可愛い海の生き物がもりだくさん!男鹿水族館GAOの見どころをご紹介
2017.11.12

男鹿水族館GAO

ファミリーでのおでかけやカップルのデートコースとして水族館は定番です。秋田県男鹿市にある男鹿水族館GAOは、秋田唯一の水族館として人気のある観光スポットです。今回は、男鹿水族館GAOの見どころをご紹介します。

男鹿水族館GAOってどんなところ?

男鹿水族館GAOは、秋田県唯一の水族館です。地元に密着した展示が特徴で、男鹿半島沿岸の海を再現した水槽や秋田県の魚であるハタハタのコーナーなど秋田らしさが存分に詰まっています。映画「釣りバカ日記」のロケ地として使用されたことから知名度が上がり、リニューアルオープン以降は県内外からの観光客で賑わっています。入館料は大人1,100円、小中学生が400円です。

秋田県を代表する海の生き物たちの他にもホッキョクグマやペンギン、アザラシなどの人気の生き物にも出会えます。

男鹿水族館GAOへのアクセス

男鹿水族館GAOへ車で向かう場合は、船川から「なまはげライン経由」と「門前経由」の2つのルートがあります。なまはげラインを経由した場合の所要時間は約25分です。門前経由は船川から35分と多少到着まで時間がかかりますが、海岸線を走るルートなので景色が良く、観光ポイントが多いのがメリットです。

電車の場合はJR男鹿線の男鹿駅で下車し、男鹿半島あいのりタクシー“なまはげシャトル”を利用するのがおすすめです。所要時間は約1時間ですが、リーズナブルな料金で水族館へ行けます。

男鹿水族館GAOの見どころ

男鹿の海を再現した大水槽

男鹿水族館GAO最大の見どころは、男鹿の春から夏にかけての海が再現されている大水槽です。水中トンネル式の水量800tの水槽には、約40種2,000匹もの生き物が展示されています。
大水槽の水中トンネルからは、海の底にいるような幻想的な光景が楽しめます。マダイ、シマフグ、シマアジといった魚から、アオウミガメなどの滅多に見ることのできない生き物がすぐ目の前を泳ぐ姿は貴重です。

ペンギンやアザラシなど、かわいい動物が勢揃い

男鹿水族館GAOでは、ペンギンなど可愛らしい動物が多数飼育されています。水族館の人気者のキタイワトビペンギンとジェンツーペンギンは、毎年ヒナが誕生し、かわいいペンギンの赤ちゃんを見ることができます。イワトビペンギンは5月、ジェンツーペンギンは6月にヒナが孵化するので、その時期に訪れると、運が良ければ赤ちゃんペンギンに出会えるかもしれません。ペンギンたちには毎日2回エサやりの時間があり、ペンギンたちが餌をつつく愛らしい姿も見どころです。

また、アザラシとアシカが飼育展示されているひれあし’s館では、ゴマフアザラシとカリフォルニアアシカが飼育されています。アザラシとアシカというと、ショーのイメージが強いですが、ひれあし’s館ではあえてショーは行っていません。生物本来の魅力を伝えることを目的とし、ありのままの姿の飼育展示が行われています。

秋田県の魚「ハタハタ」の生態に特化した博物館

「ハタハタ博物館」コーナーは、全国で唯一ハタハタの通年飼育展示を行っています。秋田県の魚に指定されているハタハタは古くから保存食として秋田の食文化に関わっており、地元民に親しまれている魚です。

ハタハタ博物館は、秋田県民にしっかりと根付いて愛されているハタハタの生態を直接見て学べる珍しい施設です。ハタハタについての知識や、ハタハタ漁の歴史、秋田県とハタハタの食文化などを詳しく知ることができます。

男鹿水族館GAOのその他の楽しみ方

触って学べるタッチプール

タッチプールは、磯に生息する海の生き物を実際に触って楽しめるコーナーです。サザエ、アゴハゼ、ホンヤドカリなど、男鹿の海にいる生き物と触れ合える機会はなかなかなく、子供に海の生き物の生態を学ばせるには絶好のチャンスです。

実際に海に行っても滅多に出会うことができない磯の生き物たちに直接触れて生態を学べる貴重な経験ができるのは、タッチプールだからこそ。男鹿水族館GAOの中でも、子供に人気のあるスポットとなっています。

かわいいホッキョクグマのカップル

男鹿水族館GAOのマスコットといえば、オスの「豪太」とメスの「クルミ」のホッキョクグマです。

オスの「豪太」は優しい性格と可愛らしい仕草が人気です。メスのクルミと共に、2頭のホッキョクグマがのんびり昼寝している姿や、餌を食べている姿は、どれだけ見ていても飽きません。特に、キュートなホッキョクグマたちがプールで泳ぎながらオモチャで遊んでいる姿は可愛らしさ満点で、2頭揃って男鹿水族館GAOの人気者となっています。

眺めのいいレストランで男鹿の味覚を満喫

イタリア語で「波」という意味を持つレストラン「フルット」では、男鹿の海が眼前に広がる素晴らしい眺望を見ながら食事が楽しめます。男鹿や秋田の季節の味覚を楽しめるメニューが揃っており、秋田ならではの料理を堪能できます。

充実のお土産が揃ったミュージアムショップ

男鹿水族館のミュージアムショップは、オリジナルのぬいぐるみやグッズなど、ここでしか手に入らないグッズが並びます。水族館にちなんだグッズはもちろん、秋田や男鹿ならではの名産品も揃っています。

人気のホッキョクグマ「豪太」にちなんだ、男鹿の天然塩が入ったソフトクリーム「豪太ソフト」は、水族館の隠れ名物として人気があります。

さいごに

男鹿水族館GAOは、秋田県唯一の水族館であるという特徴を活かした水族館です。今回ご紹介した可愛い海の生き物たちの他にも、世界の珍しい魚や、秋田の川の環境を再現した展示など、見どころが数多くあります。秋田を訪れた際は、男鹿水族館GAOへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

秋田空港発着の航空券検索
大館能代空港発着の航空券検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

関連記事

6月の予定はコレで決まり!おすすめの水族館16選 梅雨の季節に入る6月ですが、せっかくの休みの日には恋人や家族とお出かけしたい方もいるの
世界でもっとも多くのペンギンを見られる!長崎ペンギン水族館の楽しみ方・見どころ 長崎ペンギン水族館では個性豊かなペンギンたちの生態を見ることができます。今回は、長崎県
食欲の秋!東北で食べておきたい秋のご当地グルメまとめ 秋といえば、美味しい山の幸、海の幸がそろい踏みのグルメの季節。東北地方には秋の味覚を使
ユニークな施設が盛りだくさん!九州で人気の水族館12選 九州には、日本でも珍しいユニークな展示をしている水族館が多くあります。今回は、九州地方