アクティビティと大自然を満喫できる!ニセコの観光スポット13選
2017.12.05

ニセコ高橋牧場

ニセコは、北海道の中でも特に手つかずの美しい自然が残されていることで有名な観光地です。暖かい時期には登山やカヌー、雪が積もる冬はスキーやスノーボードなど、大自然を活かしたアクティビティを楽しめます。今回は、そんなニセコのおすすめ観光スポットを紹介します。

定番の観光スポット

羊蹄山

日本100名山の1つにも選ばれている羊蹄山は、ニセコを代表する観光スポットです。羊蹄山は標高1,898mの美しい円錐型の成層火山で、その姿が富士山に似ていることから、「蝦夷富士」と呼ばれています。夏には100種類以上の高山植物が咲き誇り、登山やトレッキングで訪れた人の目を楽しませてくれます。また、運が良ければキタキツネやエゾリスなど可愛らしい動物達の姿を見ることもできます。
春~初秋頃までは登山も楽しめます。

住所:北海道虻田郡真狩村周辺

有島記念館

有島記念館

有島記念館は、「或る女」「生れ出づる悩み」などで知られる、白樺派の代表的な作家である有島武郎の生誕100周年を記念して作られた記念館です。代表作である小説「カインの末裔」や「親子」「秋」などの作品はニセコが舞台となっており、有島の思想や作品にも大いに影響を与えた地としても知られています。
館内には、有島武郎の作品や資料が展示されています。また、羊蹄山を一望できる展望台、手入れの行き届いた庭などで自然を満喫できるのも魅力の1つです。

住所:北海道虻田郡ニセコ町字有島57
入場料:大人500円、中学生(13~15歳)100円、小学生以下無料
開館時間:9時~17時

さくらんぼの木

さくらんぼの木

自然豊かなニセコは写真映えするスポットがありますが、その中でも「双子のさくらんぼの木」は人気のあるスポットの1つです。秀麗な羊蹄山を背景に、寄り添うように立つ2本のさくらんぼの木はインスタ映えします。

桜が満開になる5月初旬頃には、その姿を写真に収めようと多くの人が訪れます。ただし、さくらんぼの木の前は私有地です。立ち入らないようにし、ルールを守ってフォトジェニックな写真を撮りましょう。

住所:北海道虻田郡ニセコ町字蘇我

神仙沼

神仙沼は、わずか1.5ヘクタールほどの小さな沼にも関わらず、まるで絵画の世界のような神秘的な風景が広がるスポットです。神や仙人が住んでいるような不思議な魅力がある場所というのが名前の由来といわれています。秋には原生林が赤や黄色に美しく色づき、訪れる人々を楽しませてくれます。神仙沼には、徒歩約20分で周ることのできるコースがあります。また、軽食コーナーのあるレストハウスもあり、雄大な景色を見ながら食事を満喫できます。

住所:北海道岩内郡共和町前田

大沼

大沼

大沼は、海抜842m、面積0.08平方キロメートル、最大水深15m、湖岸線延長1.2kmからなるニセコ山系最大の沼です。最寄りの大谷池駐車場から登山道で徒歩約50分の場所にあります。湖を囲んだ四季折々の風景はまるで別世界のように美しく、写真スポットとしても人気があります。大沼では、カヌーやバイクツーリングなど自然を満喫できるアクティビティを楽しめます。

住所:北海道磯谷郡蘭越町

第2有島ダチョウ牧場

第2有島ダチョウ牧場

羊蹄山の裾野に広がる広大な敷地にある第2有島ダチョウ牧場は、牛とダチョウが放牧されている観光牧場です。ここでは、えさやり体験を楽しむことができます。エサの料金は100円です。
また、雪が積もる時期までは、いつでも外で放牧されているダチョウに出会えます。ダチョウの放牧状況は公式サイトで確認できます。施設内にあるお土産屋では、チョウの肉を使ったウインナーや卵など、ここにしかない商品を販売しています。

住所:北海道虻田郡ニセコ町字豊里239-2

ニセコ甘露泉

ニセコ甘露泉はさかもと公園内にある間欠泉で、ニセコの名水スポットの1つです。1954年にニセコを訪れた昭和天皇が甘露泉の水を飲み、まるで甘露のようだと絶賛したことが名前の由来といわれています。

コーヒーや料理などに使用するとその美味しさが一層際立ち、周辺のレストランやカフェでもこの水を使用しています。無料で利用可能なので、ペットボトルや水筒、ポリタンクに詰めてお土産として持って帰るのも良いでしょう。

住所:北海道虻田郡ニセコ町ニセコ413-55

レジャーを楽しめるスポット

ルスツリゾート

ルスツリゾート

ルスツリゾートは、ニセコ最大のリゾートスポットです。冬のリゾートシーズンは、スキーやスノーボードなど冬のアクティビティを楽しめます。きめ細やかなパウダースノーなので、雪質が良いのも特徴の1つです。また夏には熱気球のフライト体験やラフティングなどのアクティビティも楽しむことができます。

