往路出発日

Close

復路出発日

Close

格安航空券LCC(国内線)比較検索予約サイト【エアトリ】

格安航空券エアトリトップ  >  高知行き格安航空券

高知行き格安航空券を探す

  • 出発空港
  • 到着空港
  • 往路出発日 ...
  • 出発空港
  • 到着空港
  • 復路出発日 ...

高知行きの飛行機

高知行きの飛行機は、羽田(飛行時間約1時間30分)、伊丹(飛行時間約45分)、福岡(飛行時間約50分)、名古屋(飛行時間約1時間)の4つの空港から出発しています。羽田空港からは1日10便が運航しており、全国でもっとも多く高知行きの飛行機が就航している空港です。大阪にある伊丹空港からは1日6便が運航しています。福岡空港からは1日2便、小牧空港からは1日2便です。それぞれ朝と夜があるため、旅行にもビジネスにも使いやすい時間帯となっています。

高知行きの飛行機を就航している航空会社はJAL、ANA、フジドリームエアラインズの3社です。羽田空港からはJALとANAがそれぞれ1日5便ずつ運航しています。日本の大手航空会社でどちらも利用者が多く、またJALとANAがバランスよく選べることで、どちらの航空会社のユーザーにとっても使いやすいようになっています。伊丹空港から運行している航空会社はANAのみで、福岡空港はJALのみです。また、小牧空港はフジドリームエアラインズとJALのコードシェア便で運航しています。フジドリームエアラインズは日本の地方航空会社のひとつで、LCCとは異なり、一般航空会社と同等のサービスを受けられます。高知行きの飛行機にはLCC路線はありませんが、サービスの質という点では、どの路線も安定したクオリティのサービスを得られるでしょう。

高知行きの航空会社一覧

ANAはプレミアムクラスと普通席、JALはファーストクラス、クラスJ、普通席とクラスが分かれています。ただし、普通席を利用する分にはどちらの航空会社も大きな差はありません。クラスJがある分、JALの方がお得な料金でよりワンランク上のサービスを受けられます。また、どちらの航空会社も、高知行きのそれぞれの出発空港にラウンジがあります。搭乗前にゆったりと時間を過ごしたいときに、空港ラウンジが使えるのはとても便利です。

JALとANAは航空券の割引制度も似ており、JALの「ウルトラ先得」とANAの「旅割75」は75日前まで予約可能でもっともお得な割引運賃です。その他にも前日まで予約可能なJALの「特便割引1」ANAの「特割」など、購入時期に合わせて一番お得な割引運賃が選べます。なお、2018年10月28日搭乗分からは、「旅割」は「ANA SUPER VALUE」、「特割」は「ANA VALUE」というものに変わります。予約の期限は以前のものと変わりません。

小牧空港から運航しているフジドリームエアラインズは、主に静岡空港を拠点にしている航空会社です。
地方空港という事もあり、大手航空会社のJALやANAよりも航空券の価格は若干安めです。座席の広さはゆったりとしたつくりで、JALやANAと同様に快適なフライトが楽しめます。また、地元銘菓のサービスやドリンク無料など、独自の機内サービスが充実しているのもフジドリームエアラインズの特徴です。割引運賃も豊富で、45日前まで購入可能な「45割」や、前日まで購入できる「ドリーム割」など、購入時期に合わせてお得な運賃が選べます。

