預ける?持ち込む?国際線の歯磨き粉の取扱まとめ
2018.07.25

歯磨き粉

海外旅行に行くにあたり「国際線に歯磨き粉は持ち込めるのか」「持ち込み荷物にはどのような制限があるのか」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。国際線は国内線とは異なり、さまざまな荷物の制限があります。歯磨き粉もその1つにあたります。今回は、国際線での歯磨き粉の取り扱いについてご紹介します。

国際線の飛行機に歯磨き粉は持ち込める?

国際線の飛行機に歯磨き粉を持ち込むことは可能ですが、いくつかの制限があります。どのような場合にどんな制限があるのか、また持ち込むためにはどうすれば良いのか、具体的な方法についてご紹介します。

国際線の飛行機に液体を持ち込む際のルール

国際線の飛行機に歯磨きを持ち込む際には、容量制限が設けられています。歯磨き粉は「液体」に分類されるため、制限の対象になります。歯磨き粉と同様に、スプレーや整髪剤のジェルやワックス、エアゾールも液体の制限対象になります。

飛行機に持ち込む液体の容量制限については「100ml以上の容器に入った液体は持ち込みができない」となっています。これは容器の中身の液体が100ml以下でも、例え残りわずかの状態でも持ち込めません。

一方、医薬品、ベビーミルクやベビーフード、特別な制限食などについてはこの制限は適用されません。医薬品の場合は、処方箋の写しや病名が書かれた医師の診断書などの提示を求められる場合があります。ベビーミルクやベビーフードの持ち込みについては乳幼児と一緒に飛行機に搭乗する場合に限ります。

歯磨き粉の持ち込み方

歯磨き粉を飛行機に持ち込むためには、容器容量が100ml以下の容器に入れて、容量1L以下、縦横の辺の合計が40cm以内の透明な再封可能(ジッパー付き)のプラスチック袋に入れなければなりません。また1人あたりの袋の数は1つのみです。この袋の中に歯磨きのほか、シャンプーやシェービングフォームなど全ての液体を詰める必要があります。

保安検査の際は、液体を詰めた透明のプラスチック袋はバックから取り出して検査を受けなければなりません。空港によっては透明のプラスチック袋を販売しているところもありますが、空港で荷造りする時間と手間を考慮すると自宅で準備をしておくことをおすすめします。

歯磨き粉を預ける場合は?

歯磨き粉をチェックインカウンターで預ける場合、特に制限はありません。フライトの時間が短い場合や機内で食事をしない場合などは、歯磨き粉は受託手荷物として預けると良いでしょう。

歯磨き粉以外に持ち込みの際に注意すべき荷物

歯磨き以外にも持ち込む手荷物についてはさまざまな制限があります。喫煙用のマッチやライターなどは搭乗者1人につき1個までです。ハサミや先端が尖っているものやバット、スタンガン、スプレー缶やガスボンベなどは持ち込みはできません。アルコール類は、アルコール度数が24%を超え70%以下のものは、1人5Lまでとなります。アルコール度数が24%以下のアルコール類は制限がありません。

さいごに

国際線の飛行機に歯磨き粉を持ち込むには今回紹介したような液体としての制限があります。規定に基づいて歯磨きをほかの100ml以下の容器に移し替えたり、透明のプラスチック袋を用意したりすることが面倒な場合は、預け入れ荷物としてスーツケースなどに入れて預けた方が良いでしょう。

持ち込み制限を正しく認識して空の旅を楽しんでください。

航空券検索

関連記事

未開封の必要はある?国際線でペットボトルを機内に持ち込む方法 「国際線の飛行機にペットボトルの制限はある?」「未開封であればペットボトルは持ち込みで
これって液体?飛行機で要注意な液体まとめ 飛行機の手荷物検査で引っかかってしまった!飛行機では、意外な液体に引っかかってしまうこ
預ける?持ち込む?国際線のハンドクリームの取扱まとめ 飛行機の中は乾燥しがちな空間です。そのため、ハンドクリームを持ち込みたいと思っている方
液体を飛行機に持ち込みたい!注意したいポイントとは 長旅になると、好きな飲み物でリフレッシュしたり、化粧や髪型を直したりしたくなりますよね。