割引を上手に使おう!ANAに安く乗る方法をいくつも紹介!
2021.12.13
  • アプリなら、全国旅行支援の最新情報をリアルタイムでお届けします!更にポイント10%還元中で今予約しても超おトク!

アプリをダウンロードする

ANA飛行機

ANAの運賃には種類があり、うまく活用することで格安の航空券を予約できます。普通運賃よりも最大で半額以下になることもあります。今回は羽田-新千歳間を例にして、ANAに安く乗る方法についてまとめました。

ANAの運賃の種類は?

ANAの主な運賃は「普通運賃」と「早期購入割引」です。ANAでは、搭乗日の1日前までの予約・購入で運賃がお得になる「ANA VALUE1」や、搭乗日の3日前までの予約・購入で運賃がお得になる「ANA VALUE3」、さらに28日前、45日前、55日前までの予約で運賃がお得になる「ANA SUPER VALUE28」「ANA SUPER VALUE45」「ANA SUPER VALUE55」といった割引運賃もあります。

ANAの航空券の料金はどれくらい?

早期購入割引を利用すれば、ANAに安く乗ることができます。次の表はANAの羽田空港-新千歳間の料金表です。この料金表をもとに、ANAに安く乗る方法について紹介します。

運賃の種類 料金
普通運賃 40,860円
早期購入割引1日前 35,260円
早期購入割引3日前 32,460円
早期購入割引21日前 24,960円
早期購入割引28日前 13,860円
早期購入割引45日前 13,360円
早期購入割引55日前 12,060円
早期購入割引75日前 9,060円

 

※2021年12月調査時点の料金
ANA:2022年3月9日 羽田空港6:15発-新千歳空港7:45着
 

普通運賃の料金はどれくらい?

羽田-新千歳間のANAの普通運賃は「40,860円」です。早期購入割引と比べて料金が高く、ANAでもっとも料金がお得な早期購入割引75日前の料金と比べた場合、31,800円程度も料金に差があります。
 
一方で、普通運賃は早期購入割引よりも料金が高いものの、「予約の変更が可能」「早期購入割引と比べてANAのマイルが多く貯まる」といったメリットがあります。また、ANAでは当日でも利用できる普通運賃よりも料金がお得な運賃もあります。当日の場合、そちらを利用すると良いでしょう。
 
普通運賃については次の記事も参考にしてください
航空券の普通運賃ってなに?メリット・デメリットまとめ
 
当日でも格安の航空券を予約する方法については次の記事も参考にしてください
急な出張でも大丈夫!格安の航空券を当日に予約する方法
 

予定が決まっている場合は早割を狙おう!

出張や帰省、旅行のスケジュールが既に決まっている場合や早めに決まった場合は、早期購入割引を利用すると良いでしょう。早期購入割引とは、搭乗日に対して予約のタイミングが早ければ早いほど割引率が高くなる割引運賃のことです。ANAの早期購入割引は、「1日前」「3日前」「7日前」「21日前」「28日前」「45日前」「55日前」「75日前」の8種類あります。
*一部路線・便には設定がない場合があります。

ANAの早期購入割引は航空券の料金が安いものの、「予約の変更ができない」「キャンセル料が高い」などのデメリットもあります。
 

各割引の料金を比較すると?

上記の「羽田空港-新千歳間の料金表」を比較すると、普通運賃に比べて「早期購入割引」はお得であることがわかります。
特に、「28日前」「45日前」「55日前」「75日前」が格段に安い設定となっています。

早期購入割引については次の記事も参考にしてください
航空券を格安で取得するならこれ!飛行機の早期購入割引とは?
格安で行ける!?ANAの早期購入割引はどれくらいお得?
 

もっともお得なのは早期購入割引75日前

ANAのなかでもっともお得な航空券は早期購入割引75日前です。早期購入割引1日前と75日前の料金を比べると26,200円程度も料金に差があります。出張や帰省、旅行のスケジュールが分かっている場合、搭乗予定日の75日前までに航空券を予約すればANAに安く乗ることができます。
 

早期購入割引28日前の利用がおすすめ

75日前までに航空券を予約するのが難しい場合、早期購入割引28日前を利用すると良いでしょう。早期購入割引1日前と28日前では、21,400円程度の差があります。また、早期購入割引21日前と28日前を比べた場合でも、10,000円以上も料金に差があります。そのため、ANAを利用する場合はできる限り28日前までに航空券を予約するとお得です。
 
早期購入割引の利用のタイミングは次の記事も参考にしてください
早期購入割引はどのタイミングで予約すればお得?
 

