飛行機で行きたい!札幌で巡るご当地グルメ
2018.01.05

ガツンとボリューム満点!北海道グルメの雄「ジンギスカン」

古くから羊の飼育が盛んな地域である北海道では、郷土料理としてジンギスカンが親しまれてきました。ジンギスカンは、羊肉をベースに野菜を加えて蒸すように焼いて作られます。いわば羊肉のバーベキューといったところでしょう。大きな円形の鍋は、中心が盛り上がった特徴的な形をしています。盛り上がった部分に羊肉を乗せて周囲に野菜を盛って焼いて食べるというスタイルのジンギスカン鍋があり、大人数で鍋を囲んで食べるとより一層楽しめるかもしれません。羊肉は、牛肉と比べると脂肪分の少ないとされているので、カロリーを気にする女子でも気にすることなく食べることができるでしょう。札幌に行くなら一度は口にしておきたい北海道のソウルフード。それが、ジンギスカンです。

外は寒くても食べ物はアッツアツ!「スープカレー」

北海道とカレーは一見あまり関係がないように感じるかもしれませんが、古くから北海道ではカレー文化が浸透していました。ここで紹介するスープカレーには、通常のカレーのように粘り気のあるルーではなく、サラリとした食感のルーが用いられています。具材もトロトロになるまで煮込んであり、口にした瞬間に溶けてしまうくらいの柔らかさになっています。スープカレーの特徴として、辛さが挙げられます。何種類ものスパイスを組み合わせてルーの味が整えられていますが、それゆえに辛さの程度の幅があるので、優しい味が好きな方から刺激的な辛さが好きな方など幅広いニーズに応えられます。北海道でとれる食材をふんだんに取り入れたスープカレーは必見です。

北国の厳しい寒さが育てたぷりぷりの「海鮮丼」

北海道は周りがすべて海で囲まれているという特色があります。そのため、魚介類の往来が活発で、暖流や寒流、国産や外来などさまざまな種類の魚介類が豊富に獲れるのです。また、寒い環境にあるため、魚に脂がつきやすいのも特徴です。札幌の市場に出向くと新鮮な魚介類を多く取り扱っており、水揚げ間もない魚介類を食べられることもあります。そんな北海道のよさを一皿に敷き詰めた贅沢な一品が、海鮮丼です。ウニやいくらはもちろん、冬にはカニなどの定番海鮮食材も揃っています。大抵の食材が札幌に集まるので、北海道をまるごと味わうかのような体験ができるかもしれません。

札幌といえばこれでしょ!「札幌ラーメン」

札幌で忘れてはならないのが、札幌ラーメンの存在です。全国各地でさまざまなグルメがありますが、ラーメンほどご当地を表している料理は少ないのではないでしょうか。北海道にとって札幌ラーメンは欠かせないものとなっており、北海道遺産に登録されるほどの存在感を放っています。豚骨ベースで醤油や味噌などを加えたスープと、多加水熟成製法で粘り強くモチモチとした食感の麺がうまく絡み合って、相乗効果的にラーメンの魅力を引き出しあっているのです。札幌に行ってラーメンを食べないということは、ルーの無いカレーを食べるような行為と言えるでしょう。是非、食べておきたい札幌グルメのひとつです。

飛行機で行きたい札幌旅行

ジンギスカン、スープカレー、海鮮丼、札幌ラーメンは、札幌に行くなら確実に押さえておきたいグルメです。どの料理も、時期を選ばず味わえるグルメです。効率よくスポットを回るためにも、時間的には効率よく動きたいものですね。そこでおすすめなのは、飛行機での移動です。本州からであれば、飛行機での移動が断然時間コストがかからず効率的です。現地のグルメを楽しむためにも、飛行機を利用して移動時間を短縮するのもひとつの方法です。せっかくの旅行ですから、ストレスフリーの移動で快適に過ごしてみましょう。

新千歳空港発着の航空券検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

関連記事

写真を撮るならココ!札幌の絶好の写真スポット11選 札幌には、市内を一望できる「JRタワー展望室 T38」や「藻岩山」などの風景スポットに
雄大な自然が広がる!北海道の観光スポット21選 夏休みにはぜひ北海道に旅行に出掛けてみてはいかがでしょうか。北海道は日本国内でもトップ
北海道の旅行の計画の立て方 日本の広大な自然を満喫したければ一度は行きたいのが北海道。四季折々の楽しみ方があります
東京から札幌では日帰り旅行を楽しめる?日帰り旅行プランを紹介 大自然と美味しい食の宝庫・北海道。時間ができたら、気軽に行きたいものですね。そこで北海