搭乗前に確認しよう!飛行機に関するルールまとめ
2017.12.16

飛行機

「手荷物」に関するルールや「機内の過ごし方」のルールなど、飛行機を利用する際にはひとりの乗客として守らなければならないルールがあります。今回は乗客が守るべき飛行機に関するルールをまとめてご紹介します。

ルール1 手荷物に関するルール

飛行機の手荷物には機内に持ち込めるものと持ち込めないものがあります。まずは旅行の荷物をまとめる前に、手荷物のルールについて確認しておきましょう。

機内に持ち込める荷物には条件がある

飛行機の機内に持ち込むことができる手荷物は基本的に「『ハンドバッグやカメラなどの身の回り品』1個を含めた2個」と定められており、そのサイズや重量は各航空会社によって細かく決められています。それ以外の荷物については空港カウンターで預けます。預け用の手荷物の許容量も航空会社によって異なるので、利用する航空会社のルールに則って荷物を用意しておきましょう。

以下の表は一般航空会社とLCC各社の預け荷物と機内持ち込み手荷物の制限をまとめた表です。

預け荷物と機内持ち込み手荷物の制限をまとめた表

注意すべき荷物を把握しておく

私たちが普段使っている日用品や身の回り品のなかには、「機内持ち込み制限のある荷物」や「預かり制限のある荷物」「持ち込みも預けることもできない荷物」など、旅行用の手荷物として持って行く際に注意しなければならない荷物が多くあります。品物によっては保安検査場に置いてある放棄品箱に捨てなければならないこともあるので、どのような荷物に制限があるのか荷物をまとめる前に必ず確認しておきましょう。

注意すべき荷物の例

注意すべき荷物の例

機内へ持ち込むことも預けることもできない荷物の例

機内へ持ち込むことも預けることもできない荷物の例

ルール2 保安検査(セキュリティチェック)に関するルール

飛行機に乗る旅客は、搭乗前に必ず保安検査(セキュリティチェック)を受ける必要があります。飛行機の保安検査はJALやANAなどの一般航空会社では「出発時刻の15分前」、LCCの場合は「25分前」までというように、空港や航空会社によって締切時間が決まっています。時間通りに飛行機に乗るためにも、保安検査場には早めに向かうようにしましょう。

金属類は検査用のかごに入れておく

飛行機の保安検査では、旅客が金属探知機のゲートをくぐって危険物などを所持していないかチェックされます。そのため保安検査を受ける際には、金属類やチャックの付いた上着、ベルト、財布、電子機器などの金属反応の可能性がある物品をすべて外してからセキュリティーゲートをくぐるようにしましょう。

ペットボトルなどをかばんから出しておく

以下の荷物はかばんの中に入れたままX線検査を受けると再検査されてしまう可能性があるので、保安検査を受ける前にかばんから取り出しておきましょう。

・ペットボトル、食べ物
・飲み物などの液体類
・PCやタブレットなどの電子機器類
・ヘアスプレー
・ヘアアイロン
・ライター

ルール3 機内に持ち込む電子機器に関するルール

国土交通省の定める告示により、2014年9月1日から飛行機内でスマホを含む一部の電子機器類が使用できるようになりました。
電子機器類には「作動時に電波を発する状態にあるもの」と「作動時に電波を発しない状態にあるもの」の2種類があります。そのうちの前者に該当する以下のような電子機器類は、出発時の「飛行機のドアが閉まった時」から「着陸後の滑走が終了する時」までの間は使用が制限される(飛行機の種類によっては条件付きで使用可能なものもあります)ので、機内に持ち込む際には注意しましょう。

「作動時に電波を発する状態にある電子機器類」の例

・携帯電話
・PHS
・トランシーバー
・無線操縦玩具
・ワイヤレスマイク
・パーソナルコンピューター
・携帯情報端末
・電子ゲーム機
・携帯型データ通信端末
・無線式ヘッドホン、無線式イヤホン、ICタグ(電池式)および他の電子機器と無線通信を行う機能を有するもの(Bluetoothなど)

ルール4 機内の過ごし方に関するルール

飛行機はバスや電車と同じ「公共の乗り物」であるため、乗客が守るべきマナーやルールというものがいくつかあります。なかには航空法によって義務付けられているルールもあります。機内の過ごし方に関するルールは次の通りです。

・離着陸時(シートベルト着用サイン点灯時)は必ずシートベルトを締める
・離着陸時(シートベルト着用サイン点灯時)はリクライニングやテーブルを使用しない
・離着陸時(シートベルト着用サイン点灯時)はトイレを利用しない
・離着陸時(シートベルト着用サイン点灯時)は立ったり座席を移動したりしない
・機内は静かに過ごす
・リクライニングシートを倒しすぎない
・手荷物は通路に置かないで収納棚に入れる
・お酒を飲みすぎて酔わないようにする
・トイレも含めて機内では喫煙しない

さいごに

今回は飛行機の乗客が守るべき飛行機に関するルールを、紹介しました。各ルールの詳細については別記事で詳しく紹介していますので、ぜひそちらも参考にしつつ飛行機のルールを確認してみてください。

飛行機のルールに関しては次の記事を参考にしてください
知っておくと安心!荷物の持ち込みの条件まとめ
お土産買いすぎに注意!飛行機の荷物は何キロまで?
知っておくと荷物検査がスムーズに!空港内の保安検査場とは
飛行機内でスマホ(スマートフォン)の利用は可能!飛行機でのスマホ利用の注意点

航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
航空券予約検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

関連記事

知っておくと荷物検査がスムーズに!空港内の保安検査場とは 飛行機を初めて利用する場合、手荷物検査を受ける保安検査場での流れを知っておけばスムーズ
機内に持ち込める?飛行機内へのペットボトルの持ち込み方 国内線にペットボトルの持ち込みはできるのだろうか?飛行機に乗ったことのある方だと、一度
知っておくと安心!国内線の荷物の持ち込みの条件まとめ 飛行機では、機内の持ち込みが禁止されている荷物があります。今回は機内に持ち込むことがで
機内で撮影可?一眼レフなどのカメラを飛行機に持ち込む際の注意点 一眼レフを含むカメラは機内に持ち込めます。しかし、一部のカメラやカメラの関連製品の取り