銘菓から特産品まで!米子空港のお土産まとめ
2017.12.07

米子空港

米子空港では、特産品のふぐを使用したお菓子はもちろん、さまざまなお土産を購入できます。今回は、米子空港でおすすめのお土産をご紹介します。

米子空港で購入できるお菓子

のどぐろせんべい

のどぐろとは、最高級の魚の1つです。のどぐろせんべいは、高級魚のどぐろをすり身にして練り込んで焼き上げた逸品で、ひと口食べればのどぐろの旨味が口いっぱいに広がります。お菓子としてではなく、ビールや焼酎、日本酒などのお酒のおつまみにも最適です。料金は18袋入りで972円です。

若草

若草は島根県の銘菓の1つですが、米子空港でも購入できます。良質なもち米を求肥に練り上げて、1つ1つ丁寧に手作業でそぼろをまぶした逸品です。緑茶によく合うので、お茶請け用のお土産としておすすめです。料金は、6個入りで864円です。

米子鬼太郎ブッセ

米子鬼太郎ブッセは米子空港限定の島根県産のブルーベリーを使用しているお菓子です。爽やかな酸味のブルーベリージャムとほど良い甘さのクリームが調和した味わいを楽しめます。ふんわりとした生地なので、いくつでも食べられます。料金は1個172円です。

ふろしきまんじゅう

ふろしきまんじゅうは、昔から変わらない素朴な味が魅力の、県民に愛されているお菓子の1つです。保存料や着色料、香料などは一切使用していないので、安心して食べられます。また、味わい深い和三盆の砂糖を使用しているので、ひと口食べれば、上品な甘さを味わえます。料金は、8個入りで500円、16個箱入りで1,650円です。

砂の丘

砂の丘は、添加物が入っていないマーガリンを使用した、バターの風味がほのかに香る和風クッキーです。鳥取砂丘をイメージさせるようなパウダーが特徴です。パッケージにもこだわっており、山陰ジオパーク内の鳥取砂丘を中心としたイラストが描かれています。料金は572円です。

米子空港で購入できる惣菜

あご野焼き

あご野焼きは、飛魚をすり潰した練り物です。包丁を入れずに手でちぎり、わさび醤油でいただくと、素朴な味を楽しめます。そのまま食べるのも美味しいですが、おでんの具、磯辺揚げ、チャーハンの具などの食べ方もおすすめです。料金は、1本で756円、3本箱入りで2,600円です。

さざえカレー

壱岐周辺ではさざえが良く獲れるので、カレーの具として入れることもあります。さざえカレーは、さざえのほろ苦い風味とスパイスが見事にマッチし、絶妙な味を引き出しています。珍しいお土産を探している人は購入してみてはいかがでしょうか。料金は1個556円です。

米子空港で購入できるグッズ

ゲゲゲの鬼太郎グッズ

米子は、ゲゲゲの鬼太郎の作者である水木しげるにゆかりのある土地です。米子空港では、ゲゲゲの鬼太郎グッズを購入できます。おすすめは、ゲゲゲの鬼太郎に登場するキャラクターが描かれたTシャツ。鬼太郎はもちろん、ネコ娘や一反木綿など、お気に入りのキャラクターが描かれたTシャツを買ってみてはいかがでしょうか。料金は2,516円~3,040円です。

さいごに

米子空港は、定番から美味しいスイーツまでバラエティ豊かなお土産が揃っています。ゲゲゲの鬼太郎のグッズを購入できるのも米子空港ならではです。米子空港を利用する場合は、今回紹介したお土産を購入してみてはいかがでしょうか。

鳥取空港発着の航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
鳥取空港発着の航空券予約検索

JALの航空券検索
ANAの航空券検索

関連記事

アクセスは?水木しげるロードの見どころをご紹介 水木しげるロードは、鳥取県境港市にある、『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家・水木しげる
飛行機VS新幹線!東京-鳥取間の料金、時間徹底比較! 東京-鳥取間は新幹線を利用した場合、5時間以上かかります。飛行機の場合、羽田空港-鳥取
米子空港の周辺情報 鳥取県というと、砂丘が有名ですね。鳥取砂丘は、日本海の海岸沿いにある砂地で、観光できる砂
アクセスは?弓ヶ浜(鳥取)の見どころをご紹介 鳥取県にある弓ヶ浜は、鳥取県の西端部、境港市に続く部分にある半島です。半島自体は弓ヶ浜