初めてのシンガポール旅行!必要な持ち物は?注意点はある?
2018.06.20

シンガポール

シンガポールは治安が良い国で、国内のインフラが整備されているので、とても観光しやすい国です。観光スポットは交通網が整備されているので訪問しやすく、食べ物も安価で美味しいものが数多くあります。今回は、シンガポールに初めて旅行される方に向けて、シンガポールの基本情報、グルメ、観光スポット、交通事情、シンガポール旅行の注意点などをご紹介します。

シンガポールってどんなところ?

シンガポールは、東西のさまざまな文化が融合した国です。シンガポールは小さな国で、その狭い国土の中に異国情緒あふれる街並みから最先端のインフラを持つビジネス街までが揃っています。伝統的な中国寺院、イスラム・モスク、ヒンズー寺院などのそれぞれが近い場所にあり、マリーナ湾近くには超高層ビル群が並びます。オーチャード・ロードを歩いていると、最新ファッションが目白押しで、休日を過ごすのに最適な街です。ショッピングモールや博物館などには無料Wi-Fiスポットが整備されています。気候は1年中高温多湿で気温は30℃を上回ります。

シンガポールのグルメ

シンガポールの国民食で代表的なグルメが「チキンライス」です。屋台村ホーカーズやフードコートではもちろんのこと、高級レストランでも食べることができます。鳥のスープで炊き上げたライスと、蒸したチキン、上にかかるチリソースが絶妙です。
大きなドウマンガニに甘辛い風味豊かなソースをかけた料理が「チリクラブ」です。新鮮なカニのジューシーな甘みとソースがとても美味な料理です。
スパイスとココナッツオイルが絶妙なハーモニーを奏でるのが「ラクサ・スープ」です。太めで短い麺が入っていて、スパイシーなスープといろんなトッピングを一緒に楽しめます。
他にも、濃厚な焼きそば「ホッケン・プロウン・ミー」、魚の頭が丸ごと入った「フィッシュヘッド・カレー」、甘党におすすめの「カヤトースト」など、シンガポールにはおすすめグルメが数多くあります。

シンガポールの観光スポット

シンガポールの観光名所、マリーナ・ベイを見下ろしながら、海や島をのんびりと眺められるのが「シンガポール・フライヤー」です。巨大な観覧車で、最高到達地点は165mもあります。この高さは42階建てのビルに匹敵します。風景や摩天楼を眺めながら観覧車内でカクテルや食事を楽しめるプランもあります。
マリーナ・ベイでもっとも目を引くのが、「マリーナ・ベイ・サンズ」でしょう。巨大複合施設で、3つの独特の形をした巨大なビルの上に大きな船が乗っているような外観は目を引きます。屋上はプールになっていて、シンガポールベイエリアを一望しながら泳ぐことができます。マリーナ・ベイ・サンズの隣には、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」があります。ガラスドームの中に世界中から集められた植物が展示されており、庭園の中に都市を作るというコンセプトで造られました。園内にある巨木「スーパーツリー」は9階から16階建てに相当する木の形をした垂直庭園で、空中散歩を楽しめます。

シンガポールの貨幣

シンガポールの通貨はシンガポールドルです。紙幣は2ドル、5ドル、10ドル、50ドル、100ドル、1,000ドル、10,000ドルの7種類、硬貨は5セント、10セント、20セント、50セント、1ドルの5種類があります。なお、シンガポールで商品を購入した場合、加盟店での購入額が100シンガポールドルを超える場合は7%の物品サービス税の払い戻しを受けることができます。同一店舗、同一日のレシート3枚まで合算可能で、シンガポール・チャンギ国際空港の出発チェックインホールなどで手続き可能です。

シンガポール国内で良いサービスを受けた場合はチップを渡しましょう。チップの金額は、一部のレストランやホテルで料金に加算される10%のチップよりも多い金額にしましょう。

