座席も広く機内でWi-Fiを利用可能!JAL SKY NEXTまとめ

2017.06.01


JAL SKY NEXTは、JALのコンセプト1つで、機内でインターネットの利用が可能になり、座席が広くなりました。今回は、JAL SKY NEXTについてまとめました。

JAL SKY NEXTはJALのコンセプトの1つ!

JALでは、「ひとつ先のスタンダード」をテーマに、くつろぎ、利便性を追求するというJAL SKY NEXTというコンセプトを2014年5月に打ち出しました。機内でWi-Fiが使えるようになり、映画やドラマなどの動画コンテンツも楽しめるようになりました。また、普通席の足元が従来のものよりも最大5センチほど広くなっています。
JAL SKY NEXTをコンセプトとした飛行機では、航空券の料金に1,000円追加するだけで、広い座席を利用できる「クラスJ」やサービスの充実している「ファーストクラス」を利用できます。

JAL SKY NEXTをコンセプトにした飛行機は?

2016年に対象とする飛行機の改修が完了しました。対象の飛行機はボーイング777-200型機、777-300型機、ボーイング767-300/-300ER型機、ボーイング737-800型機(日本トランスオーシャン航空の飛行機は除く)です。

路線は全国で展開

JAL SKY NEXTをコンセプトとして飛行機が運航している路線は次の通りです。

東京(羽田)-大阪(伊丹)
東京(成田)-大阪(伊丹)
東京(羽田)-大阪(関西)
東京(羽田)-札幌(新千歳)
東京(羽田)-名古屋
東京(成田)-名古屋
東京(羽田)-福岡
東京(成田)-福岡
東京(羽田)-沖縄(那覇)
東京(羽田)-女満別
東京(羽田)-旭川
東京(羽田)-釧路
東京(羽田)-帯広
東京(羽田)-函館
東京(羽田)-青森
東京(羽田)-三沢
東京(羽田)-秋田
東京(羽田)-小松
東京(羽田)-岡山
東京(羽田)-出雲
東京(羽田)-広島
東京(羽田)-山口宇部
東京(羽田)-徳島
東京(羽田)-高松
東京(羽田)-高知
東京(羽田)-松山
東京(羽田)-北九州
東京(羽田)-大分
東京(羽田)-長崎
東京(羽田)-熊本
東京(羽田)-宮崎
東京(羽田)-鹿児島
東京(羽田)-奄美大島
東京(羽田)-宮古線
大阪(伊丹)-札幌(新千歳)
大阪(伊丹)-沖縄(那覇)
大阪(伊丹)-奄美大島
大阪(関西)-札幌(新千歳)
名古屋(中部)-札幌(新千歳)
名古屋(中部)-沖縄(那覇)
福岡-札幌(新千歳)
福岡-沖縄(那覇)線
広島-札幌(新千歳)
沖縄(那覇)-宮古線

上記路線では、クラスJやファーストクラスなどのクラスを利用できます。

利便性の高い機内Wi-Fiサービスの導入

JAL SKY NEXTをコンセプトとした飛行機では、米国gogo社の衛星接続サービスを利用し、機内でWi-Fiを利用できます。機内から無線LANを利用して自身のスマートフォン、パソコン、タブレット端末でインターネットにアクセスできます。また、無料の機内エンターテインメントサービスも導入され、スポーツ、グルメ、ミュージック、アニメなどの映像コンテンツや観光情報など、さまざまな情報を自身の端末を利用して楽しむことができます。

JALのWi-Fiについては次の記事も参考にしてください
2016年1月よりANAが飛行機でのWi-Fiサービスを開始!ANAとJALのWi-Fiサービスまとめ

機内インターネットの接続料金

Wi-Fiサービスを利用して機内のエンターテインメントコンテンツは無料で楽しめますが、外部コンテンツにアクセスするには料金が必要です。機内インターネットの料金プランは時間制プランとフライトプランの2つに分かれています。時間制プランは、路線、利用機器にかかわらず均一料金で、30分プランが400円(税込)です。

フライトプランは、1フライトにつき料金が発生しますが、使用時間制限はありません。利用する路線や利用する機器により、料金は変動します。料金は次の通りです。

450マイル以下(羽田=大阪ほか)
スマートフォン500円 タブレット/ノートパソコン500円 
451-650マイル(羽田=福岡ほか)
スマートフォン500円 タブレット/ノートパソコン700円 
651マイル以上(羽田=沖縄ほか)
スマートフォン700円 タブレット/ノートパソコン1,200円

Wi-Fiサービスの支払いはクレジットカードのみとなっています。JALマイレージバンク会員で、ダイヤモンド会員、JGCプレミア会員、サファイア会員なら、Wi-Fiサービスを年間で一定回数、無料で利用できる特典がありお得です。また、JALマイレージバンク会員なら、どのクラスの会員でも貯めたマイルをインターネット接続無料クーポンに交換できる特典があるため、頻繁にJALの国内線を利用するのであれば、気軽にWi-Fiサービスを利用できます。

足元のスペースが広い!

JAL SKY NEXTをコンセプトとした飛行機では、従来のものと比べて足元のスペースが広くなっています。また、全クラスの座席シートを高級車にも使われている本革シートとなっています。快適な移動時間を過ごせます。機内のカーペットもリニューアルされ、機内全体が落ち着いた印象にコーディネートされています。

また、「空気のような照明」をコンセプトに、機内照明をLED化し、フライト中の時間や季節に応じて照明のパターンを変更。心地よいパターンで変化する照明が、くつろぎと日本らしさを演出しています。

さいごに

JAL SKY NEXTはJALのコンセプトの1つです。JALが自信を持って提供する「ひとつ先のスタンダード」をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

JALの航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
JALの航空券予約はこちら

関連記事

6月の予定はコレで決まり!おすすめの水族館16選 梅雨の季節に入る6月ですが、せっかくの休みの日には恋人や家族とお出かけしたい方もいるの
国内線の飛行機で機内食は利用できる? 国内線の機内食について、航空各社のサービス内容が気になる方もいるのではないでしょうか。
機内で仕事をしたい!飛行機でのノートパソコン(PC)利用の注意点 ノートパソコン(PC)は機内に持ち込めます。一方で、機内で利用するときはノートパソコン
成田空港で充電可能なコンセントのあるスポットは?【国内線】 成田空港には3つのターミナルがあり、それぞれに国内線チェックインカウンターがあります。