国内線の飛行機でWi-Fiが使える航空会社は?

2018.11.22

Wi-Fi
2010年代前半ごろまでは考えられないことでしたが、近年では機内でWi-Fiを用いてインターネット接続できる航空会社が世界的に増加してきました。この記事では、国内線の飛行機でのWi-Fi使用と、関連するサービスについてまとめました。

国内では、JALとANAの2社が相次いでWi-Fiに対応!

2018年10月現在、JALとANAの2社は無料Wi-Fiサービスを提供しています。JALが先行して2017年に無料での提供を開始し、その後ANAも有料で提供していたところ、無料化に踏み切りました。両社ともに、単にインターネット接続ができるサービスだけでなく、独自のコンテンツなどを提供しています。なお、全便において利用可能な状況には至っていないため、搭乗する機材がWi-Fiサービスに対応しているかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。
 
なお、ソラシドエアはWi-Fi機能を用いて、機内で楽しめるコンテンツを提供していますが、インターネット接続には対応していません。
 

搭乗前にはアプリの準備を。注意点は?

ANAの場合、搭乗前に専用アプリをダウンロードしておく必要があります。JALにおいても、動画サービスを利用するためにはアプリが必要となるため、事前のダウンロードがおすすめです。機内Wi-Fiを利用してダウンロードすることはできません。また、動画などの大容量の通信にも制限が掛けられていますので、特にビジネス等で必要となる場合には注意しましょう。
 

JALの機内Wi-Fiサービスは?

JALの機内Wi-Fiサービスでは、メールの送受信や通常のブラウジング、SNS投稿など基本的な通信を行うことができます。また、搭乗前に専用アプリをダウンロードしてあれば、70チャンネルにも及ぶビデオプログラムを視聴することができます。「ドラえもん」「それいけ!アンパンマン」といったお子さま向けのアニメから人気のドラマ、バラエティ番組、スポーツなど、非常に多くのチャンネルがあります。また2018年10月からは、ニュースやスポーツなどのライブTVチャンネルも楽しめるようになっています。
その他、フライトマップやオンラインストアでのショッピングなども楽しめます。
 

ANAの機内Wi-Fiサービスは?

ANAの機内Wi-Fiサービスも同様に、基本的なインターネット通信を行うことができます。また、動画サービスも充実しています。リアルタイムでのテレビ番組視聴にも以前より対応しており、合計約100のコンテンツが提供されています。約40冊のe-booksの提供に加え、音楽のサービスなどもあります。またお買い物サービスも提供しています。
 

さいごに

従来は機内のエンターテインメント用モニター画面で提供されていたサービスは、現代ではWi-Fiを通じて個々のデバイスにおいて提供される形に移り変わりはじめています。コンテンツもより充実し、従来以上に空の旅を楽しめるようになっています。飛行機でお出かけの際は、ぜひこれらの情報を事前に調べておき、リラックスして空の旅を楽しめるようにしましょう。
 
羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索
 
JALの航空券検索
ANAの航空券検索
ソラシドエアの航空券予約検索

関連記事

無料で使える?国際線の機内でWi-Fiは利用できる? 世界中で普及が進んでいる飛行機の機内Wi-Fiサービスですが、では違う国同士を行き来す
国内線のANAの機内サービスまとめ 国内線のANAの機内サービスは座席のクラスによって受けられるサービスがやや異なります。
国内線の飛行機で機内食は利用できる? 国内線の機内食について、航空各社のサービス内容が気になる方もいるのではないでしょうか。
JAL国内線の「機内Wi-Fiサービス」がずっと無料に! JAL国内線の機内Wi-Fiサービス「JAL SKY Wi-Fi」が6月から「ずっと無