味わえます。

地下18mへと続いていく回廊は下に行くほど徐々に室温が下がっていき、真夏でも氷に閉ざされたダイナミックで繊細な造形美を体験できます。
 

一面のステンドグラス

スノークリスタルミュージアムには、天井まで壁一面に雪の結晶の写真約200枚がステンドグラスのように飾られています。幻想的な柔らかい光に包まれた結晶は顕微鏡で撮影したもので、気温が下がるとともに美しい六角形の氷の枝が花開いていくさまは幻想的で、無限大に変化する結晶は一つとして同じものはありません。自然が作り上げた小さな奇跡を厳かな光の中で鑑賞することができます。

雪の美術館のその他の見どころ

お姫様体験

雪の美術館では、きらびやかなドレスをまとってお姫様や王子様に変身することができます。衣装は100着以上の中から選ぶことができ、気に入ったドレスを着て中世のお城のような館内で記念撮影をすることができます。

料金は、「お姫様体験」(衣装1着レンタル・雪の美術館オリジナル台紙入り写真2Lサイズ1枚)3,240円、「お姫様体験(アクセサリー付)」(衣装1着レンタル+ティアラ、アクセサリー、グローブ、ブーケなど小物一式・雪の美術館オリジナル台紙入り写真2Lサイズ1枚)4,320円です。

また、完全予約制の「プレミアムお姫様体験」では、台紙用写真を撮影後、1時間までドレスを着て館内散策と自分のカメラで好きな写真を撮ることができます(衣装1着レンタル+小物一式・雪の美術館オリジナル台紙入り写真2Lサイズ1枚・印刷した写真データサービス1人1枚・プロ美容師のヘアーセット)10,800円。プラス2,000円(税別)でメイクもしてもらえます。
和装の「かぐや姫体験」6,480円もあり、子どもサイズのドレスやタキシードも用意され、大人から子どもまで楽しむことができます。
 

カフェでほっと一息

カフェレストラン「スノーナ」では、シェフ自ら吟味した地元の食材をふんだんに使った料理や特製スイーツ、期間限定メニューや季節のおすすめ料理などを提供しています。カフェレストランは10:00〜16:00(ラストオーダー15:45)、アフタヌーンティーは14:00〜15:00(受付終了16:00)、ランチタイムは11:00〜15:00です。

さいごに

中世ヨーロッパのお城のような雪の美術館では、一年を通して幻想的な雪と氷の世界を楽しめます。壮大な氷柱が立ち並ぶ氷の回廊や、ステンドグラス状に並ぶ雪の結晶、巨大天井画が美しい音楽堂など、幻想的な空間にひたることができます。

旭川を旅行する際は、雪の美術館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
各地から旭川空港へのアクセスについては、下記の記事をご覧ください。羽田からは飛行機で約1時間35分、早めに予約すれば1万5000円以下で予約できます。

羽田-旭川間の航空券の料金は?
旭川空港、函館空港発着便もあり!名古屋-北海道間の飛行機の料金は?
 
旭川空港発着の航空券検索

新千歳空港発着の航空券検索
函館空港発着の航空券検索
釧路空港発着の航空券検索
 
JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

関連記事

定番から穴場まで!東京でおすすめの美術館18選 日本の首都・東京には、小さいものから大きいものまで含めると、400以上もの美術館があり
旭山動物園だけじゃない!旭川の観光スポット14選 北海道のほぼ真ん中に位置し、富良野や美瑛へもアクセスしやすく、観光拠点としても最適な旭
定番から穴場まで!大阪でおすすめの美術館11選 古くから交易の要所として栄えてきた大阪は、他国の文化を積極的に取り入れ、独自の芸術文化
宇宙について学べる!旭川市科学館サイパルの見どころ・楽しみ方をご紹介 「旭川市科学館サイパル」では、宇宙や地球の不思議について、実験や体験を通じて楽しく学ぶ