高知行き発着便一覧

高知空港一覧

高知|空港一覧

高知空港は「高知龍馬空港」の愛称で知られる、高知県南国市の空港です。国内線と国際線の両方が就航しており、年間利用者数は200万人に迫る勢いです。2018年内にはジェットスターが高知と成田、関西国際空港を結ぶ路線を就航するため、今後新たな需要が生まれることが予測されています。高知空港は観光客の利用が多い空港のため、空港ターミナルでは様々なイベントが開催されるなど、訪れる観光客を楽しませる工夫が充実しています。600種類以上の高知土産が揃うショップや、高知の旬の味が楽しめるレストランなどもあり、特に名物の鯖の姿寿司は人気メニューのひとつです。高知空港限定品なども豊富で、買い物の楽しみも広がります。また、空港屋上の送迎デッキからは高知の南国ムード溢れる景色が一望でき、爽快な眺めが広がっています。空港内の隠れた人気スポットなので、高知空港を訪れたら、ぜひ送迎デッキからの眺めを楽しんでみてはいかがでしょうか。さらに、高知ならではの珍しいポイントとしては、四国のお遍路参りをする人のために、空港内にお遍路さん用の着替えコーナーがあることです。また、各霊場で頂くことができる御朱印がずらりと並んだコーナーもあり、高知空港を訪れるお遍路客に好評です。

エアトリで高知行き格安航空券を予約するメリット

高知行きの飛行機は、空港によっては1日数が多いため、多くの検索結果から絞り込めるエアトリが便利です。もっとも安い航空券を検索するには、検索機能が充実しているのが大切です。エアトリなら多くの人気航空会社と提携しているため、出発地や空港以外に航空会社での検索や比較もできます。他社の検索比較サイトの中には、提携している航空会社が少なく、同じ検索でも表示される検索結果が少ない場合があります。提携航空会社が多いエアトリなら、検索結果が充実しているので安心です。一番お得な航空券を見逃すこともありません。さらに、飛行機の発着地も全国の空港をカバーしています。他社では地方空港や離島空港の路線が検索結果に反映されない事もあり、場合によっては古い路線が表示されることもあります。エアトリは常に最新の路線情報にアップデートしているので、他社の検索サイトと比較して多くの候補から検索できるのが強みです。また、エアトリのサイト内には多くの旅行コラムがあり、各航空会社のサービスや料金を比較する参考になります。もちろん読み物としても充実しており、これからの旅を楽しむのに役立つ情報が満載です。

高知から市内中心部へのアクセス方法

高知空港 (KCZ) から市内中心部への主な交通手段はバス・タクシーです。

・バス
高知空港からJR高知駅行き、高知県庁行きのバスが運行しています。知寄町、菜園場町かるぽーと前などで停車し、はりまや橋経由で終点 (高知駅・高知県庁) へと向かいます。空港からの所要時間は約25分。高知駅前・高知県庁までの運賃はいずれも720円です。1時間に1~3本の運行ですが、飛行機の到着時間にあわせて運行しており、飛行機が遅れた場合はバスもそれにあわせて定刻より遅れて出発します。

・タクシー
高知空港から土佐くろしお鉄道 (ごめん・なはり線) のいち駅まで乗合タクシーを利用することができます。フライト時刻にあわせての運行で1名でも利用できますが、利用希望時間の3時間前までに事前予約が必要です。のいち駅から後免町駅までは2駅、後免駅までは3駅です。後免駅からはJR土讃線で高知駅方面に行くことも可能です。料金は片道500円とリーズナブルです。

高知の観光情報

四国4県はそれぞれ異なった魅力を持ち、その中でも高知県は四万十川を代表とした自然的側面、坂本龍馬ゆかりの地である歴史的側面、かつお料理などのグルメ的側面をもった魅力的な県です。

