預ける?持ち込む?飛行機のチャイルドシートの取扱
2017.11.21

チャイルドシート

赤ちゃんと一緒に飛行機にのるとき、チャイルドシートを持って行くか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回は、飛行機でのチャイルドシートの取扱についてまとめました。

チャイルドシートは条件を満たせば機内に持ち込める

JAL・ANAなどの一般航空会社では、条件を満たしたチャイルドシートであれば機内への持込みができます。2歳未満の子どもと搭乗する際、膝に抱きかかえるかチャイルドシートを利用する必要があります。JAL・ANAではチャイルドシートをレンタルすることもできます。また、ジェットスター以外のLCCはチャイルドシートを機内に持ち込めます。

※コードシェア便はその航空会社の規定に基づく
※2017年10月調べ

チャイルドシートの規定について

チャイルドシートの規定は次の通りです。

・BUCKET TYPE(Forward/After facing type及びConvertible type)のチャイルドシートで、以下1~3のいずれかの基準を満たすもの

  1. 日本(装置型式指定基準)の基準を満たし、所定のマークが貼付されているチャイルドシート
  2. 欧米(ECE・FMVSS)の基準を満たし、所定のマークが貼付されているチャイルドシート
  3. TSO-C100bの記載がされているチャイルドシート

・チャイルドシートのベルト通し穴に航空機座席についているシートベルトバックル(厚さ2.5cm、横幅6.5cm、縦幅6.5cm)を通せるチャイルドシート

・子どもがチャイルドシートに着席できること。また、チャイルドシートに表示された体重制限を越えていないこと。

また、航空会社によっては後ろ向きのチャイルドシートは利用できないなど規定が異なります。搭乗前に、利用する航空会社の規定を確認しておきましょう。

チャイルドシートを預ける場合

LCC航空会社を含む各社で、チャイルドシートを預け荷物として運べる場合がほとんどです。荷物の総重量に加算されることは原則なく、子どもを膝に抱きかかえていれば運賃もかかりません。長時間のフライトでなければ預けるのも1つの手段です。

さいごに

子どもをつれての旅行や帰省など、長時間のフライトや現地での利用で、チャイルドシートが必要になることがあります。スケジュールに合わせてチャイルドシートを預けるか、機内に持ち込むかを決めて、快適な時間をすごしましょう!

航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
航空券予約検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

関連記事

預ける?持ち込む?国際線でのチャイルドシートの取り扱い 小さな乳幼児を連れて国際線の飛行機に乗る際、「機内にチャイルドシートは持ち込みできるの
初めての赤ちゃん連れの飛行機で気をつけたい!座席選びのポイント! 赤ちゃん連れで飛行機に乗る時は、特に注意して座席を選ぶと良いでしょう。今回は、赤ちゃん
赤ちゃんとの旅行で不安、Peachの子供料金や過ごし方は? 子どもや赤ちゃんを一緒に連れて、飛行機に搭乗できるかどうか、不安を感じている方も多いの
赤ちゃん連れの旅行、バニラエアの子ども料金は?バニラエアの国内路線の運航は2019年9月30日で終了いたしました。 バニラエアをお子さん連れで利用する際に知っておく必要があるのは、子ども料金についての情