飛行機VS高速バス!東京-高松間の料金徹底比較!
2017.02.16

高松空港
東京-高松間の移動は、高速バスがもっとも安いと思う人も多いかもしれませんが、実はLCCを利用した方が安い場合もあります。また、当然ながら高速バスよりも飛行機の方が、短時間で移動できます。今回は、東京-高松間の料金を飛行機と高速バスで比較しました。

東京-高松間の高速バスの料金は7千円~9千円台

東京-高松間では、琴平バス、JR四国の高速バスが運行しています。東京-高松間の高速バスの料金は次の通りです。

東京-高松 高速バス料金比較

東京-高松間の高速バスでもっとも安いのは琴平バス4列シートの「7,900円」で、琴平バスの3列シートと比べて1,000円お得です。東京-高松間を高速バスで移動した場合、移動時間は約12時間です。長時間の移動となるため、疲れないようクッションやフットレスト、耳栓などを持参しましょう。

また、高速バスの場合、道路の混雑具合によっては到着時刻が大幅に遅れる場合もあり、出張や帰省のときは時間に余裕を持たせたスケジュールを立てましょう。

※2016年10月調査時点の料金
乗車日が2016年12月19日の料金

LCC(成田空港-高松空港間)を利用すれば6千円台の航空券を予約可能!

東京-高松間では、飛行機の場合、成田空港-高松空港間をジェットスターが片道1日2本運行しています。成田空港-高松空港間の料金「6,330円」です。

ジェットスターを利用すれば、直前であっても高速バスとよりも安く東京-高松間を移動できます。しかし、成田空港は東京から約1時間と遠く、ややアクセスが悪いです。また、運行本数も少ないためジェットスターを利用する場合は、出張や帰省のスケジュールを立てたうえで、時間が合えば東京-高松間の移動手段として選択肢に入ると良いでしょう。

※2016年10月調査時点の料金
ジェットスター:2016年12月19日 成田空港8:0発-高松空港9:35着

JAL・ANA(羽田空港-高松空港間)では早期購入割引を利用すれば1万2千円台に!

東京都内とのアクセスを考慮すると、羽田空港発着便を利用したい人も多いのではないでしょうか。東京-高松間では、羽田空港-高松空港間をJALが片道1日7本、ANAが片道1日6本運行しています。料金は次の通りです。

東京-高松 JAL ANA 料金比較

予約のタイミングが早ければ、高速バスとの料金の差は数千円程度です。早期購入割引45日前と高速バスの料金は、琴平バスの4列シートと比べた場合4,500円程度です。飛行機の場合、早期購入割引45日前と21日前では、2,500円程度の料金の差があり、できる限り45日前までには予約をしておきましょう。

移動時間はもちろん飛行機の方が早く、空港内での手続きの時間を含めて3時間程度です。東京都内のアクセスは羽田空港の方が成田空港よりも良く、東京に近いほうが良い方は、できるかぎり早めに予約し、羽田空港を利用しましょう。

※2016年10月調査時点の料金
JAL:2016年12月19日 羽田空港07:45発-高松空港09:10着
ANA:2016年12月19日 羽田空港07:25発-高松空港08:45着

さいごに

東京-高松間の高速バスの料金は8,000円程度です。飛行機の場合、成田空港-高松間をジェットスターが運行しており、高速バスよりも料金がお得ですが、運行本数が少なく、東京都内のアクセスがやや悪いのがデメリットです。似た路線では、羽田空港-高松空港間をJAL・ANAの便が運行しており、予約のタイミングを工夫すれば、高速バスとの料金差は数千円程度になります。

予約のタイミングや利用する航空会社を工夫すれば、東京-高松間の移動手段として飛行機も選択肢に入ります。出張や帰省のスケジュールを見て、航空券を予約しましょう!

羽田空港-高松空港間の航空券
羽田空港発-高松空港着  高松空港発-羽田空港着
成田空港-高松空港間の航空券
成田空港発-高松空港着  高松空港発-成田空港着

ANAの航空券検索
JALの航空券検索
ジェットスターの航空券検索

関連記事

飛行機VS新幹線!東京-高松間の料金、時間徹底比較! 東京-高松間を鉄道で移動する場合、東京駅-岡山駅間は東海道・山陽新幹線、岡山駅-高松駅
JALやANAと比べてお得!ジェットスターの成田空港-高松空港間の料金はどれくらい? ジェットスターは成田空港、関西空港などを拠点に運行しているLCCです。ジェットスターは
東京-高松間を飛行機で!料金と時間はどれくらい? 東京-高松間では、羽田空港-高松空港間をJAL・ANAの便が、成田空港-高松空港間をジ
日本庭園から離島まで!高松の観光スポット11選 県庁所在地である高松市には国の重要文化財に指定されている「高松城跡」や、桃太郎伝説とも