絶対食べたい!奄美大島のグルメをご紹介
2018.01.21

 

栄養満点!老舗居酒屋でいただくもずく料理とは

もずくは奄美大島を代表するグルメの1つであり、別名「フトモズク」とも呼ばれています。奄美大島のもずくは1本1本が太くシャキシャキした歯ごたえが特徴です。5月~6月頃までしか収穫できないため地元でも貴重な食品としても有名です。また、もずくにはカルシウムをはじめ、ビタミン・ミネラル・鉄分など多くの栄養が入っているため総合栄養食品としても知られています。奄美大島ではさまざまなお店でもずく料理を食べることができますが、なかでもおすすめなのが奄美市名瀬にある「むちゃかな」です。こちらのお店は老舗の居酒屋として地元でも知られており「もずく天ぷら」などの料理が楽しめます。なお、お店には駐車場はありませんが近隣には複数のコインパーキングがあります。

地元でも大人気!島豆腐が食べ放題のお店

奄美大島のふるさとの味ともいえる島豆腐は、重しを乗せてしっかり水気を切った固い豆腐のことです。島豆腐の魅力は、大豆が凝縮された独特の濃い味わいと言えるでしょう。また、型崩れしづらいため、ゴーヤーチャンプルをはじめさまざまな炒め料理などに使いやすいという利点もあります。奄美大島でも豆腐料理の名店として有名なのが「島とうふ屋」です。豆腐料理専門店であるこのお店では、なんと島豆腐と豆乳が食べ放題飲み放題!のサービスが人気です。お店ではボリューム満点のランチをはじめ、さまざまな豆腐料理を楽しむことができます。奄美空港からは車で約40分のアクセスとなっており、店内には座席席もあるため子連れの場合でもゆっくり食事も楽しめるでしょう。

旅のランチにもぴったり!地元でも人気の油うどんのお店

油うどんは奄美大島の人達にとって、気軽に楽しむことができる地元の家庭料理のひとつです。そもそも、油うどんとは玉ねぎやピーマンなど好みの野菜と一緒に、茹でたうどんを炒めた料理のこと。ランチにもぴったりで地元では子供から大人まで親しまれているローカルフードです。ちなみに、うどん以外にもそうめんを使った「油そうめん」も地元では定番料理として知られています。島ではさまざまなお店で油うどんを楽しめますが、なかでも名瀬入舟町にある「喜多八」は、油うどんはもちろん地元の郷土料理が楽しめるので観光客にはぴったりなお店。地元でも人気のお店なので事前に電話してからお店に行くことをおすすめします。お店の周辺には複数の駐車場もありますのでレンタカーなどでお店に行くこともできます。

「まぼろしの豚」と呼ばれる島豚とは?

島豚は地元では「まぼろしの豚」とも呼ばれるほど貴重な豚として有名です。島豚の大きな特徴はその独特のコクや旨みと柔らかい肉質といえます。トンカツやしゃぶしゃぶとして調理しても大変美味しく、地元では馴染み深いグルメのひとつとして人気です。島豚の人気店といえば地元でも有名な「豚豚亭(とんとんてい)龍郷道場」があります。このお店は龍郷町国道58号線沿いに位置しており、島豚を使ったトンカツをいただくことができます。そして、豚の軟骨煮やカレーなどさまざまな豚料理が味わえるお店として観光客にも高い人気です。なお、お店には駐車場(50台)も完備しているので、島のドライブがてらに気軽に立ち寄ることも良いでしょう。

オリジナリティにあふれる地元料理が食べられる奄美大島

奄美大島には島独特のソウルフードが多く、そのなかには普段私たちがなかなか食べることができない貴重なものもあります。ゆっくり島めぐりをしながら地元の人気店で昼食を取ることも旅の楽しみでしょう。親しみやすい島の人が作る地元ならでは美味しさを求めてぜひ奄美大島に旅してみませんか?

奄美空港発着の航空券検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

関連記事

奄美大島空港発着便の飛行機の料金はどれくらい? 奄美空港発着の路線は多く、関東では羽田空港や成田空港、関西では伊丹空港、九州では福岡空
直行便があり便利!バニラエアの奄美大島の料金はどれくらい必要?バニラエアの国内路線の運航は2019年9月30日で終了いたしました。 奄美大島は、市街地に近い海水浴場「大浜海浜公園」、国指定天然記念物の動植物が生息してい
海とマングローブに囲まれた島!「奄美大島」の見どころとアクセス方法 奄美大島は日本で2番目の規模を誇る「マングローブ原生林」があるほか、羽田空港や成田空港
奄美大島の大自然と文化を堪能できる観光スポット 本当に日本!?疑うほどの美しさの「土盛海岸」 "奄美大島の観光で決して忘れてはならないの