メリット・デメリットは?「パッケージツアー」についてご紹介
2018.08.09

パッケージツアー

旅行会社のコマーシャルや広告でよく見かける「パッケージツアー」という言葉ですが、具体的にパッケージツアーとはどのようなツアーのことをいうのでしょうか。今回はパッケージツアーの詳しい概要や、海外旅行者がパッケージツアーを利用するメリット・デメリットについてご紹介します。

パッケージツアーとは

「パッケージツアー」とは、旅行のツアーのなかでも旅行業者が飛行機や宿泊施設、移動手段、訪れる観光スポットなどをパッケージ化して提供しているツアーのことで、正確には「募集型企画旅行」といいます。パッケージツアーは海外旅行で多く採用されているツアーの形態で、海外旅行慣れをしていない旅行者のために、集合から解散までの間、または現地で添乗員が同行する形が一般的となっています。また一方で、近年では添乗員が同行せず滞在中に自由時間が多く用意されている「フリープラン型」のパッケージツアーも増えており、旅行者はより自分の希望に合ったパッケージツアーを利用することができるようになっています。

パッケージツアーのメリット

パッケージツアーのメリットとしては、おもに以下のようなものがあります。

料金が安くなりやすい

パッケージツアーでは旅行会社が宿泊施設や観光施設などを「団体料金」でまとめて予約しているため、現地の宿泊プランなどに比べて料金が割安に設定されています。そのため、とにかく安い料金で海外旅行がしたいという方にはパッケージツアーがおすすめです。

自分で旅行のプランを立てる必要がない

旅行会社にパッケージツアーの申し込みさえしておけば、あとは旅行会社が交通機関や宿泊施設などの予約をしてくれるため、旅行者は情報収集にかかる時間を省いて簡単に旅行の計画を立てることができます。初めて訪れる国を旅行する予定で行きたい場所も特に決まっていないという方は、パッケージツアーのプランにすべて任せてしまうのもひとつの手であるといえるでしょう。

添乗員が同行してくれるので安心

パッケージツアーでは添乗員が現地で同行をしてくれるため、初めての海外旅行でも安心して観光を楽しむことができます。基本的には添乗員付きのパッケージツアーのほうがフリープランのパッケージツアーよりも料金が割高となっていますが、なかには無料で添乗員が付き添ってくれるプランもあります。

パッケージツアーのデメリット

パッケージツアーのデメリットとしては、おもに以下のようなものがあります。

旅行の自由度が低い

通常のパッケージツアーでは旅行のスケジュールの大半が旅行会社によって決められているため、旅行中にあまり興味のない観光地に行くことになったり、購入する気がないにも関わらずお土産屋に立ち寄ったりする場合があります。旅行先で行きたい場所ややりたいことが決まっているという方は、個人で旅行の手配をするかフリープラン型のパッケージツアーを利用すると良いでしょう。

ツアーが催行されない場合がある

パッケージツアーには「最小催行人員」という人数が決められており、募集締切日までに所定の人数が集まらなかった場合はツアーが中止になります。パッケージツアーを予約する際には、事前に必ず最小催行人数を確認しておきましょう。

集団行動をしなければならないことも

パッケージツアーは団体旅行を前提としたツアーであるため、基本的に現地では同じツアーに申し込みをした別の旅行客と一緒に行動することになります。最小催行人員が少ないツアーであればそれだけ人数も少なくなりますが、集団行動が苦手な方にはパッケージツアーはおすすめできません。

さいごに

今回はツアーの形態のひとつである「パッケージツアー」について紹介しました。パッケージツアーにはメリット・デメリットの両方がありますので、海外旅行を予定している方はそれらをよく理解した上でパッケージツアーの利用を検討してみてください。

航空券検索

関連記事

国内旅行に必要な予算はどれくらい? 国内旅行の計画を立てる時、早い段階で固めておかなければならないのが予算です。旅行に必要
日程変更ができない航空券があるって知ってた? 旅行の準備をしている中で、急な用事が入り予約を変更したいと考えている方も中にはいるので
スカイマークの国内ツアーはお得?自分に合ったプランを考えよう スカイマークは羽田空港や中部国際空港、新千歳空港をはじめ、国内の主要空港を結ぶ運航路線
格安航空券&ツアーで福岡を満喫!グルメも観光もお得に楽しもう 空の便で福岡に向かうなら、ホテルつきのツアーがお得で便利です。まだ行きたいところが詳し