国際線で利用できるバシネットとは? 予約方法についてもご紹介
2018.07.11

バシネット
小さな子どもと一緒に飛行機で移動するのは大変です。そんな時に役に立つのが「バシネット」と呼ばれる乳児用ベッドです。今回は、国際線で利用できるバシネットについてご紹介します。

バシネット(ベビーベッド)とは赤ちゃんを寝かしつけられるベッド

バシネットとは、赤ちゃんがベビーベッドで寝ることができる時期までに使用するベッドです。一般的に航空機に備え付けられた乳児用ベッドのことを指します。

バシネットのサイズは航空会社ごとに異なっており、ANAのものは「85cm×45cm×33cm」、JALは「72cm×30cm×15cm」の大きさです。年齢は2歳未満までの子どもが対象で、体重はANAが10kg以内、JALが10.5kg以内の制限があります。

バシネットを利用するには予約が必要

バシネットを利用するには、予約が必須です。搭乗時に依頼しても対応してもらえないので注意しましょう。また、バシネットの予約は電話受付のみとなっています。Webサイトでの予約は受け付けていないので、あわせて確認しましょう。バシネットの数には制限があるので、早めに予約をしておきましょう。

携帯用ベッドは使用できる?

JetKids BedBoxやFYL-TOTなどの携帯ベッドは、窓側の座席や両側をシートで挟まれた間のシートであれば利用することができます。携帯ベッドは離着陸時、地上滑走時、ベルト着用サインが出ている間は使用できません。その間は収納スペースや前の座席下に収納します。また、飛行中も状況によって使用できない可能性があるので、客室乗務員の指示に従いましょう。

一般航空会社ではバシネット以外にも利用できるサービスあり

JAL・ANAといった一般航空会社は、バシネット以外にも子ども用のサービスを提供しています。飛行機の化粧室にはおむつ交換台が設置されています。事前に航空会社に連絡しておけば、紙おむつも用意してくれます。離乳食や幼児食についても、事前に依頼しておけば準備してくれます。アレルギー対応の食事も対応しています。お願いすれば機内でミルク作りも手伝ってくれます。

さいごに

バシネットとは、赤ちゃんがベビーベッドで寝ることができる時期までに使用するベッドです。バシネットのサイズは航空会社ごとに異なっているため、事前に確認しておきましょう。また、バシネットを利用するには電話予約する必要があります。数に限りがあるので、できる限り早く予約すると良いでしょう。

小さな子どもを連れての飛行機は大変ですが、各航空会社ではさまざまな子ども用のサービスを提供しています。長い飛行機での旅は大変ですが、事前に準備をしておけば安心です。何か困ったときは客室乗務員に相談すると良いでしょう。

航空券検索

関連記事

国内線の飛行機に「バシネット」はある? 国際線の飛行機には用意されていることが多い「バシネット」ですが、JALやANAなどの国
初めての赤ちゃん連れの飛行機で気をつけたい!座席選びのポイント! 赤ちゃん連れで飛行機に乗る時は、特に注意して座席を選ぶと良いでしょう。今回は、赤ちゃん
赤ちゃんと一緒に海外旅行!国際線で利用できる子ども向けサービスが便利! 赤ちゃんと一緒の海外旅行は不安がつきものです。国際線には赤ちゃんのためにさまざまなサー
コードシェア便で運航!アイベックスエアラインズ(IBEX)ってなに? 出張や帰省、旅行のスケジュールを立て航空券を予約するときに、「アイベックスエアラインズ