九州で台風が多い時期はいつ?直撃しそうな場合はどうする?

2018.10.28

飛行機
九州には、日本の各地方の中でも比較的多く台風が到来するイメージがあります。実際、例年ピーク時にはかなり高い確率で1年に1度以上の台風が上陸します。その場合、飛行機が欠航になるなど空の便に影響することも発生します。今回は、九州旅行を計画している際に台風の心配が出てきた場合、知っておくべき情報についてまとめました。

九州の台風について

九州地方には、九州北部地方・九州南部および奄美地方を問わず、ピークの季節に台風が上陸することが多くあります。気象庁の発表している地方ごとの台風接近数の平年値(1981年~2010年の平均データ)によれば、例年8月を中心にして7月~9月がピークの時期となりますが、6月や10月にも可能性は十分あるといえる状況です。近年では、4月または5月にも接近する例がまれにあります。

飛行機は欠航するのか、しないのか?

各航空会社のホームページを確認しよう!

JALやANAをはじめ、各航空会社は自社ウェブサイト上に「運航情報」などのページを設けており、欠航や遅延などが起きた際にはすぐにお知らせが更新されます。また、多くの場合は問い合わせ電話番号も用意されていますし、ツイッターなどで情報発信を行う場合もあります。必ず、これらの公式情報を確認するようにしましょう。ツアーの場合は旅行会社にも連絡を取るなどして、ツアーが催行されるかどうかを確認するようにしましょう。
 

自己判断は避けよう!

天気予報等で台風直撃の予想が立てられていたとしても、公式な情報として欠航や遅延が確認されない限り、基本的には予定通りに動くようにしましょう。欠航されるものと自己判断したが実際は運航されて搭乗できなかった場合、一般的に「お客様都合による変更・払い戻し」となってしまい、券種によっては払い戻しも不可能となります。ただしもちろん、自宅や出発地の天候が荒れている場合は、安全第一で行動しましょう。
また、特に1日あたりの本数が少ない航空会社の場合、台風が通過した後であっても欠航が発生するケースがあります。天候は良好であっても、直前の便が欠航となっていたために機材が到着していないなどの理由からです。台風の前後の便を利用する場合も、念のためにあらかじめ情報を確認するようにしましょう。

さいごに

台風が直撃しそうな場合に心がけるべきことは、「情報収集を怠らず、冷静に公式情報を確認する」「欠航・遅延の有無について自己判断はしない」ということです。
実際に遅延や欠航が起こってしまった場合、いずれのケースでも、基本的に予約変更や払い戻しなどの手続きが必要となります。また復路に遅延や欠航が発生した場合、宿泊先を探すなどの対応を自力で取る必要が出てきます。慌てずに必要な対応を取るようにしましょう。下記のリンク先記事もご参考にしてください。
 
台風や悪天候でも大丈夫!?飛行機が欠航になった場合の対処
出張や旅行でも困らない!飛行機が遅延したときの4つの対応
 
 
航空券を予約するなら国内航空券最大80%OFFのエアトリにおまかせ!
航空券予約検索
 
JALの航空券検索
ANAの航空券検索
スカイマークの航空券予約検索
エアドゥの航空券予約検索
バニラエアの航空券予約検索
ジェットスターの航空券予約検索
ピーチアビエーションの航空券予約検索

羽田空港発着の航空券検索
伊丹空港発着の航空券検索
中部国際空港発着の航空券検索

関連記事

北海道で台風が多い時期はいつ?直撃しそうな場合はどうする? 北海道には台風がない、あるいは少ないというイメージがあります。しかし2018年9月の台
沖縄で台風が多い時期はいつ?直撃しそうな場合はどうする? 沖縄は、日本の中でも最も多く台風が到来する地域です。過去のデータを見ても、例年まず間違
台風や悪天候でも大丈夫!?飛行機が欠航になった場合の対処 台風や悪天候で飛行機が欠航。そのようなときに払い戻しや予約の変更が可能なのか、どのよう
冬の時期の飛行機は大丈夫?雪で欠航・遅延は起きる? 冬は雪によって飛行機の欠航・遅延などが発生する場合があります。しかし、航空会社も整備を