重量は?サイズは?国際線の預け荷物の制限
2018.08.12

国際線預け荷物

旅行の際何かと荷物が多くなってしまい、手荷物を預ける場合も多いのではないでしょうか。預け荷物には大きさや重さ、個数などさまざまな制約があり、預けることができないものもあります。ここではANAとJALを中心に、手荷物を預ける際の基本情報や注意点などをご紹介します。

預ける場合の荷物の重量やサイズは?

無料で預けられる荷物の規定は航空会社によって異なります。

ANAの場合、ファーストクラスは1個あたりの重量32kgまでを3個まで、ビジネスクラスは1個あたりの重量32kgまでを2個まで、エコノミークラス、プレミアムエコノミークラスは1個あたりの重量23kgを2個まで無料で預けることが可能です。サイズは全てのクラスにおいて、1個につき縦、横、高さ3辺の和が158cm以下のものに限ります。

JALの場合、ファーストクラス、ビジネスクラスは1個あたりの重量32kgまでを3個まで、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスは1個あたりの重量23kgを2個まで無料で預けることが可能です。サイズは全てのクラスにおいて縦、横、高さ3辺の和が203cm以下のものに限ります。

無料手荷物許容量を超えた場合は?

無料で預けることができる重量、サイズを超えた場合、超過料金を支払うことで預けることができます。サイズ超過、重量超過それぞれで超過料金が別途に追加されます。ただし、超過料金を支払っても1個あたりの重量45kgを超える荷物は預けることができません。利用エリアによって超過料金が異なるので、旅程を把握した上で事前に公式サイトで確認しておきましょう。

ANAの場合、縦、横、高さ3辺の和が292cmを超える荷物の場合預けることができません。また、一部の機種では292cm以下でも預けられない場合がありますので、予約時に詳細を確認しましょう。

預ける荷物での液体類やスプレーのルール

スプレー類を含む液体類を機内へ持ち込む場合、安全性のため、100ml以下の容器に入れ、1L以下の透明プラスチック製の袋に入れるなどの規定がありますが、預ける場合は機内へ持ち込む場合の規定よりも大容量のものを預けることが可能です。液体類を預ける手荷物に入れる場合は、漏れることのないようきちんと密封しておきましょう。

危険物は預けられない

機内持込み手荷物と預ける手荷物どちらにおいても、基本的には危険物は持ち込むことができません。危険物とは、爆発のおそれがあるもの、燃えやすいもの、他者へ危害を加えるおそれがあるもの、物件を損傷するおそれのあるものなどを含みます。

例外的に預ける手荷物のみ可能の場合や、携帯する手荷物のみ可能の場合、身に着ける手荷物のみ可能の場合があるので、事前に確認しましょう。

預ける場合の注意点

機内へ持ち込むよりも大きい容量の液体類を預けることができますが、漏れのないよう注意しましょう。壊れやすいものは破損しないように梱包しておきましょう。貴重品や壊れやすいものを除く電子機器はあらかじめ電源を切っておいてください。

また、旅程にコードシェア便、他航空会社の利用を含む場合、利用する会社の規定が適用されることがあります。旅行前に利用する全ての航空会社の規定を確認しておきましょう。

さいごに

海外へ行くとなれば行先で必需品が思うように入手できないことを考えて、何かと荷物が多くなりがちですが、限度はあるものです。預ける手荷物の上限も航空会社で異なるため、荷物の量によって航空会社を選ぶことも良いでしょう。何が必要なのか見極め、旅程を確認し予約時からしっかりと情報を確認しましょう。

航空券検索

関連記事

お土産買いすぎに注意!飛行機の荷物は何キロまで? 国内線の荷物の重量制限は一般航空会社とLCCでは異なり、荷物の重量によっては預けられま
飛行機に荷物は無料で預けられる? 飛行機に乗り慣れていない方のなかには、飛行機に荷物を無料で預けられるかどうかについて知
サイズや重量は?ジェットスターの国際線の荷物まとめ ジェットスター(LCC)は、オーストラリア(ケアンズ、ゴールドコースト)、香港、ハノイ
違いはここにあり!ANAとJAL徹底比較! 旅行の目的地や出張で向かう先は決まったものの、ANAとJALのどちらを利用しようか迷っ