夏に一度は訪れたい!関西のおすすめビーチ3選

2018.08.27


夏といえば海!と思い浮かべる方も多くいるでしょう。日本にはいくつものビーチがありますが、今回は関西のおすすめのビーチを有名どころから穴場まで、3カ所紹介していきます。広い砂浜、綺麗な砂、美しい海など、それぞれのビーチに魅力があるので、どのビーチの紹介も一見の価値ありです!

関西最大級の広さ!不動の人気を誇る須磨海水浴場

最初に紹介するのは、神戸市須磨区にある須磨海水浴場です。このビーチの特徴は、約1,800mにも及ぶロングビーチであることがまず挙げられます。さらに、約400mを遠浅化しているため、海中でも広く遊ぶことができます。兵庫はもちろん、大阪、京都からもアクセスしやすく、特に電車では駅から数分ですぐにビーチに着ける距離です。また、2008年より神戸市が「須磨海岸を守り育てる条例」を施行し、近隣住民と協力して過ごしやすいビーチの環境づくりに尽力しています。
ビーチの外側には、遊歩道が整備されており、夕暮れにはフットライトも点灯します。海やビーチで遊ぶだけでなく、ゆったりと散歩をしながら海を眺めるといったことも楽しめます。飲酒を禁止したファミリーエリアも完備され、子供連れでも安心安全に遊ぶことができるでしょう。

美しい白い砂が人気!白良浜海水浴場

和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は、大阪から高速道路を利用して約2時間で到着するビーチです。このビーチは、町や海水浴場の名前にも見受けられるように「白い浜」が訪れる海水浴客や観光客を魅了しています。砂の主成分は石英で、その名の通り真っ白で手触りもさらさらです。海もその青さがきれいと評判の良いビーチです。また、ヤシの木が立ち並ぶ遊歩道がトロピカルな雰囲気を醸し出し、異国情緒にも溢れています。市街地にもほど近く、ホテル、コンビニなどの商業施設も多数あるため、利便性も高いのが魅力のひとつです。人気のビーチのため、特に学校が夏休みの休日は混雑しがちです。事前に、しっかりと計画を練ってから訪れるのが望ましいでしょう。

海の透明度と鳴き砂が有名!琴引浜海水浴場

京都府京丹後市にある琴引浜海水浴場は、須摩や白浜に比べると、メジャーなビーチではないと思う人もいるかもしれません。とはいえ、このビーチにはそれらにも劣らない魅力があります。ひとつは、海の透明度が非常に高い点です。その透明度は、水上から覗き込むだけで海底が見えるほどで、海開き前の水質調査でも、常に水質の良さで上位に名を連ねています。
そして、もうひとつはいわゆる「鳴き砂」と呼ばれる砂がビーチに敷き詰められている点です。この鳴き砂は、石英成分の砂が擦れる際に音がなる砂のことを指していて、ゴミや不純物が混ざっている砂では、そのような音が鳴りません。それ故に、鳴き砂があるビーチは必然的にきれいなビーチと言えます。琴引浜海水浴場には、この鳴き砂が全長約2kmに渡って敷き詰められており、これほど長い海水浴場に鳴き砂があるビーチは、日本ではここだけです。このビーチは、主に東側と西側に分けられており、一般的には駐車場が近い東側のビーチに行く人が多いですが、西側のビーチも徒歩で行くことが可能です。東側のビーチは海岸線もきれいで、映画やドラマのロケにもよく使われています。さらに、ビーチには露天風呂があり、源泉かけ流しの湯が絶え間なく湧き出ています。夕暮れ時に入りながら見る夕焼けは、筆舌に尽くしがたいほどの景色です。

夏の思い出に!関西のおすすめビーチのまとめ

一口にビーチと言っても、自治体の努力や立地などで、さまざまな特徴があることが見受けられたのではないでしょうか。友達や家族みんなでワイワイと遊んだり、まったりと海を眺めながら過ごしたりと、ビーチの楽しみ方はそれぞれあります。関西のビーチには、それらの目的に合致するビーチが各所にあります。それに即したビーチに行くことが、一番の夏の思い出作りの近道となるでしょう。

関連記事

夏のお休みに海水浴はいかが?日本全国の2017年の「海開き」まとめ 7月になると全国の海水浴場が続々と「海開き」を迎えるので、旅行の一環として海水浴を楽し
優雅な時間を過ごせる!日本のビーチリゾート10選 優雅にビーチリゾートを楽しみたいけれど、海外まで行くのはちょっとハードルが高い…。そん
知っておきたい!全国のビーチの海開き情報 海をこよなく愛する人にとって夏はうれしい季節です。遠く浜辺から海を眺めてはジリジリとした
夏に東北へ行く人におすすめのビーチをご紹介! 夏といえば海で海水浴をイメージする人も多いでしょう。せっかく夏に旅行するのであれば、ビ