東京から大分まで1万3千円!?格安航空券、LCC徹底比較

2015.10.10

飛行機

出張や旅行で東京から大分へ行く場合、早期購入割引やLCCを利用すれば正規航空券の価格よりもお得に行くことができます。今回は、早期購入割引の格安航空券、LCCの料金と、一般航空会社とLCCの東京駅から広島空港までのかかる時間をまとめました。

東京-大分間の航空券の料金

東京-大分間では、羽田空港-大分空港間をJAL・ANA、ソラシドエアの便が、成田空港-大分空港間ではジェットスターの便が運航しています。4社の航空券の料金は次の通りです。

JAL・ANA、ソラシドエア、ジェットスター4社の航空券の料金

※2017年3月調査時点での料金
JAL:2017年5/31羽田空港8:00発-大分空港9:35着
ANA:2017年5/31羽田空港8:30発-大分空港10:05着
ソラシドエア:2017年5/31羽田空港6:40発-大分空港8:15着
ジェットスター:2017年5/31成田空港10:30発-大分空港12:25着

一般航空会社は1万3千円代

JALやANAといった一般航空会社は、早期購入割引75日前を利用すれば、時期や時間帯によって異なりますが、東京から大分まで1万3千円代で行くことができます。ソラシドエアの場合、1万2千円以下となります。一般航空会社の料金は、キャンペーンなどでさらにお得になることもあります。

早期購入割引75日前を利用すれば、他の早期購入割引と比べて最大で15,000円ほどお得になります。

LCCは7千円以下!

東京から大分まで運航しているLCCは、ジェットスターです。ジェットスターの航空券の料金は、6千円代で東京から大分まで行くことができます。JAL・ANAの早期購入割引と比べて6,000円以上もお得です。一方で、預け荷物が有料、座席間隔が狭いなどのデメリットがあります。

時間は一般航空会社の方が約50分早い

東京から大分までは一般航空会社の方が約50分早く着きます。搭乗時間自体は変わりませんが、成田空港の方が遠いので時間がかかってしまいます。また、LCCの専用ターミナルは遠いことがほとんどなので、1時間以上搭乗手続きがかかってしまうこともあります。

次の表は一般航空会社とLCCの東京駅から大分空港までの時間を比較した表です。

一般航空会社とLCCの東京駅から大分空港までの時間

東京から大分までは一般航空会社の方が約50分早く着きます。搭乗時間自体は変わりませんが、成田空港の方が都心から遠いので時間がかかってしまいます。また、成田空港のLCCの専用ターミナルは遠く、1時間以上搭乗手続きに時間がかかってしまうこともあります。

※2017年3月調査時点の時間

さいごに

東京から大分までは一般航空会社は1万3千円、LCCは7千円以下で行くことができます。LCCは航空券の価格はお得ですが、成田空港発なので東京駅からの移動時間を考慮すると、一般航空会社よりも大分までの移動に時間がかかります。

早期購入割引やLCCを上手く利用して、大分の別府温泉などの観光地を回ってみてはいかがでしょうか?

SKYマークの航空券検索
ANAの航空券検索
JALの航空券検索
ソラシドエアーの航空券検索
スターフライヤーの航空券検索

羽田空港-大分空港間の航空券
羽田空港発-大分空港着  大分空港発-羽田空港着
成田空港-大分空港間の航空券
成田空港発-大分空港着  大分空港発-成田空港着

関連記事

飛行機VS新幹線!東京-大分間の料金、時間徹底比較! 東京-大分間を鉄道で移動する場合、東京駅-小倉駅間は東海道・山陽新幹線、小倉駅-大分駅
東京から広島まで1万2千円!?格安航空券、LCC徹底比較 東京から広島まで飛行機を利用して行く場合、一般航空会社とLCCでは航空券の価格やかかる
伊丹-大分間の料金と時間はどれくらい? 伊丹-大分間では、JAL・ANA、アイベックスエアラインズの便が運航しています。予約の
羽田-大分間の航空券の料金と時間はどれくらい? 羽田-大分間では、JAL、ANA、ソラシドエアの便が運航しています。予約のタイミングや