ジェットスターの国際線での機内食をご紹介

2018.08.10

機内食

日本で有名な格安航空会社のひとつである「ジェットスター」ですが、ジェットスターの国際線ではどのような機内食が食べられるのでしょうか。今回はジェットスター国際線の機内食のシステムやメニューについてご紹介します。

ジェットスターの機内食のシステム

ジェットスターは機内で飲食をするためには、基本的に機内食や飲み物の料金は基本運賃に含まれていないため、オプション運賃を払ったり機内で個別に注文をする必要があります。ただし、これはエコノミークラスの利用者に限ったことであり、ビジネスクラスの利用者は運賃に機内食の料金が含まれているため、無料で機内食を食べることができます。

機内食のメニューや提供回数はフライト距離や出発予定時刻によって変わりますが、長距離国際線では最低でもファーストミールとセカンドミールの2回の機内食を提供してもらえます。食事のメニューは利用するコースによって変わることはありませんが、エコノミークラスの乗客は品切れにより提供してもらえない場合があります。また、短距離のフライトの場合には、利用するクラスに関係なく軽食のみが提供される場合があります。

ジェットスターの機内食のメニュー例

ジェットスターの機内食のメニューは就航路線によって異なりますが、たとえばオーストラリア-東京間のフライトでは以下のようなメニューが用意されています。

前菜

・きゅうりのリボンと新鮮なレタスの葉をターメリック風味のチキンとともに。レモンドレッシング添え

メイン料理

・海老の四川風
・チキングリンピース
・野菜のリゾット
・寿司の盛り合わせ
・ジンジャーチキン
・オレッキエッテパスタ

パン

・温かいマルチグレインロールパン
・温かいセサミロールパン

デザート

・チーズケーキ
・オーストラリア産チーズプレート
・イチゴとチョコレートのレイヤーケーキ

飲み物

・コーヒー
・紅茶
・緑茶
・コーラ
・オレンジジュース
・トマトジュース
・ビール
・ワイン
など

※2018年7月調査時点の情報

ジェットスターカフェ

昼食・夜食として提供される機内食のほかにも、「ジェットスターカフェ」と呼ばれる軽食・スナックをメインとした機内食をフライト中に購入することができます。「ジェットスターカフェ」のメニューは利用する航空会社によって異なります。例えば「ジェットスター・ジャパン」の場合は成田山表参道にある老舗和菓子店「なごみの米屋」オリジナルのどら焼きや、ココナッツ入りのチョコチップクッキー、国際線の利用者のみが食べられるチキンカツカレーなどのメニューが用意されています。

さいごに

今回は格安航空会社「ジェットスター」の国際線の機内食について紹介しました。エコノミークラスの利用者は追加料金を支払わないと機内食を提供してもらえないので、フライト中に食事がしたいという方は機内食の予約を忘れずにしておくようにしましょう。

航空券検索

関連記事

クラスで違いはある?国際線で機内食は食べられる? 国際線のフライトでは自分の席で映画を観たり、音楽を聴いたりして何時間も過ごします。そん
クラスで異なる?JALの国際線での機内食をご紹介 JALの国際線では、どのような機内食が提供されているのでしょうか。この記事では、JAL
クラスで異なる?ANAの国際線での機内食をご紹介 ANAの国際線の飛行機では、どんな機内食が提供されているのでしょうか。今回はANAの国
国内線の飛行機で機内食は利用できる? 国内線の機内食について、航空各社のサービス内容について気になる方もいるのではないでしょ