株主優待券の利用がおすすめ

出発日当日や直前の予約の際は、ANAの割引運賃は利用できないことが多いです。
その場合は、「株主優待割引」を利用することをおすすめします。
「株主優待券」を使えば、いつでも運賃が「50%」割引されます。

*株主優待券の注意点*
ANAの株主に付与される優待券のため、一般の方は手に入れることが難しいです。
金券ショップで購入したりすることは可能ですが、手間がかかってしまいます。

◎エアトリでは
ANAの株主優待券を扱った航空券を販売しています。
そのため、ご自身で金券ショップで購入しなくても、エアトリの航空券販売サイトにて優待券と航空券を同時に購入することが可能です!
 
格安の航空券を予約する方法は次の記事も参考にしてください。
安く旅行に行きたい!航空券を格安で買う5つの方法
飛行機が安いのはいつ?航空券が安いのはこの曜日

出発日当日でも使える割引もある!

ANAの航空券を当日購入する必要がある場合、株主優待券以外にも安く買える方法もあります。

「25歳以下のとき」

12歳以上25歳以下でANAマイレージクラブ会員の方が購入できる「スマートU25」という割引運賃があります。
当日空席があれば、インターネットと空港で予約が可能です。

「65歳以上のとき」

65歳以上でANAマイレージクラブ会員の方が購入できる「スマートシニア空割」という割引運賃があります。
当日空席があれば、インターネットと空港で予約が可能です。

「ANAマイル」を貯めて使おう!

ANAの航空券を安く購入するために、ANAマイレージの会員となり「ANAマイル」を使用する方法もあります。
ANAカードを作らなければ、入会金・年会費は基本無料ですが、日常生活でもマイルが貯まるので、一緒にカードを作成するとよいでしょう。

ANAマイレージの会員になると。。。

①特典航空券を利用できる
マイルと貯めると「特典航空券」に交換ができます。

国内線:片道5,000マイルから交換可能
国際線:片道12,000マイルから交換可能

*時期や目的地によって、交換可能マイル数は変わります。

②いっしょにマイル割引が利用できる
10,000マイル使用すると、区間を問わず往復便が利用できます。
また、同行者(3人まで)にも割引価格が適用されるので、複数人でもお得です。

同行者の割引価格;21,400円~36,600円

*時期や目的地によって変動がありますが、予約は出発前日まで可能です。

さいごに

ANAを安く利用するためには、早期購入割引の利用が必須です。ANAで安く乗るには、搭乗日の75日前までに航空券を予約することをおすすめしますが、難しい場合は、できる限り28日前までには航空券を予約するとお得になります。
 
できる限り早く航空券を予約して、ANAに安く乗りましょう!
 
ANAについては次の記事も参考にしてください
サイズや重量にルールあり!ANAの国内線の荷物制限まとめ
国内線のANAの機内サービスまとめ
ANAの国内線のクラスは2種類!ANAの座席まとめ
何分前に済ませばよい?ANAのチェックイン方法
 
ANAの航空券検索
 
羽田空港-新千歳空港間の航空券
羽田空港発-新千歳空港着  新千歳空港発-羽田空港着
 
羽田空港発着の航空券検索
新千歳空港発着の航空券検索

持ち物のチェックリストに入れておいてよかった!1泊2日からレンタルできるWiFi [PR]

電波が届きにくそうなエリアでも安心なWiFi「グローバルモバイル」

関連記事

航空券を格安で取得するならこれ!飛行機の早期購入割引とは? 飛行機の早期購入割引とは、航空会社が行っている、予約時期に応じて金額の決定される割引制
飛行機の早期購入割引の予約はいつからいつまで? JALやANAをはじめとする一般航空会社の多くでは、予約のタイミングが早いほど割引率の
JALの新千歳空港の出発ロビー・到着ロビーはどこにある? JALは、新千歳空港発着のさまざまな便を全国に展開しています。今回は、JALの新千歳空
JAL・ANAよりもお得!ソラシドエアの那覇空港の路線の料金はどれくらい ソラシドエアは主に九州各地から沖縄まで運行しています。ソラシドエアを利用することで、那