食事は?アメニティは?JAL国際線のビジネスクラスで快適な空の旅を!

2018.07.13

飛行機

2018年6月現在、JAL国際線の機内クラスは「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「プレミアムエコノミークラス」「エコノミークラス」の4クラスに分けられており、「ビジネスクラス」はそのなかで上から2番目に高級なクラスです。今回はJAL国際線「ビジネスクラス」のサービス内容についてご紹介します。

JAL国際線ビジネスクラスのサービス内容

JAL国際線のビジネスクラスを利用すると、以下のようなサービスを受けることができます。

地上サービス

空港サービス

空港では搭乗手続きの際にビジネスクラス搭乗者専用のチェックインカウンターが利用できます。また、国内の指定場所や海外の空港へ手荷物を届けてくれる「手荷物宅配サービス」や、到着空港でファーストクラスの次に手荷物を引き渡してもらえる「プライオリティバッゲージサービス」などのサービスを受けることができます。

ラウンジ

羽田空港、成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港にある高級ラウンジ「サクララウンジ」をはじめとする、世界の空港のさまざまなラウンジを利用することができます。

手荷物

JAL国際線ビジネスクラスの利用者は手荷物でもエコノミークラス・プレミアムエコノミークラスの利用者よりも優遇されており、1個あたり32kgの重量までの手荷物を3個まで無料で預けることができます。

機内サービス

シート

ビジネスクラス専用の高級シートを利用することができます。たとえばJAL国際線777-200ER型機に導入されている「JAL SKY SUITE Ⅲ」というシートには最新鋭のフルフラットシートが搭載されており、まるで個室にいるかのようなプライベート空間が広がります。

機内食

「BEDD(ベッド)」と呼ばれている「空の上のレストラン」をコンセプトにした各ジャンルの一流シェフや名店が監修をした機内食をフライト中に堪能することができます。

飲み物

JALワインアドバイザーが世界各国から厳選したワインや「JAL CAFÉ LINES」と呼ばれる世界最高峰のコーヒーなど、さまざまな種類のアルコール飲料・ノンアルコール飲料が堪能できます。

アメニティ

イタリアのファッションブランド「ETRO(エトロ)」や京都・西陣織の老舗「龍村美術織物」とコラボレーションをした、JALオリジナルのアメニティキットを利用できます。アメニティの内容は路線や日本発便・海外発便かなどによって異なります。

その他

そのほかにもカーディガンの貸し出しサービスやパソコン用バッテリーの貸し出しサービスなど、ビジネスクラスの利用者にはエコノミークラス・プレミアムエコノミークラスにはないさまざまなサービスが用意されています。

JAL国際線ビジネスクラスの運賃(料金)例とアップグレードに必要なマイル

JAL国際線ビジネスクラスの運賃についてですが、JALの公式ウェブサイトでは運賃例として以下のように記載されています。

東京(成田)・大阪・名古屋発ホノルル行き:200,000円~
東京・大阪・名古屋発ロサンゼルス行き:354,000円~
東京・大阪・名古屋・福岡発ロンドン・パリ・フランクフルト行き:500,000円~
東京発・バンコク行き:199,000円~

JAL国際線のビジネスクラスは、貯まったマイルを使ってエコノミークラスからアップグレードをするという方法で利用することもできます。比較的日本から近い韓国やグアムなどであれば、各種キャンペーンを併せて利用すれば最低9,000マイルでアップグレードすることもできるので、マイルが貯まっている方はぜひ一度ビジネスクラスのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

さいごに

今回はJAL国際線ビジネスクラスのサービス内容について紹介いたしました。長時間に渡る国際線のフライトでもビジネスクラスを利用すれば到着までの時間をとても快適に過ごすことができます。海外旅行を予定している方はぜひビジネスクラスのご利用を検討してみてください。

航空券検索

関連記事

食事は?アメニティは?ANA国際線のビジネスクラスで快適な空の旅を! 2018年5月現在、ANA国際線の機内クラスは「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「
ビジネスとは何が違う?国際線のエコノミークラスとは? お得な運賃で海外旅行が楽しめる国際線のエコノミークラス。今回は、ビジネスクラスとの比較
エコノミーとは何が違う?国際線のビジネスクラスとは? 長距離路線の海外旅行者に人気の高いビジネスクラス。エコノミーよりもフライト後の疲労感が
エコノミーとは何が違う?ジェットスターのビジネスクラス ジェットスターの日本発(東京および大阪)のオーストラリア路線では、ビジネスクラスを利用