映画も見られる!国際線の機内サービスまとめ
2018.07.10

機内サービス
国際線の場合、長時間フライトであることがほとんどです。長旅を少しでも退屈せずに、快適な空の旅ができるよう、航空会社各社はさまざまな機内サービスを提供しています。今回は、飛行機の中で楽しめる機内サービスについてご紹介します。

国際線の機内サービス

国際線の主な機内サービスを、機内食や飲み物、エンターテインメント、機内販売、アメニティの順に紹介します。なお、機内サービスは航空会社や路線によって異なります。

機内食・飲み物

機内食

国内線の場合、機内食が提供されるのはANAのプレミアムクラス、JALのファーストクラスのみです。一方で国際線に搭乗する場合は、全クラスで機内食や飲み物が提供されます。
機内食には、航空会社ごとに特色があります。ANAでは「機内食総選挙」で選ばれた和食・洋食の1位と2位のメニューを提供しています。スープは「茅乃舎」とANAが共同開発した野菜スープ、飲み物は各種ソフトドリンクやワイン・日本酒などのアルコールが楽しめます。JALは若い料理人を対象とした料理コンペティション「RED U-35」で選ばれた6名のファイナリストによる機内食を提供しています。そのほか、人気和食店「賛否両論」の笠原将弘シェフ監修のメニューなども楽しめます。

なお、国際線は搭乗クラスによって機内食や飲み物が変わります。上級クラスになるほど料理や飲み物が豪華になります。

飲み物

国内線の場合、全クラスでソフトドリンクが無料で提供されています。上級クラスだとアルコールも楽しむことができます。国際線の場合は、エコノミークラスを含めた全クラスでアルコールを無料で楽しめます。ANAの場合、宮城県の銘酒「一ノ蔵 特別純米酒」やフランスのワインを提供しています。JALでもフランス産ワインや日本酒、ジン、ウォッカ、ブランデー、梅酒などを飲めます。もちろん、各種ソフトドリンクも飲み放題です。

機内エンターテイメント

国内線では、さまざまなエンターテインメントを楽しめます。各座席についているモニターで、最新の映画や人気の映画、バラエティ番組などのテレビ番組、各種音楽やゲーム、電子書籍などを楽しめます。映画などのプログラムは毎月更新されており、音楽は最新のポップスから落語まで幅広いジャンルが揃っています。

機内販売

国際線では、さまざまな商品を機内で販売しています。高級ブランドのバックや化粧品、時計などが免税価格で購入できます。また、おしゃれな航空会社のオリジナル商品、ポケットサイズの多言語翻訳機なども販売しています。
各座席に販売している商品のカタログがあるので、機内に入ってからショッピングを楽しむことができます。

アメニティ

国際線では、国内線では利用できないアメニティサービスがあります。ANAのエコノミークラスでは枕や毛布などの寝具セットと絵葉書+ボールペンなどをアメニティとして提供しています。JALのエコノミークラスでは歯ブラシ、耳栓、アイマスクなどのアメニティセットを用意しています。

アメニティサービスも搭乗クラスによって異なり、プレミアムエコノミー、ビジネスクラス、ファーストクラスの順に充実していきます。ファーストクラスでは高級・高機能な寝具セット、リラックスウェア、アメニティポーチなどが準備されています。

さいごに

国際線の機内サービスについてご紹介しました。飛行機の搭乗中は退屈しないようなサービスを利用できます。長時間のフライトを、食事やエンターテイメントを楽しみながら過ごしてみてはいかがでしょうか。

航空券検索

関連記事

国内線の飛行機で機内食は利用できる? 国内線の機内食について、航空各社のサービス内容が気になる方もいるのではないでしょうか。
クラスで異なる?ANAの国際線での機内食をご紹介 ANAの国際線の飛行機では、どんな機内食が提供されているのでしょうか。今回はANAの国
クラスで異なる?JALの国際線での機内食をご紹介 JALの国際線では、どのような機内食が提供されているのでしょうか。この記事では、JAL
スリッパやアイマスクを借りられる!国際線のアメニティをご紹介 機内で長時間過ごす国際線は、国内線よりもアメニティグッズが充実しています。アメニティの