PCやスマホを充電したい!飛行機の座席にコンセントはある?

2016.04.13

コンセント

機内でPCやスマートフォンの充電ができれば便利だと思う方も多いのではないでしょうか。航空会社や飛行機によっては、国内線でもフライト中に充電が可能です。今回は航空会社ごとの機内の電源事情をまとめました。

航空会社によっては、座席にコンセントやUSB充電器がある

航空会社によっては座席の下に電源があり、機内でPCやスマートフォンを充電できます。しかし、国内線では電源付きの機体はそれほど多くはありません。機内の電源の種類は、家庭などにある「ACコンセント」やスマートフォンの充電に便利な「USB電源」などです。

電源のある航空会社・飛行機

電源のある航空会社は主に「スターフライヤー」「ANA」「JAL」「スカイマーク」です。「ソラシドエア」「エアドゥ」「フジドリームエアラインズ(FDA)」では、電源を利用できません。

スターフライヤーは全席にコンセントあり!

スターフライヤーは全機材の全席にACコンセントとUSB電源があり、フライト中に充電できます。電源の場所は、ACコンセントの場合はシートの下に、USB電源は座席モニター周辺にあります。また、機内に携帯用充電器を用意しており、客室乗務員に申し出れば借りられます。

また、スターフライヤーはコンセントがあるのはもちろん、モニターもあるなど、座席の設備が充実しています。スターフライヤーの座席についてはどこがおすすめ?スターフライヤーの座席まとめを参考にしてください。

ANAはプレミアムクラスでは使える席も

ANAでは、航空券の料金に9,000円追加すれば普通席よりも座席間隔が広い「プレミアムクラス」を利用できます。ANAのプレミアムクラスでは、一部シートの肘かけにACコンセントとUSB電源があります。ACコンセントは肘かけ部分にあります。

ANAの普通席に電源付きの座席はありません。普通席の利用でスマートフォンなどの充電が必要な場合は、搭乗前にラウンジなどのPCコーナーを利用しましょう。

ANAのプレミアムクラスについてはANAのプレミアムクラスで、国内線で快適な空の旅!を参考にしてください。

JALでは一部機材には全席にコンセントあり

JALのエンブラエル190という機材には全席アクセス可能なユニバーサルPC電源が配備されています。また、ファーストクラスでは、スマートフォンまたはタブレット端末を充電できるモバイルバッテリーを利用できます。

スカイマークは一部機材ではコンセントあり

スカイマークは、一部機材を除き、各座席のシート下にコンセントがあります。コンセントはユニバーサルタイプで、世界各国のコンセントの形状に対応しています。正常に接続できている場合は緑色のライトが点灯し、接触不良等の場合は赤色のライトが点灯します。

スカイマークでは、航空券の料金に1,000円追加すれば、普通席より座席間隔が広い「足のばシート」を利用できます。スカイマークの座席についてはゆったり快適!?スカイマークの座席まとめを参考にしてください。

電源のない航空会社、飛行機

LCCには電源付きの座席はありません。LCCを利用する場合で充電が必要なときは、搭乗前にラウンジ内のPCスペースなどで充電してから搭乗しましょう。

機内でモバイルバッテリーは利用できる?

機内でモバイルバッテリーは利用できます。電池を機内に持ち込む場合、リチウムを含まない、乾電池、ニッケル水素電池、ニカド電池は制限なく機内に持ち込めます。飛行機の荷物として制限があるのは、リチウム電池またはリチウムイオン電池です。
ワット数が100Whを超えるリチウムイオン電池は、個数制限があり機内に2個までしか持ち込めません。

バッテリーについては次の記事についても参考にしてください
バッテリーを持ち込んでスマホを充電したい!飛行機に電池は持ち込める?

さいごに

機内に電源があると、スマートフォンやPCを充電した状態で目的地に到着でき安心です。国内線でも、航空会社や航空券のグレードを選べば、飛行機の中で充電できます。特に、スターフライヤーやスカイマークは普通席でも充電できるため便利です。

国内線を利用する際は、電源付き座席のある航空会社を選んでみてはいかがでしょうか?

ANAの航空券検索
JALの航空券検索
スカイマークの航空券検索
スターフライヤーの航空券検索

関連記事

バッテリーを持ち込んでスマホを充電したい!国内線で機内に電池は持ち込める? モバイルバッテリーは出張や旅行だけでなく、普段の生活でも使用することが多いグッズです。
【国内線】羽田空港第1・第2旅客ターミナルでスマートフォンが充電できるスポットまとめ 羽田空港国内線旅客ターミナルには第1・第2旅客ターミナルがあり、それぞれに無料でスマー
成田空港で充電可能なコンセントのあるスポットは?【国内線】 成田空港には3つのターミナルがあり、それぞれに国内線チェックインカウンターがあります。
機内で仕事をしたい!飛行機でのノートパソコン(PC)利用の注意点 ノートパソコン(PC)は機内に持ち込めます。一方で、機内で利用するときはノートパソコン