シンガポールの交通事情

シンガポールの主な交通手段は、MRT(電車)、タクシー、バスです。
MRTは広い路線網があり、ほとんどの観光名所の近くに駅があります。チケットは都度購入する必要がありますが、シンガポール・ツーリスト・パスを購入すれば乗り放題になります。パスの種類は1日、2日、3日があります。バスやMRTが運行していない場所に移動する場合は、タクシーを利用しましょう。シンガポールのタクシーはメーター制ですが、時間帯や場所によっては追加料金が必要になることがあるので、トラブルを防ぐために事前の確認をおすすめします。バスの路線はシンガポールほぼ全土をカバーしており、もっともお金がかからない移動手段です。乗車料金は現金、プリペイドのEZ-Linkカード、シンガポール・ツーリスト・パスで支払えます。現金の場合は、おつりが出ないようにしないといけません。

シンガポールは道路も標識も整備されていますが、MRTの工事の影響で運転しにくい場所があります。レンタカーで移動する場合は注意しましょう。また、車両とオートバイや歩行者との接触事故が多いのと、信号無視、車間距離をとらないドライバーなどが多くみられるので、運転する場合も歩行する場合も注意が必要です。小さなお子様が一緒の場合は特に要注意です。

シンガポール旅行の注意点

シンガポールは治安が良い国です。外務省の海外安全ホームページでも危険情報などは出ていません。国内情勢は安定しており治安対策もしっかりとられています。ただし、治安は良くても全体に安全という訳ではありません。最低限の対策は必要です。海外では自分の身は自分で守るのが大前提です。シンガポールへ旅行に行く際は下記の点を心がけると良いでしょう。

・スリ・置き引き・引ったくり対策のために、荷物は手から離さず、盗まれやすいポケットなどに貴重品を入れない。
・偽警官に騙されない、警官はよっぽどのことがないと路上で持ち物検査はしないので、無暗に渡さない。
・高価なものを購入する際は、信用のおけるお店で購入する。
・旅行中はできるだけ一人で行動しない。

公共の場はほとんどが禁煙で特に喫煙の規制は非常に厳しく、1,000シンガポールドルの罰金も課せられます。道路に唾やタンを吐いても罰金対象なので注意しましょう。
また、マレー人にとって左手は不浄の手なので、握手は右手が必須です。インド人社会では子供の頭をなでてはいけません。ヒンズー教寺院やモスクでは露出の多い服装は避けましょう。中に入るときは靴を脱いでください。

シンガポールの主な宗教は、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンズー教です。宗教によって禁止の食材があるので、会食などでは注意しましょう。多くの方が習慣や風習を尊重する強い信仰心を持っていますので、うかつな言動は控えましょう。
南国であるシンガポールは一年中高温多湿です。体力を消耗しないように、十分な休息と水分補給を忘れないようにしましょう。水道水を飲むことはできますが、一度煮沸したほうが安全です。レストランや屋台には衛星ランクが掲示されています。A・B・Cのランクは国が定めたランクで、Aがもっとも衛生的です。

さいごに

シンガポールのグルメや観光スポット、注意点などをご紹介しました。シンガポールはインフラの整備が進んでおり、交通網もしっかりしています。治安も良いので観光するにはとても良い街です。初めてシンガポールへ旅行される方は注意点などを参考にしていただき、ぜひ楽しい旅行にしましょう。

航空券検索
シンガポールの航空券

関連記事

東京-シンガポール間の飛行機の料金と時間はどれくらい? 東京からシンガポールへ旅行やビジネス出張で移動する際に、航空券の料金や移動時間が気にな
定評のあるシンガポール航空!評判が良いワケを徹底分析 国を代表するフラッグ・キャリア、シンガポール航空のあゆみ シンガポール航空は、シンガポ
大阪-シンガポール間の飛行機の料金と時間はどれくらい? 大阪からシンガポールへ旅行やビジネス出張で移動する際、航空券の料金や移動時間が気になる
名古屋-シンガポール間の飛行機の料金と時間はどれくらい? 名古屋からシンガポールへ旅行やビジネス出張で移動する際、航空券の料金や移動時間が気にな