隣接するホテルには、温水プールや室内スポーツ用の施設、体験コーナー、レストランなどが併設されており、ホテルでのんびり過ごすこともできます。

住所:北海道虻田郡留寿都村泉川13

ニセコアンヌプリ

ニセコアンヌプリ

ニセコを代表するスキー場を有するニセコアンヌプリは、冬はスキーやスノーボード、そして夏は登山やトレッキング、熱気球などのアクティビティを楽しめるスポットです。巨大なトランポリンでジャンピするバンジートランポリンも楽しむことができます。
標高1,000mの地点まで上れるゴンドラからは、羊蹄山、洞爺湖や有珠山、噴火湾などの雄大な景色が広がります。ゴンドラには愛犬と一緒に乗ることも可能です。

住所:北海道虻田郡ニセコ町ニセコ485
ゴンドラの料金
9時~16時30分(上り最終16時)
大人(中学生以上):往復1,240円、片道750円
子ども(小学生):往復620円、片道380円

ショッピングを楽しめるスポット

ニセコ高橋牧場

ニセコ高橋牧場

ニセコ高橋牧場は敷地内に多くの工房があり、ケーキやバームクーヘンを購入できるスポットです。特におすすめなのがミルク工房。牧場で絞りたての新鮮なミルクを使ったスイーツを購入できます。ソフトクリーム、シュークリーム、ロールケーキ、カステラなど、自然由来の素材にこだわった安心安全なスイーツはどれも絶品です。
また、高橋牧場の敷地内には野菜ビュッフェとランチを提供しているレストランや、焼きたてのピザを味わえるピザショップもあるので、グルメも存分に味わうことができます。

住所:北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1

道の駅ニセコビュープラザ

道の駅ニセコビュープラザ

ニセコを代表する道の駅であるニセコビュープラザは、観光案内所を併設したニセコ観光の拠点となる施設です。農産物直売所では、取れたての新鮮な農産品を販売しています。また、鉄板焼きや特産品のジャガイモを使ったメニュー、地元のミルクを使ったソフトクリームを味わえるお店もあるので、ショッピングからグルメまで楽しむことができます。

住所:北海道虻田郡ニセコ町字元町77-10

ニセコ中央倉庫群(ニセコ倉庫邑)

ニセコ中央倉庫群は、JRニセコ駅前にある農業用倉庫群を活用した新しいスポットです。新鮮や野菜や手作り雑貨を販売するイベントやワークショップなどが定期的に開催しています。倉庫群の中心となっているのが、かつてでんぷん工場として使われていた建物です。現在はカフェにリニュアールされ、地物の特産品を使ったメニューを提供しています。

住所:北海道虻田郡ニセコ町字中央通60-2

旅の疲れを癒やせるスポット

ニセコ駅前温泉「綺羅乃湯」

JRニセコ駅前という好立地の綺羅乃湯は、地元の人から観光客まで多くの人が訪れる日帰り温泉施設です。御影石の露天風呂がある洋風大浴場と、岩の露天風呂がある和風大浴場があり、日替わりで男女が入れ替わります。筋肉痛や冷え性などに効能があるといわれており、旅の疲れを癒してくれます。

館内にはサウナや絵画ギャラリー、コインランドリーなどの設備や、手作りのパンとケーキを味わえるお店も併設されています。

住所:北海道虻田郡ニセコ町字中央通33
営業時間:10時~21時30分(最終受付21時)
入館料:大人(中学生以上)500円、子供(小学生)250円、小学生未満無料

さいごに

美しい大自然と豊富なアクティビティを楽しめるニセコ。最近では海外からの観光客も増え、ますます賑わいを見せています。冬のリゾートシーズンはもちろん、爽やかで過ごしやすい夏も味わい深い魅力があります。レジャーとも観光をいっぺんに楽しめるニセコへ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

函館空港発着の航空券検索
新千歳空港発着の航空券検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

関連記事

四季折々の楽しみ方がある!北海道旅行はどの時期がおすすめ? 北海道は、冬は雪まつりやウィンタースポーツ、夏は避暑地としてはもちろん雄大な自然を満喫
北海道の旅行の計画の立て方 日本の広大な自然を満喫したければ一度は行きたいのが北海道。四季折々の楽しみ方があります
春(4月~5月)の旅行!おすすめ観光地9選 冬が終わり、暖かくなってきてどこか旅行に出かけたいと考えている方もいるのではないでしょ
雄大な自然が広がる!北海道の観光スポット21選 夏休みにはぜひ北海道に旅行に出掛けてみてはいかがでしょうか。北海道は日本国内でもトップ