アクセスは?料金は?愛知県美術館の見どころをご紹介
2018.07.15

愛知県美術館

愛知県美術館では、現代美術を中心にピカソやゴーギャン、クリムトらの名画を鑑賞することができます。2019年3月までは改修工事が行われており、観光プランを立てる際は事前の確認がお勧めです。今回は、愛知を代表する観光スポットの1つ、愛知県美術館の楽しみ方や見どころをご紹介します。

愛知県美術館ってどんなところ?

「愛知県美術館」では20世紀初頭から現在に至る国内外の芸術作品を展示しています。開館は1992年(平成4年)です。現在は愛知芸術文化センター10階にあります。名古屋市栄地区にある愛知芸術文化センターは地上12階地下5階建ての複合文化施設で、美術館のほかに芸術図書室や貸ギャラリー、3つのホールや情報センターなどがあります。駅にも近く、観光やショッピングの後に訪れることもできる好立地です。

美術館のフロアには8つの展示室があり、コレクション展と企画展とに分かれています。展示室は部屋ごとに広さや天井の高さなど仕様が異なり、自然光の入る部屋や映像や音響に対応した部屋などもあり、部屋ごとに違った展示が工夫されています。また10階と12階の屋上に設けられた屋外展示スペースでは立体作品も展示されています。なお、2017年11月20日~2019年3月31日の期間中は改修工事のため休館しています。

料金・営業時間

料金

観覧料金
・コレクション展
一般 500円
高校・大学生 300円
中学生以下 無料

企画展
展覧会ごとに異なる

開館時間・休館日

開館時間
2017年11月20日(月)~2019年3月31日(日)は改修工事のため休館中

10時~18時
※金曜日は20時まで(入館は閉館時刻の30分前まで)

休館日
月曜日(祝日にあたる場合は翌日)
年末年始(12月28日から1月3日まで)
展示替え等による整理期間
※企画展開催のない期間(展示替え等による整理期間)はコレクション展示室も閉室

アクセス

地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車→「オアシス21」経由し徒歩3分

※「オアシス21」地下階連絡通路が「愛知芸術文化センター」地下2階に接続、「オアシス21」地上階はセンター2階に接続しているため、エレベーターで10階へ上がれます。
※有料駐車場あり(愛知芸術文化センター地下)

愛知県美術館の見どころ

常設展示

コレクションの中心は国内外の20世紀美術です。ポール・ゴーギャン作「木靴職人」(1888年)、パウル・クレー作「蛾の踊り」(1923年)、グスタフ・クリムト作「人生は戦いなり(黄金の騎士)」(1903年)をはじめ、パブロ・ピカソやアンリ・マティス、フェルナン・レジェなど、世界のさまざまな美術動向を辿るにふさわしい錚々たる作品群を所蔵しています。
ドイツ表現主義のエミール・ノルデや、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーらの絵画作品や、エルンスト・バルラッハやヴィルヘルム・レームブルックらの彫刻作品など、第一次世界大戦前のドイツにおいて人間の内面を探求した作品群も充実しています。また、シュルレアリスムのジョアン・ミロやマックス・エルンスト、ポール・デルヴォーらの、偶然や夢、幻覚などを制作プロセスに取り入れるという国際的潮流を生み出した作品も見ることができます。第二次世界大戦後のアメリカにおける抽象表現主義の作品群もコレクションの一角をなしており、モーリス・ルイスやサム・フランシス、フランク・ステラなどの作品もあります。

国内の美術品は、近代洋画の先駆者である高橋由一や黒田清輝ら明治期の洋画から、梅原龍三郎、安井曾太郎、中村彝など、当時のヨーロッパの動向を咀嚼した画家の作品を所蔵しています。また「日本画」という概念が誕生した時代を彩った横山大観、菱田春草、竹内栖鳳や、大正から昭和にかけて活躍した川合玉堂、鏑木清方、安田靫彦らの日本画の展開を示す作品に至るまで、幅広く収集しています。
「木村定三コレクション室」では、名古屋の著名な美術品収集家木村定三のご遺族から寄贈された作品群を紹介しています。3,000点を超えるコレクションには、浦上玉堂や与謝蕪村などの文人画をはじめ、江戸時代の絵画、近代日本画家の小川芋銭、交流のあった熊谷守一や須田剋太といった画家達の作品などがあります。また陶磁器の工芸品や中国・日本の仏教彫刻、考古遺物なども含む幅広いコレクションをテーマごとに展示しており、企画展も開催しています。

さまざまな企画展

愛知県美術館ではさまざまな企画展も開催しています。2017年には 「長沢芦雪展 京(みやこ)のエンターテイナー」として江戸時代に、円山応挙の門下で若くして優れた才能を発揮した奇想の画家を取り上げました。「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」では、ロシアが世界に誇る美術館を特集し、中でも西洋美術における巨匠ティツィアーノやレンブラント、ルーベンスらオールドマスター達の名画にスポットをあてた展示を行いました。また、「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展」では、独立以前の装飾芸術から現代に至るまでのフィンランド・デザインの100年を6つのセクションに分け、デザイナーを育てた企業や各時代の主要なデザイナーに焦点を当てて、多くの人々に愛され続けるフィンランドデザインを紹介しました。

古典的な芸術作品からプロダクトデザインのジャンルに至るまで、幅広く網羅した企画展が開催されており、多彩なアプローチで芸術を楽しむことができます。学芸員と作家が共同して展覧会を作る「APMoA」(プロジェクト・アーチ)も行われており、作家の表現活動をサポートし、作家と美術館、鑑賞者の架け橋となることを目指しています。

さいごに

20世紀から現代に至るまでの現代美術を中心とした、充実のコレクションを誇る愛知県美術館。ゴッホやゴーギャン、パウル・クレーをはじめとする数多くの名画を鑑賞することができます。国内の美術品も充実のコレクションで幅広いジャンルを楽しむことができ、愛知芸術文化センター内にあるため、観光やショッピング帰りにも立ち寄ることができます。2019年3月までは改修工事中ですが、現代美術に興味があるなら、ぜひ一度は訪れたい観光スポットです。

中部国際空港発着の航空券検索
小牧空港発着の航空券検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索

関連記事

定番から穴場まで!東京でおすすめの美術館18選 日本の首都・東京には、小さいものから大きいものまで含めると、400以上もの美術館があり
定番から穴場まで!大阪でおすすめの美術館11選 古くから交易の要所として栄えてきた大阪は、他国の文化を積極的に取り入れ、独自の芸術文化
アクセスは?料金は?札幌芸術の森の見どころをご紹介 札幌芸術の森では、四季折々に豊かに表情を変える大自然の中、広大な敷地内に点在する芸術作
料金は?アクセスは?長崎県美術館の見どころをご紹介 長崎県美術館は、国内でも多くのスペイン美術の絵画などの芸術品を展示している美術館です。