未開封の必要はある?国際線でペットボトルを機内に持ち込む方法

2018.08.24

ペットボトル

「国際線の飛行機にペットボトルの制限はある?」「未開封であればペットボトルは持ち込みできる?」など、国際線の飛行機にペットボトルを持ち込めるかどうかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、国際線の飛行機にペットボトルを持ち込めるか、預けることができるかをご紹介します。

ペットボトルは国際線の飛行機に持ち込める?

国際線の飛行機にミネラルウォーターやお茶などの液体が入ったペットボトルを持ち込む事は、未開封であっても原則禁止されています。国内線の飛行機と異なり、未開封のペットボトルであっても持ち込みには制限がかかります。飛行機の中で飲むためにペットボトルの飲料を購入しても、持ち込めずに廃棄することになるので注意しましょう。

保安検査を済ませて、出国手続きをした後に出国エリアのお店で購入したジュースやお茶、ミネラルウォーターなどのペットボトルは機内に持ち込めます。

国際線の飛行機に液体を持ち込む際の禁止事項

ペットボトルに限らず、国際線の飛行機に液体を持ち込む際には制限がかかります。容量100ml以上の容器に入った液体は、国際線の飛行機の中に持ち込むことができません。歯磨き粉や整髪料用のジェルなど、固形物のイメージがあるものも液体として持ち込みが制限されます。なお、100mlは容器の容量のことであり、容器に入っている液体が100ml以下という意味ではありません。このため、残りわずかの歯磨き粉であっても、歯磨き粉の容器の容量が100ml以上であれば持ち込むことはできません。

国際線の飛行機に液体を持ち込む場合は、まず容量100ml以下の容器に液体を移し替える必要があります。さらにそれらの移し替えた容器を容量1L以下、縦横合わせて40cm以内のサイズで、無色透明のプラスチック袋の中に入れます。プラスチック袋は、ジッパーが付いているジップロックなど再封ができるものに限られています。このプラスチック袋の機内持ち込みは、搭乗者1人あたり1つに限られます。保安検査の際、プラスチック袋を持ち込み手荷物から出して別のトレーに置いておくと、保安検査をスムーズに通過することができます。

ペットボトルを受託手荷物として預ける場合は?

ペットボトルを受託手荷物として預ける場合は、自分の利用する航空会社のチェックインカウンターで問題なく預けることができます。受託手荷物としてペットボトルを預ける際に注意したいのが、収納方法です。特に海外の空港では、スーツケースなどの受託手荷物が手荒く取り扱われる場合があります。衝撃でペットボトルが破裂することのないように、衣服や緩衝材で包むなどの対策をしましょう。ペットボトルに限らず、割れ物や壊れ物の荷物には同様の対策をとりましょう。

ペットボトル以外に持ち込みの際に注意すべき荷物

国際線の飛行機への持ち込み手荷物には、ペットボトルに限らずさまざまな制限がかかります。喫煙用のライターやマッチは搭乗者1人につき1つまで持ち込むことができます。お酒はアルコール度24%以上、70%以下のものは5Lまで持ちこみ、預け入れが可能です。

果物ナイフやカッターなどの刃物類、バット、木刀、アイスピックなどの鋭く尖ったものは、機内持ち込みはできず、受託手荷物として預け入れは可能です。花火などの引火物や爆発物、殺虫剤などの高圧ガスといった危険物は持ち込むことも預け入れることもできません。持ち込み手荷物の制限の詳細は、渡航先の国および利用する航空会社によっても異なります。国際線の飛行機を利用する際は、事前に必ず渡航先の国と利用する航空会社の規定を確認しましょう。

さいごに

国際線のフライトは、長時間となるケースもあり、さらに機内は非常に乾燥するので水分補給は大切です。国際線の飛行機への液体の持ち込みは制限があります。ネラルウォーターやお茶など水分補給用のペットボトルは、検査後の売店で購入しましょう。

航空券検索

関連記事

機内に持ち込める?飛行機内へのペットボトルの持ち込み方 国内線にペットボトルの持ち込みはできるのだろうか?飛行機に乗ったことのある方だと、一度
機内で一緒に過ごせる?国際線におけるペットの取り扱い ペットを飼われている方のなかにはペットと一緒に海外旅行へ行きたいと思う方もいるのではな
液体を飛行機に持ち込みたい!注意したいポイントとは 長旅になると、好きな飲み物でリフレッシュしたり、化粧や髪型を直したりしたくなりますよね。
ペットと旅行に行きたい!飛行機は乗れるの? ペットを飼っている方は、ペットを連れての旅行について考えてみたことがあるかもしれません