株主優待は利用できる?スターフライヤーで当日に格安で予約する方法
2016.06.03

飛行機

スターフライヤーには、うまく利用すればお得になる株主優待券という券種が設定されています。今回の記事では、スターフライヤーの割引のうち、当日でも利用できる株主優待券の特徴や使い方、利用条件についてまとめました。

スターフライヤーの株主優待券とは?

飛行機で利用できる株主優待券は、正規航空券を半額で購入できる割引のある航空券です。この株主優待券は株主以外の方でも旅行代理店経由で購入できるということを覚えておきましょう。

エアトリで株主優待券を使って航空券を予約する場合、株主優待券を買い取って販売しているため、割引金額に仕入れ価格が加味された価格が航空券を購入する際の価格となります。また、早期購入割引と株主優待券を併用することはできません。

スターフライヤーで当日に予約する際は株主優待割引がおすすめ!

スターフライヤーの株主優待券は正規航空券(ノーマルチケット)と比べ、おおむね1万円程度お得に航空券を予約できます。

下記の表は、スターフライヤーが運航している羽田空港-福岡空港間の正規航空券の料金とエアトリでの株主優待券が適用された株主優待割引料金を、他の航空会社(JAL・ANA)の価格と比較したものです。スターフライヤーの株主優待割引の料金は、JALよりもお得です。

普通運賃と株主優待割引の料金比較

※2019年1月調査時点での料金。価格は常に変動しています。
スターフライヤー:2019年3月19日 羽田空港6:40発-福岡空港8:45着
ANA:2019年3月19日 羽田空港6:25発-福岡空港8:25着
JAL:2019年3月19日 羽田空港6:15発-福岡空港8:10着

その他の注意点など

スターフライヤーの株主優待券は1枚で1人片道1区間でのみ使用できます。また、予約は出発当日まで行うことができ、購入期限は予約便の出発時刻3時間前までです。なお、予約する便によっては座席数に制限がある場合もあります。

当日でも利用できる株主優待割引のメリット

早期購入割引には、価格がお得な分予約の変更ができず、またマイルの換算率が低いというデメリットがあります。しかし株主優待割引は予約の変更が可能で、マイルの換算率も高いです。予定に変更が生じる可能性がある場合は、この点が特にメリットになるといえます。
 
株主優待割引については当日に格安で予約するならこれ!飛行機の株主優待券ってなに?を参考にしてください。

さいごに

航空券を予約する際に株主優待券を利用すれば、正規航空券の半額の料金で購入できます。スターフライヤーの株主優待券は、路線によっては他の航空会社(JAL・ANA)よりも価格が安いケースがあります。また直前の予約であっても、株主優待券を提示することで早期購入割引程度の価格で航空券を購入できる場合があります。

スターフライヤーで当日でも格安で予約したい場合、株主優待割引の利用がおすすめです。

利用路線などの条件が合致していて、特に搭乗日当日にチケットを購入する必要がある場合などには、出発時刻の3時間前まで利用可能なスターフライヤーの株主優待券を検討してみてはいかがでしょうか。
 
スターフライヤーの航空券検索
関西国際空港発着の航空券検索
羽田空港発着の航空券検索
福岡空港発着の航空券検索
福岡発着の航空券検索
 
羽田空港-関西国際空港間の航空券
羽田空港発-関西国際空港着  関西国際空港発-羽田空港着

関連記事

当日でもお得!ANAの株主優待割引を利用した料金はどれくらい? ANAの株主優待券を利用した航空券には、多くのメリットがあります。今回は、ANAの株主
保存版!お盆の国内線の航空券を安くとる方法 お盆の時期は帰省や旅行で航空券の料金が高くなってしまいますが、安く購入する方法がありま
当日に格安で予約するならこれ!飛行機の株主優待券ってなに? お盆の時期などの繁忙期には、帰省や旅行に伴う航空券の料金が高くなってしまいますが、株主
どちらの航空券がお得?株主優待券、早期購入割引を徹底比較 航空券には多くの割引があります。中でもおすすめなのは、株主優待割引・早期購入割引の2つ