photo by ZoAmichi Kai
高知の観光情報
高知県は、その広く海に面した地形や四万十川などに代表される自然豊かな場所で、荒波が打ち付ける岬や鍾乳洞といったダイナミックな自然と人々の生活が一体化した文化が垣間見える情緒がある県です。また、かの坂本龍馬と板垣退助ともゆかりのある場所として知られており、両名の銅像や記念碑、記念館が知られているほか、四国八十八ヶ所をはじめとした寺院や高知城といった文化的、歴史的側面からも見所満載です。グルメを楽しみたい方にはやはりかつおがおすすめ。全国一位のかつお消費量を誇る高知では、定番のタタキはもちろん、酒盗やはらんぼなど絶品のかつお料理が多く存在します。栗焼酎のダバダをはじめとした辛口の地酒と一緒にぜひご堪能ください。観光地以外にも、50年以上の歴史を持つ「本家」よさこい祭り、宴席での遊びのひとつ「箸拳」の大会、中秋の名月を楽しむ桂浜観月会、納涼花火大会など、時期によってイベントも多数開催されているので、訪れる際はそちらも要チェックです。
  • 桂浜
    桂浜は、日本の渚百選や朝日百選に選ばれている観光名所です。「月の名所は桂浜」の歌詞でも知られている通り、月の名所でもあります。中秋の名月の時期になると、桂浜観月会が開かれ、地元の人や観光客がみんなでその美しい月を堪能します。桂浜水族館ではナイトショーやキャンドルを持って夜の水族館を楽しむイベントがあり、月の名所という特色を存分に表現したイベントとなっています。また、桂浜はかの坂本龍馬が最も愛した郷里とも言われています。そのため、坂本龍馬にちなんだ名所や観光施設が多くあります。全高13mを超える坂本龍馬像や、県立の坂本龍馬記念館、坂本龍馬の誕生日に合わせて開催される龍馬まつりなどがその一例です。歴史上で誰もが知る偉人である坂本龍馬をより身近に感じることで、月の名所もより一層特別な景色に映ることでしょう。
  • 高知城
    高知城は、全国的にも珍しい古天守を持つ城で土佐24万石の象徴的存在です。後に土佐の国主となった山内一豊が1601年(慶長6年)に建設をはじめ、三ノ丸の完成をもって着工してから10年で全城郭が完成されました。内部は3層6階建ての造りで、外部は4重構造となっており、創建当初の様式がそのまま残っています。なんと、現在では日本に12城しか残っていません。重要文化財の「天守」の最上階からは高知市街が一望できるほか、夜にはライトアップされ観光客にも大変人気な写真スポットとなっています。天守以外にも14もの建造物が重要文化財になっているので必見です。城に興味がない方でも、場内に観光案内のボランティアガイドが在駐しているので誰でも気軽に楽しめますので、高知県に訪れた際には、ぜひ高知城にお立ち寄りください。
  • photo by Lynn
    photo by Tamago Moffle
    四万十川
    高知県西部を流れる四国最長の四万十川では、気軽に自然に触れ合えることのできるアウトドアスポットがたくさんあります。最後の清流といわれる四万十川は、カヌーやラフティングから定番の遊覧船、一風変わった船母船まで楽しめます。アクティビティーとして人気が高いラフティングは緩急のある中流域をインストラクターのガイドのもと川くだりするので、日ごろ味わえないようなスリル満点な体験をすることができます。また、台風や雨季など増水時用に設計された沈下橋も有名です。本流と支流合わせて50近くある沈下橋は沈むように設計されたので欄干がなく、車での走行も可能ですが水質がよく透明度も高いので時間があれば歩いて渡るのもおすすめです。中でも、佐田沈下橋は四万十川で最長の橋で、TVドラマのオープニングでも使われたことがあるため今も多くの観光客が訪れます。都会にはない大自然にふれあってみませんか。

高知観光に関する記事一覧

高知行きの格安航空券・飛行機チケット予約・料金・時間に関する記事一覧

北海道・東北エリア
北海道    青森    秋田    岩手    山形    宮城    福島   
関東・中部エリア
茨城    栃木    群馬    埼玉    千葉    東京    神奈川    新潟    富山    石川    福井    山梨    長野    岐阜    静岡    愛知    三重   
近畿・中国・四国エリア
滋賀    京都    大阪    兵庫    奈良    和歌山    鳥取    島根    岡山    広島    山口    徳島    香川    愛媛    高知   
九州・沖縄エリア
福岡    佐賀    長崎    熊本    大分    宮崎    鹿児島    沖縄    石垣